top of page
  • れな

恋愛で至福を感じるには?

ファミレスの女子会トークに耳を傾けてみると、彼氏や旦那の悪口ばかり・・・。

女性たちは美しくなり、恋人を得ることは上手くなりましたが、恋愛であまり幸福を感じていないようです。

そして、もっと良い恋愛を求めるから恋愛ドラマやマンガが流行ります。


恋愛で幸福を感じたいなら、恋愛観を見直す必要がありそうです。



尽くされても貢がれても、女性は幸福にはなれない。

多くの女性は「尽くされる恋愛が幸せ」「貢がれる恋愛が幸せ」と思っています。

しかし、そういう恋愛をしても幸せにはなれていないのです。彼氏や旦那のグチばかり言っています。

尽くされても貢がれても、幸福にはなれないことに気付いてください。

貢がれ、高級品を手に入れると、その瞬間は幸せを感じます。しかし、それは2~3日で冷めるものです。せいぜい1か月です。そしてまた「はぁあ」とため息をつくのです。

恋愛の恍惚とは、尽くされて満たされるものではないのです。



トキメく男性と親密になることで、女性は大きな恍惚を感じます。

人が恋愛で大きな恍惚を感じるのは、「欲しい!」と熱望するものを手に入れたときです。トキメキを感じる、大好きな男性と抱き合えたときに、大きな興奮と恍惚を感じるのです。

つまり、自分から追いかけないと意味がないのです。


または、あなたの好みのタイプの男性は、眺めているだけでも恍惚を感じます。カッコいい顔を眺めていて幸せ、というだけでなく、彼の振る舞いや優しさを眺めていても、幸せを感じます。

オッカケの趣味を持つ人などはよく理解できることでしょう。あのタレントはあなたに何をしてくれるわけでもありませんが、彼の笑顔やダンスを見ているだけで、あなたは幸せを感じるはずです。そのために5,000円も1万円も注いで、惜しくないと感じるわけです。

芸能人のオッカケは、霊的な視点から言えばあまり良い行為とは言えません。しかし、「女性が人を愛する」ということにおいては、オッカケ好きな女性たちのほうがよく理解している傾向にあります。



魅力的な男性のためには、お金を払っても惜しくないはず。

オッカケ好きな女性たちは、タレントのライブを見たり握手をしたりするために、5,000円も1万円も払います。毎月3万円も費やしている人さえ少なくはないでしょう。

しかし普通の恋愛の中で女性たちは、「恋愛にお金を使うのはもったいない」と考えます。恋愛は、男性に貢がれるものであって、自分が出費するのは損だと考えるのです。

オッカケ好きの女性ですら、実際の恋愛では貢がれようとするでしょう。


しかし、オッカケをして恍惚を感じるように、魅力的な男性のためならお金を払っても惜しくないはずです。魅力的なワンピースのために1万円払って惜しくないのと同じで、魅力的な男性とデートするために1万円を使ったところで、損には感じないはずなのです。

あなたが、彼とのデートで出費をしたくないと感じるのは、つまり、あまり彼を魅力的だと感じていないわけです。都合がよいから付き合っているだけなのでしょう。


お金を払ってでも会いたい男性は誰ですか?

そういう基準で世界を見渡してみてください。

あまり多くはないでしょうが、1人や2人はいるでしょう。

そのような男性と、恋愛すべきなのです。


・・・彼にはすでに恋人や配偶者がいますか?それならお茶だけでもすればよいのです。



ラブホテル代を払ってでもセックスしたい男性は誰?

率直に、わかりやすく言いましょう。

あなたがラブホテル代を負担してでも、セックスしてみたい男性は誰ですか?

そのような魅力的な男性に、アプローチすべきなのです。

そうすれば、あなたは恋愛やセックスで大きな恍惚を感じ、大きな満足感を得るでしょう。「あぁ、私、幸せ!」そう感じます。


いえ、若いうちはそうでもないかもしれません。

「ラブホテル代を払ってでもセックスしたい」と感じる男性は、年とともに変化していくでしょう。

若いうちは、カッコいい男性ばかりにトキメくかもしれませんね。それでもよいです。その好みに従って、カッコいい彼とセックスしてみるとよいです。でも、「カッコいいけど優しくなくて、セックスはいまいちだな」と感じるかもしれません。

そういう体験をしたとき、あなたの男性の好みは変化するでしょう。

そうして、恋愛経験や人生経験によって、「ラブホテル代を払ってでもセックスしたい男性」は変わっていきます。それでよいのです。その都度、そのときにセックスしたいタイプの男性とセックスを交わせばよいのです。

一般的に、年を重ねるごとに「優しい男性」にトキメくようになります。または、繊細で優しい女性は、幼いうちから「優しい男性」にトキメくでしょう。


口説いてくる男性の中からてきとうにセックスパートナーを選んでいても、女性は幸せにはなれないのです。

そのことに気付き、恋愛の仕方を改めましょう。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page