彼との結婚に迷いがある…。どうやって決めるべき?


昔から憧れていた結婚。優しい人を見つけて、プロポーズも受けた!

二つ返事で承諾はしたものの・・・あれ?なんだか私、迷ってる・・・?

結婚をすべきかどうか迷ったとき、どのように決めたら良いのでしょうか?



結婚して幸せになっているカップルはほとんどいない・・・

これはブライダル情報サイトではないので、本当のことを書きます(笑)

多くの人が憧れる結婚ですが、結婚をして幸せになったと感じているカップルは、ほとんどいないのが実情です。現代日本においては。

多くの女性は、結婚式や披露宴の華やかな姿をイメージして、結婚に憧れます。その結婚式や披露宴はたしかに楽しく感動的なものなのですが、そのあと50年間続く「結婚生活」のほうはというと・・・苦痛に感じている人が多いのです・・・。だから不倫も多いのですね。

つまり、今の彼と結婚すべきかどうかは、慎重に慎重に決める必要があります。



結婚の動機が挙式や披露宴にあるなら、結婚はしないほうが良い!

あなたが「結婚したいな」と感じるその動機は何ですか?

あなたにとっての結婚の動機が、ロマンチックなチャペルでの結婚式やお姫様になりきれる披露宴、それを企画し準備する期間のワクワク・・・そういったものにあるなら、結婚はしないほうが良いです。

結婚式はたしかに楽しく、思い出深いものなのですが、それは結婚において、ほんの一瞬でしかありません。結婚生活は、ウェディングドレスを脱いだあとも、まだまだ50年間も続くのです。

そして結婚生活とは、披露宴のようにごちそうとお姫様扱いに囲まれたぜいたくな日々というわけではないのです。

挙式や披露宴の華やかさに憧れて結婚を決める人は、まず間違いなく結婚後に後悔します。「結婚生活って苦しいな。もうやめたいな」「相手を間違えたな」と感じるのです。



結婚の動機がハネムーン(新婚旅行)にあるなら、結婚はしないほうが良い!

挙式や披露宴ではなく、その直後のハネムーン(新婚旅行)のワクワク体験に憧れる女性も少なくないようです。

その場合も・・・もうお察しですよね?結婚はしないほうが良いです。

ハネムーンでは、彼も大盤振る舞いしますし、ご両親からご祝儀が出たりして、嘘みたいにゴージャスな旅行が体験できます。水上コテージでのんびり過ごす一週間、憧れますよね。

しかし、これもまた、一瞬のお楽しみにすぎないものです。

ハネムーンが終れば、「ジミな日常」が50年間も続くのです。

ハネムーンに憧れるなら、結婚をするのではなく、「豪華旅行」を彼と企画して、楽しむことにしましょう。



「嫁入り」という言葉、知ってる?妻は相手家族に献身することになる。

女性側にとって結婚は、「嫁入り」という言葉が使われます。

「嫁」というのはなんだかかわいらしい感じですが、「嫁入り」というのはなかなかシビアなものです。

「嫁入り」というのは、「相手家族の一員になる」ということなのです。

「彼と家族になる」のではなく、「彼の家族の一員になる」のです。

すると、どうなるのでしょうか?

彼の親や祖父祖母、親戚などが年老いて介護の必要性が出てきたとき、あなたも当然のように、介護を押し付けられるようになります。ほとんど会ったこともない親戚のおしめを取り替えたり、お風呂に入れてあげたりしなくてはならないのです。

親族は何人もいるので、こうしたことが何回も訪れます。

また、年末年始やお盆には、親族の集まりに呼ばれます。そこでは一緒におせち料理を作ったり、お酒のお酌をしたり、親族全体のために献身しなければなりません。「家族に加わる」というのは、そういうことなのです。


こうした「親族づきあいのわずらわしさ」を理解しないまま結婚に踏み切って、結婚後に地獄に感じる女性は多いものです・・・。

そのため結婚とは、「誰かのために献身したいわ」と思えるようになるまでは、しないほうが良いのです。

「彼と二人で暮らしたい」という欲求なら、結婚ではなく「同棲」を選ぶことにしましょう。「同棲カップル」の状態なら、相手の親御さんたちがあなたに介護を押し付けてきたり、親族づきあいに巻き込もうとしたりはしないでしょう。自由でいられますよ。



親族との相性は良さそう?必ずチェックすべし!

「親族のお世話も悪くないわ。」そう思えている献身的な人でも、まだ早まってはいけません!

