top of page
  • れな

恋愛に罪悪感を感じるなら。

宗教的な家庭に生まれ育つ、親が生真面目である、などの要因で、恋愛することに罪悪感を感じてしまう人もいるでしょう。

このようなことに気を付けて恋愛をするとよいです。



成長させてくれる相手を選ぶ。

「彼と時間と共にすることで、心を成長させてもらえる」と感じられる男性と恋愛をすれば、恋愛が快楽だけでは終わりません。あなたが成長できる有意義なものになります。


「時々は叱ってほしい」というのは良い感性ですが、「叱る」ではなく「怒る」「文句を言う」「ヒステリー気味である」といった粗暴な男性についていくべきではありません!



セックスの頻度を抑える。

快楽に溺れることが怖いなら、セックスの頻度を抑える恋愛をしましょう。

毎日会いたがる男性、すぐに同棲したがる男性は避けるべきです。気分で「今夜俺の家に来いよ」などと呼び寄せる男性は避けるべきです。


週1回程度のデートで我慢できる人、週1回程度のセックスで我慢できる人を選びましょう。

または遠距離恋愛を選択するのもよいです。


くれぐれも、相手のせいにしないことです!「私は週1回で我慢するつもりなのに、彼が会いたい会いたいとせがんでくるからセックスばかりになってしまう」と相手のせいにする女性がいますが、その男性を選択しているあなたにも非があります。その男性とは別れて、違う男性と恋愛をしましょう。



終電や決め事を守れる男性を選ぶ。

「明日は仕事が早いから、今日は終電までに帰ることにしようね」と二人で決めたのに、デートやセックスが盛り上がったことから宵越しのデートになってしまうことがあります。このような男性とは別れましょう。

いくらデートやセックスが気持ちよくても、「今日は終電で帰る」「試験1週間前はデートをしない」「必ずコンドームを着ける」「夜中に長々と電話をしない」などの決め事を守れないなら、その男性とは別れるべきです。



貢ぎ、金品を期待しない。

彼に貢いでもらうことや、金品を贈ってもらおうと期待しないことです。金品への欲を恋愛に結び付けると、女性は途端に堕落します。(ほとんどの女性がこうして堕落しています)

「彼と恋愛してからぜいたくになった」と感じているなら、その彼とは別れたほうがよいです。

彼と恋愛してからファミレスに行くのが嫌になったなら、その彼とは別れたほうがよいです。


少し多くデート代を払ってもらったり、たまに何かを貰ったりするぶんには良いです。男性は男性で、女性に尽くす事に喜びを感じています。



精神性の高い男性を癒す恋愛をする。

恋愛が自分の快楽でしかない、と感じると、罪悪感や嫌悪感を抱いたりもするでしょう。

それなら、精神性の高い男性を癒してあげるような恋愛をすべきです。あなたが恋愛やセックスの快楽を楽しみつつも、いつもがんばっている男性を癒してあげましょう。誠実に生きてきた男性に、恋愛の幸福感で報いてあげましょう。

癒すと言っても、ヒーリングやマッサージをしろという意味ではありません。

男性は、可愛い女性と見つめ合えば癒されます。可愛い女性に優しくされれば癒されます。可愛い女性とセックスできれば癒されます。たくさん愛撫されたら癒されます。

もちろん、ヒーリングやマッサージをしてあげてもよいです。



丹念に愛撫してくれたら、丹念に愛撫しかえてしてあげましょう。

セックスの濃密な、上手な男性を捕まえたでしょうか。彼にたくさん愛撫してもらえると嬉しいものですが、贈り物を貰ってばかりいるようで申し訳ない気持ちになったりするものです。それが罪悪感となってしまうのでしょう。

であれば、彼にも丹念に愛撫をしてあげましょう。

あなたが貰った快感と同じかそれ以上の快感を提供してあげれば、申し訳ない気持ちにはならないはずです。

彼が悦ぶ愛撫を練習してみましょう。



仕事や社会生活もがんばりましょう。

「恋愛のためにバイトを始める」といった動機で人生が動いたってよいです。彼に可愛いと褒められたいから、働く時間を増やしてメイクアイテムを買ってもよいです。生活や人生をがんばる動機が恋愛になっていてもかまいませんから、デートだけでなく仕事や社会生活もはつらつとがんばりましょう。

仕事でも少し難しいことに挑戦してみたり、地域社会のために何か貢献をしたり、自分の成長になるようなことに取り組んでみましょう。

そうすれば恋愛に罪悪感を抱くことはないはずです。むしろ、彼に感謝を感じるでしょう。



快楽や金品に溺れると、罪悪感を抱きがちですし、恋愛を目の敵にしてしまいがちです。

たしかに恋愛によって堕落してしまう女性ばかりなのですが、堕落しない健やかな恋愛をする女性だっています。恋愛そのものを敵視するのではなく、あなたが自分で、恋愛の質を良くしましょう。

快楽を楽しみつつも、彼に何かを施してあげたり、社会生活をはつらつとがんばったりしましょう。

あなたを成長させてくれるような男性を、選びましょう。


「恋愛も悪くはないな」ではなく、「こんなにも慈愛や精神を成長させてくれるなんて、恋愛は素晴らしい!」と感動する日が来るでしょう。

恋愛の有意義さ・素晴らしさを痛感したうえで、恋愛と独り身を柔軟に行き来できるようなるのが、理想的です。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page