恋に悩む、若い女性たちへ。

女性の多くが、恋に悩んでいます。

それも仕方ないことと言えます。

正しい恋愛の仕方を教えてくれるメディアがほとんど皆無なのですから。



恋愛とは、本来はとてもシンプルなものです。

あなたは、良い恋愛を手に入れるにはテクニックや駆け引きをたくさん会得する必要があると思っているのではないでしょうか?

その考えは手放してください。

恋愛とは本来、とてもシンプルなものです。

良い恋愛をしたいと願えば願うほど、シンプルに考え、シンプルに行動したほうが良いです。

むしろ、駆け引きなどしないほうが良いです。テクニックめいたものは何も使わないほうがよいです。



女性は、「好き」と言えば恋愛が手に入ります。

特に女性にとって、恋愛とはシンプルで簡単なものなのです。

女性に、駆け引きは必要ありません。お金も必要ありません。流行のカフェをたくさん知っている必要もありません。


男性たちは、女性よりもずっとストライクゾーンが広いです。彼らはそれなりに「一番好きな女性」がいて、彼女に夢中ですが、同時に、他の多くの女性にもトキメキを感じています。「付き合えるものなら付き合ってみたいな」と感じている女性が、クラスや職場に何人もいるものです。

男性にとって女性というのはなかなか手に入らない希少なもので、すると女性からアプローチされれば、男性たちはかなり高い確率で「YES」と答えます。

ご存じでしたか?女性からアプローチすれば、男性たちはかなり高い確率で「いいよ」と答えるのです。


恋愛メディアは、「女性は愛されるのを待つべき」「好きと言わせるように狡猾に仕向けよう」という話をします。恋愛をそのような、クモの巣に引っ掛けるようなものだと考えるから、とても複雑で難易度の高いものになってしまうのです。難しく感じられてしまうのです。

しかし、女性が自ら「好き」「お茶をしましょう」と誘いかけるなら、もっとずっと簡単に、彼が手に入ります。



恋愛をしたいなら、自分からアプローチすべきだと考えて。

あなたが恋愛をしたいなら、「自分からアプローチすべきものだ」と考えてください。

占いや「運命の人」を検索して、このサイトにたどりつきましたか?それなら、恋愛がしたいのでしょう。セックスやデートがしたいのでしょう。

恋愛がしたいなら、待つのではなく、「自分から行動を起こそう」と考えてください。そうすれば、いとも簡単に恋愛が手に入ります。



受け身でいても、誠実な男性とは親密になれない。

ほとんどの女性が気づいていない真理です。

恋愛メディアが教えない真理です。

女性が恋愛において受け身でいると、そもそも誠実な男性と親密になれません。受け身でいるなら、何度恋愛しても不満足な結果にばかりなってしまうものなのです。

なぜでしょうか?

誠実な男性というのは、あまり女性を口説かないものなのです。「いいな♪」と思うことはあるのですが、「口説いたら、彼女は傷つくかもな」「好意を見せたら、関係が気まずくなってしまいそうだな」「告白したりすると、周りの人たちも気まずくなるな」などと、あなたや周囲の人々のことを気にかけます。そして、好意があっても口にはしないのです。


そして不誠実な男性は、拒絶されることも恐れずにどんどん女性を口説きます。どんどんナンパをします。

つまり、あなたが恋愛で受け身でいるなら、引き合うのはいつも不誠実な男性ばかりになってしまうのです。


このことを理解してください。

誠実な男性は、あまり女性を口説きません。

誠実な男性は、「お酒飲みにいこうよ」と女性に言いません。

誠実な男性は、「〇〇ちゃん彼氏いるの?」などと恋愛話を振ってきたりはしません。

誠実な男性は、二人きりになったから押し倒す、といったことはしません。



誠実な男性と付き合わないと、良い恋愛にはならない。

そして、どんな男性と恋愛するかも、女性にとってはとても重要です。

女性は体が繊細で、セックスが繊細です。そのため、誠実で優しい男性と恋愛しないと、不快なことが多くなり、質の悪い恋愛になってしまうのです。

誠実な男性に優しく包んでもらうと、女性はとても安心します。とても気持ちのよいセックスになります。



男性を見る目があれば、恋愛で傷つかない。

あなたに男性を見る目があるなら、恋愛で傷つかないのです。

女性を傷つけるような男性を選ばなければよいのです。自分からアプローチするなら、そうした誠実な男性を選ぶことができます。


カッコいい男性がいい、デートのオシャレな人がいい、ひょうきんな男性がいい、スリムで高身長な男性がいい、セックスの上手い男性がいい・・・あなたににも好みの条件があることでしょう。

しかし、まずは誠実であることを最重要視してください。誠実で優しい男性の中から、あなたの好みの条件を満たす男性を選ぶのです。

どんなにカッコよくても、誠実でないなら除外です。どんなに裕福でデートがオシャレでも、誠実でないなら除外です。どんなに精力絶倫でも、誠実でないなら除外です。

「まずは男性の優しさを見る」そんな習慣をつけてください。


誠実でカッコいい男性は多くないですが、少しはいます。

誠実でひょうきんな男性は多くないですが、少しはいます。

誠実かつセックスの上手な男性は、本当に少ないです。

数は多くないですが、だからこそ受け身にならず、見つけたらアプローチしていくことが大切なのです。



優しさとは、プレゼント攻勢のことではありません。

男性の優しさとは何でしょう?