結婚を決める前に、相手のご両親に会うのはもちろん、ご両親とたくさん交流をしたり、他の親族とも交流をしましょう。そして、相性が良いかどうかを慎重に見極めるべき。

小言のうるさいお姉さんとか、下ネタの多いおじさんとか、無口で気まずいお父さんとか、意外とクセのある人がいるものです・・・。そのような人たちとの交流が楽しめるのか、耐えられるのか、しっかりチェックしておかなければなりません。

一人くらいは気の合わない親族がいても仕方ないですが、ストレスフルな親族が2人も3人もいるなら・・・彼とは結婚しないほうが良さそうですね。

これは、あなただけでなく彼にも同じことが言えますよ。彼もまた、あなたのご両親と何度も交流してもらい、他の親族とも交流してもらいましょう。そしてストレスなく仲良く交流できるか、確認してもらうべきです。

あなたが彼の親族と仲良くやれそうでも、彼があなたの親族と気が合わないなら、やはり結婚はしないほうが良さそう・・・。


または、「相手親族と気が合わないけれどどうしても結婚したい!」という場合には、「私たちは親族の交流を望みません。二人だけでひっそりと暮らします」

ということを互いの両親・親族に宣言して、なおかつ「承諾」をもらいましょう。

世間一般の家族論がどのようなものであっても、あなたたちカップルの価値観が両親族に認めてもらえたなら、あなたたちの価値観で自由に暮すことはできそうですよ。



男は風俗に行く!その覚悟、できてますか?

結婚とは、互いに一途な一生を誓うものです。

結婚式でも神父さんの前でそれを誓いますよね。

でも・・・実情は、どうでしょう?

非常に多くの既婚者がこっそり不倫をしていることを、あなたも知っているはずです。会社の同僚とか友人とか、不倫の話をしている人は多いでしょう。

「私の彼は不倫なんかしないわ」あなたはそう思っているかもしれません。

しかし、世の不倫既婚者も、「不倫しなさそうだから結婚した」のに、そうなったのです・・・・

多くの人はセックスや恋愛が大好きで、配偶者だけでは満足できません。そして不倫ができそうな機会が訪れると、それを断行してしまいがちなのです。既婚者の皆が不倫をするわけではないですが、不倫率は意外なほどに高いです。


そして、男性はさらに、「婚外セックス」の裏切りが多いようで・・・

それは、「風俗」というものがあるからです。

風俗は、メールのやりとりなどしなくても女性とセックスができます。携帯電話にもパソコンにも証拠が残らないので、多くの男性が利用しています。

男性たちは、風俗を浮気だとは思っていないのです。なぜなら、日本の法律は風俗を容認しているから。風俗でセックスをしても、不貞行為とはみなしていません。あなたが慰謝料を請求しても、敗訴してしまいます。

そんな実情を男性たちは知っているので、不倫をするつもりのない男性も、不倫をする社交性のない男性も、出張時などにこっそりと風俗をします。

非常に多くの男性が、妻を裏切って風俗セックスをします。

あなたは、それを許せますか?

私が貞操を守るのに彼が風俗をするなんて許せない!そう感じるなら、結婚はしないほうが良さそうです。その彼にかぎらず、誰とも結婚しないほうがよさそうです。


多くの女性は、「彼が風俗に行くとしても、私が扶養してもらえるならそれいいや」と割り切って結婚しています。



彼との生活習慣の違い、耐えられる?

デートと生活は違う、ということをあまり理解できていない女性も多いようです。

生活習慣の違いにストレスを感じる場合、結婚生活はとても地獄です・・・。そして結婚を後悔したり、離婚したくなったりしてしまうでしょう。


  • 彼が靴下をぬぎっぱなしにする。

  • 彼が洗面所をびしょびしょにする。

  • 彼が部屋の片付けをしない。

  • 彼の体臭や洗濯物の臭いが耐えられない。

  • 彼の口臭が耐えられない。

  • 彼のビールっ腹を見ているとイライラする。または悲しくなる。

  • 彼のビール癖にイライラする。

  • 彼のタバコ癖にイライラする。

  • 彼のイビキがうるさい。

  • 彼の寝相が悪い。

  • 彼の寝起きが不機嫌。

  • 彼の無口っぷりがストレスに感じる。

  • 彼のおしゃべり過剰がストレスに感じる。

  • 彼の大げさな物言いがストレスに感じる。

  • 彼のネガティブ思考がストレスに感じる。

  • 彼の嘘の傷つく。

  • 彼の変わった趣味がストレスに感じる(アニメや車など)

  • 彼が家事を分担してくれない。

  • 家事を妻がやって当然だと思っている。


・・・まだまだありますが、とりあえずこの程度にしておきます(笑)

こうしたことに大きなストレスを感じるなら、彼との結婚生活はあなたに向いていないです。すべての男性がこうというわけではないので、もっと価値観や生活習慣の合う男性を選びましょう。

生活習慣は、結婚をしなくても同棲生活をすれば、ほとんどは垣間見ることができます。結婚を決める前に、まずは1年以上は同棲生活をするとよいですね。それで共同生活にあまりストレスやすれ違いを感じないなら、結婚も良いかもしれません。



彼の収入が途絶えたら・・・。シミュレーションしてみて!

今の時代、彼の会社が倒産したり彼がリストラに遭ってしまうことは、珍しくないものです。そう。あなたたち二人の食い扶持が途絶えてしまうのです!

