急に体が熱くなる?誰かがあなたを思っているかも!

平成世代くらいの若い女性は特に、こういう体験をしたことがあるかもしれません。

なぜだか急に、体がポカポカと熱くなる、ということです。

もちろん、ストーブを点けたとかセーターを着こんだということではなく、「なぜだか急に」、熱くなるのです。

思い当たる節はありませんか?



「霊触」というサイキック、テレパシーの一種です。

この熱感は、「霊触」というサイキック能力やテレパシーの一種です。

本来、長期的な断食や菜食生活、またはレイキのアチューンメントなどを経ないと獲得できない能力なのですが、クリスタルチルドレン(天使、妖精の転生者)には生まれつきこの能力を少なからず持つ人が多いです。不思議なものとは自覚していないかもしれませんが。

断食や菜食をしていなくても、「お肉の摂取が少なめ」といった感じのヘルシーな食生活をしていると、知らぬ間に霊触を会得していることもあります。

霊触について説明しているメディアは、ほとんど無いですね。



誰かがあなたに好意を持っているかも!

ではこの霊触、なぜ突然起こるのでしょうか?

どこかで誰かが、あなたのことを思っているときに、その念をキャッチして熱くなるのです。その思いは多くの場合、異性としての好意を含みます。

たとえば、クラスメイトの誰かが、あなたの写真を見ながらニヤニヤしているのかもしれません。

たとえば、あなたが贈ったラブレターを彼が開封して、ものすごく興奮している(喜んでいる)のかもしれません。手紙でなくメールでも、これは起きます。

誰かがあなたのことを想像しながらえっちなことをしている、というときにも霊触の熱感は起こります。



誰であるかは、よくわからない。

誰かの念・好意を感じ取れるというのは、なかなか便利で面白いものです。しかし、その念の相手が誰であるかを判別するのは、基本的には不可能です。

まれにエネルギー的に繊細な人は、「この感じの熱感は前の彼氏だわ」という具合に個性を識別できることがありますが、出会ったこともないような人を選り分けるのはまず無理です。



前後の行動のよって、ある程度推測することはできる。

相手の断定は困難なのですが、ある程度推測できることもあります。

たとえば、あなたが気になる彼にLINEでメッセージを送ったとしましょう。

スマートフォンを眺めていたら、すぐに「既読」の印が付きました。その直後にポカポカと熱感を感じたなら・・・?そう。その熱感の主は、あなたが気なっている彼である可能性が高いです。彼が、あなたのLINEを見てトキメいている・喜んでいる可能性が高いです!両想いの可能性が高いということです!



人からの好意以外でも、熱感を感じることがある。

熱感のすべてが、他者からの好意の念とはかぎりません。

たとえば、遠隔ヒーリングなど受け取るときも熱感を感じます。

満月や新月が近い、夏至や冬至が近い、彗星が近づいている、などというときにも、熱感を感じることがあります。

パワースポットに訪れたときにも、熱感を感じます。あなたに霊触があり、かつそこがパワースポットなら、必ず熱感を感じます。あなたに熱感があるのに、パワースポットと言われている場所に訪れても熱感を感じないなら、そこは本当はパワースポットではないのです。こうした場所は結構数多いです。

愛情込めて作られた料理、お菓子、野菜など食べたときも、熱感を感じることがあります。愛情込めて作られた手芸作品など手にとるとき、身に着けるときも熱感を感じることがあります。

オーラの大きい人の芸術作品を見たとき、オーラの大きい人の写真を見たとき、オーラの大きい人と同じ空間に入ったときなども、熱感を感じることがあります。

好意以外の感情を向けられているときや、親しい人が亡くなったときなども熱感を感じることがあります。

相手があなたに好意を持っていなくても、ツインレイ(運命の人)に出会ったときや、あなたが恋愛すべき人に出会った(と守護天使が感じたとき)にも、熱感を感じることがあります。

寝ているあなたを守護天使が起こしたがっているとき、汗をだらだらかくほどの熱感を感じることがあります。

スピリチュアルな知人が多く、なおかつ霊触の強い人は、意外と頻繁に熱感を感じます。上のどのケースであったのか、考えてもよくわからないこともあります。あまり気にしないことです。



霊触のある人は恋愛が成就しやすい!

霊触は、相手を明確に断定することはできません。しかし、前後の行動の内容から、ある程度推測は可能です。誰が自分に好意を持っているか、生活の中で結構察知できます。

すると、霊触を持つ人は、恋愛が成就しやすいのです。

繊細な食生活をしている人などは、恋愛が成就しやすくなるということです。



あなたの好意も、相手に伝わっているかも・・・

あなたが誰かの好意を感じ取れるということは、誰かもまた、あなたの好意を感じ取ることがあるということです。

ただし、男性で霊触が働く人は少ないです。クリスタルチルドレンでも男性は霊触は働きませんし、レイキの会得者や食の繊細な人も、男性には少ないですね。

あなたがスピリチュアルな男性に恋をしている場合には、彼にはあなたの好意がばれているかも・・・

ちょっと恥ずかしいですが、しかしそれもまた、あなたの恋を成就しやすい要因になります。



熱感の大きさはどのように決まる?

熱感というものを意識してみると、熱感の大きさに違いがあることに気づくでしょう。

ものすごく熱く感じることもあれば、なんとなく熱いかもな、というくらいのときもあったりします。このような差はどこから生じるのでしょうか?

幾つかの要因があります。

まず、あなたの霊触サイキックの強度の問題です。霊触サイキックの能力が低い場合、基本的に他者の念によって感じる熱感も微量です。

次に、相手が発するあなたへの思いの強さも関連します。相手があなたを強く好いているほど、熱感も強くなります。大きく喜んでいる、などというときも熱感が大きくなります。

さらには、相手のオーラの強さも関連します。あなたのことをそう好いていなくても、相手の人のオーラ総量が大きい場合、あなたは強い熱感を感じることがあります。



繊細な生活を送っている人ほど、恋愛に有利なのです。

また、高次のクリスタルチルドレンほど、恋愛に有利なのです。