プレゼントや高級外食をくれる男性が、「優しい人」だと思っている女性が多いようです。しかし、それは間違いです。

高価なプレゼントを女性に贈ることは、優しさではなく「戦略」です。女性の気を引くための戦略なのです。ワイロなのです。

あなたに貸しを作っておけば、何かお願い事(デートしようよ、セックスしようよ、)をしても「NO」と言われにくくなるので、彼らは高級品でごきげんとりをするのです。

高級品をあなたに贈る男性は、優しいのではなく「卑しい(いやしい)」のです。あなたをディナーに誘う男性は、優しいのではなく「卑しい」のです。


真に優しい男性というのは、誰にでも優しくします。職場のブサイクな女性にも優しくします。道行くお婆ちゃんにも優しくします。

彼が優しい人かどうか見極めたいなら、「あなたに何をしてくれるか」を気にするのではなく、「彼が周りにどう振舞っているか」を観察してください。誰にでも、当たり前のように優しく微笑み、すっと手を差し伸べるような男性が、「真に優しい人」です。

そんな彼は、あなたたに対してももちろん優しいです。交流は思いやりに満ち、セックスも優しいです。あなたとの恋が冷めても、その後もあなたに優しいです。

彼は、あなたがわがままや怠惰など振舞うなら「厳しく叱る」というようなことはするかもしれませんが、しかし、優しくもあるでしょう。



嫉妬深いと、優しい男性と恋愛するのは難しい。

嫉妬の感情が強いなら、それは克服に努めましょう。

あなたが嫉妬深いなら、優しい男性と恋愛するのは難しいです。

繰り返しますが、優しい男性というのは、彼女でない女性にも優しく献身します。彼女でもない女性のためにも、夜通し電話で悩み相談に付き合ったりします。そこに下心はないのです。

しかしあなたは、彼が他の女性のために何時間もエネルギーを注ぐのを見て、嫉妬を感じ、ムシャクシャしてしまうでしょう。それがしょっちゅうあると、あなたは爆発してしまうでしょう。

嫉妬深い女性は、優しい男性と恋愛するのは難しいです。

嫉妬深い女性は、良い恋愛をするのが難しいのです。

「独占欲」という感情も、それと同じです。



彼の収入を気にしないでください。

恋愛相手を選ぶにあたって、年収・収入を気にするのはやめましょう。

彼があまり高い収入を誇っていないとしても、

「彼とおしゃべりしたら楽しそう」

「彼と見つめあったら気持ちよさそう」

「彼とセックスしたらとろけてしまいそう」

そんなふうに感じるなら、恋愛すべきです。

お金は、恋愛の質に関係ありません。

おしゃべりする場所が高級料理店であるかどうかは、実はどうでもよいことです。彼のおしゃべりが楽しいことのほうがずっと重要であり、あなたと話が合うことのほうがずっと重要です。

高級料理店の雰囲気に酔いしれたいなら、それは女子会で同性友人と行くか、父親にでも連れていってもらいましょう。彼氏とは、「彼と二人の交流」を楽しむべきです。そこにお金は関係ないのです。


そもそも、誠実な男性はあまり収入が高くない傾向にあります。

高収入の会社は不誠実なところが多く、誠実な男性はそういう仕事を嫌います。

誠実な男性には、高収入な人は少ないです。気づいていましたか?



年上の男性を選択肢に入れてください。

誠実で優しい男性と恋愛したいなら、年上の男性を選択肢に入れてください。

特に十代くらいの若い女性は、同年代かせいぜい3~4才上くらいの男性しか眼中にないでしょう。10歳も離れていると「おじさんだ」と感じてしまい、恋愛対象でないと決めつけてしまうでしょう。

でも、年を重ねた男性のほうが、人格が成熟しており、優しい傾向にあります。

セックスも上手で、女性の体の扱いが優しいです。


三十歳を過ぎていても、四十歳を過ぎていても、さわやかで若々しい男性はいるものです。年の離れた男性だからといってそれだけで切り捨てたりせず、よく見てみましょう。



恋愛の喜びとは、交流の喜びです。

指輪を買ってもらうことは、恋愛の本質ではないのです。

恋愛の喜びとは、交流の喜びです。

「この人とおしゃべりしてみたいな」

「この人の笑顔をながめていたいな」

「この人に抱きしめられたいな」

「この人とセックスしてみたいな」

そう感じる男性がいるなら、彼にアプローチしてみましょう。

付き合おうなどと考えなくてもよいです。交際するかどうかは二の次で、とにかくお茶に誘ってみましょう。

「お茶をしませんか♪」と言えばよいのです。十中八九、応じてもらえるでしょう。

彼との関係が何であれ、彼とのおしゃべりの時間を楽しんでください。彼の笑顔を楽しんでください。彼のぬくもりを楽しんでください。

それが「恋愛の喜び」というものです。彼と「交際」にいたることが出来ないとしても、そうした「