そんな事態に遭ったときどうするか、どうなるか、シミュレーションをしてみましょう。

「私の稼ぎで彼を支えてあげればいいわ」と思えるなら、あなたは結婚に向いています。夫婦は互いに助け合うもので、それは金銭についても例外ではないのですよね。お金さえも、あなたが助ける決意があるのであれば、夫婦二人の生活基盤が崩壊することはまずないでしょう。

対して、彼の収入が途絶えたときに、「すぐに高収入の新しい仕事を見つけてくれるだろう」と楽観的に・他力本願に考えている女性は、結婚に向いていないです。

一つの仕事が途絶えたとき、月収30万円や40万円の転職先をすぐに見つけることは、とてもとても大変なことなのです!

そのため、実情として、「生計は彼に助けてもらいたい」と依存的に考えている女性は、結婚に向いていないと言えます。


「私の仕事で月収20万円は稼げる。彼がとりあえずアルバイトで月収10万円も稼いでくれれば世帯収入が30万円になるから、それなら生活していけるだろう」そんなふうに思えるなら、お金に関するの不測の事態も乗り越えていけそうです。



子育ての覚悟はできている?

あなたはひょっとすると、「子供を作らずに彼と二人で暮らしていきたい」と考えて結婚を検討しているかもしれません。

でも、「出来ちゃった結婚」や「予想外の妊娠」がとても多いこと、あなたも知っているでしょう?

避妊をしているつもりでも、中出しを避けているつもりでも、しょっちゅうセックスをしている二人には妊娠が訪れてしまうものです。そして、望んでいないとしても妊娠してしまうと、生まざるを得なくなるカップルが多いものです。

そういうわけで、結婚をするということは、「子供の世話に追われ続けることになるのだ」という覚悟が、必須なのですね。


  • 寝ずに赤ちゃんの夜泣きに付き合う覚悟、ありますか?

  • 家事育児に追われて睡眠時間は毎日6時間、覚悟はありますか?

  • おしめを変えてうんちの始末。覚悟はありますか?

  • おっぱいをあげすぎて乳房が縮んじゃった。覚悟はありますか?

  • ママ友たちとの公園づきあい、覚悟はありますか?

  • 幼稚園や学校の役員参加、覚悟はありますか?

  • 子供がいじめやトラブルを起こして学校から電話が!覚悟がありますか?

  • 子供がスマホゲームに10万円も課金!覚悟がありますか?

  • 飲み会にまったく参加できない。覚悟はありますか?

  • デートもショッピングもできない。覚悟はありますか?

  • 海外旅行はできない。覚悟はありますか?

  • 芸術に打ち込むことはできない。覚悟はありますか?

  • 夢を追うことはできない。覚悟はありますか?

  • 急速に老けていく。覚悟はありますか?

  • 宿題や勉強にお付き合い。覚悟はありますか?

  • 習い事やレジャーの送り迎え。覚悟はありますか?

  • 毎朝のようにお弁当。夏休みも部活のお弁当。覚悟はありますか?


日本社会は、子育てに最も手がかかると言われています。

「子供を育てたい!」という大きな志のある人でないと、子育ては地獄のように感じます。それは、結婚をすることで自動的についてくる可能性が高いのです。

大変な子育てに人生を捧げることができるのか、よく検討したほうがよいですね。



地域の保育園は充分な受け入れ態勢がある?

「子育ての覚悟はある!」と感じても、まだ早まってはいけません。

あなたが彼と暮らそうと思っている地域は、保育園の充分な受け入れ態勢がありますか?

多くの夫婦が、保育園に預けたいのに満席と言われてしまって泣いています。それによって仕事すらできず、身動きがとれなくなってしまいます。

出産前にではなく「結婚をする前に」、あなたの地域でしっかりと子供を預けられるのか、リサーチしておきましょう。

子供向けの福祉が充実しているかどうかも、リサーチしておくべきですね。

子育ては、夫婦二人だけでは難しいものがあります。地域が協力してくれるかどうか、しっかりと確認しておくべきです。



「全部OK」なら、結婚に踏み切って大丈夫。

ここまで挙げてきた結婚生活の懸念事項、いかがでしたか?

あなたが想定していない困難もあったのでは?

すべての項目に対して「OK大丈夫。覚悟はあるわ。切り抜けられるわ。」と感じたなら、あなたはその彼と結婚に踏み切って大丈夫でしょう。きっと幸せな結婚生活になります。

でも、1つでも「辛いな」と感じる項目があったなら・・・結婚をいったん中止にしたほうがよいです。相手を変えるか、または結婚そのものをしないほうが良いでしょう。

「結婚=扶養してもらえる」「結婚=人生が楽になる」と考えている女性が多いのですが、むしろシングル生活よりも困難が多いものです。それらを乗り越える覚悟がある場合にだけ、結婚するようにしましょう。

恋愛を楽しんでいたいなら、結婚よりも「同棲」を選ぶとよいですよ。