top of page
  • れな

彼が私の下着を触りたがる。どう捉えたらいい?

ベッドタイムを楽しんでいる際、彼があなたのショーツの匂いをくんくんと嗅いだり頭にかぶろうとしたりして、怒ったことのある女性がいるでしょう。

こうした男性は変態なのでしょうか?



およそ誰もが女性の下着を神々しいものと感じている。

彼は「変態ではない」と言えます。

世の中の男性のほとんどすべてが、女性のショーツを神々しいものと感じているのです。

女性たちの可愛らしいショーツは、それ自体がセクシーなアイテムです。そして、そのショーツに彼女の汗や精液などが染み込んでいる、という事実に、男性は性的な興奮を感じるのです。

これは、男性たちが女性の乳房や性器に大きな興奮を感じるのと同じことで、下着を愛でたがる心理を否定するなら、女性たちは男性たちに抱きしめてもらえない、ということを意味するようなものです。

ですから女性たちは、「男性とはそういうものなんだな」と受け入れることが大切です。

それこそがあなたの女性的魅力なのです。



あなたが性的に魅力的であることの証。誇りに思って。

男性は女性の下着に興奮しますが、それは「可愛い(と感じている)女性の下着」に限ります。たとえば、50歳の老いてきた女性のベージュの下着を見ても触っても、興奮を感じません。

40歳の妻の下着にも興奮を感じないでしょう。


つまり、彼があなたのショーツをくんくんと嗅ぎたがったり、かぶりたがったり、ほおずりをしたがったりするということは、彼はあなたのことを非常に「セクシー」「可愛い」と感じているのです。若々しいみずみずしい女性だと感じています。ピンクなのです。

あなたは、少なくともその彼から見て、まだ性的魅力がとても高いのです。それを誇らしいことだと捉えましょう。

見知らぬ人があなたの下着にほおずりするなら吐き気がするでしょうが、愛し合うことを許した彼ならそう嫌なことではないでしょう。そう認識を改めるとよいです。


彼氏の精液の匂いに興奮したり、それを飲みこみたいと感じたりしたことのある女性は、男性の気持ちがなんとなくわかるのではないでしょうか。



男性は女性の汗や精液に性的な魅力を感じる。

「汗のついた下着にほおずりされるなんて気持ち悪い!」とあなたは思うかもしれません。

しかし男性にとって、女性の汗や精液は「セクシーなもの」なのです。香水や洗剤の匂いがしていなくても、女性から醸し出された体液、というものに性的な興奮を感じます。色気がある、のです。


ピンクの高い女性は、独特の甘い体臭がすることがあります。それは汗や精液の混じった匂いです。または皮脂の匂いです。いずれにせよその女性から分泌されるものの匂いです。

ショーツはその匂いが集約されやすいもので、「女性らしいセクシーな匂いがするだろう」というイメージが湧くので、男性はショーツを愛でたいのです。またはショーツは女性器に最も触れるものなので、それに興奮をします。

ブラジャーにほおずりしたがるのも、女性の乳房を感じるからです。


女性の中には、男性のYシャツの匂いを嗅ぎたがる人などいますが、それと同じようなことです。



ある意味では、おニューの下着よりも履きなれた下着のほうが彼を喜ばせる。

「勝負下着」という言葉があります。彼と初めてセックスをする際には新しいセクシーな下着を身に付けていく、という考え方です。

しかし、男性が下着に興奮する要素として、セクシーな外観だけでなく「匂い」「フェロモン」というものがあるとすれば、おニューの下着よりも履きなれた下着のほうが彼を魅了する、ということが起こりえます。

おニューの下着は、工場から出荷したばかりの工業製品の匂いがするでしょう。見た目がセクシーであっても匂いが「無機質」「製品臭い」ため、男性はそこに物足りなさを感じることがあります。

おニューでない履きなれた下着は、あなた特有の匂いがし、彼はそこに興奮や悦びを覚えたりします。


すると勝負下着として最も相応しいのは、「可愛くてセクシー、かつ、ある程度はきなれた下着」なのかもしれません。

自分では自分の体臭は感じにくいもので、下着の匂いをかいでみても匂いを感じたりはしないかもしれませんが。



最初のセックスでは体臭のない下着を選んだほうが無難かも。

女性は、自分の体臭を彼が嫌がらないか気になるものです。その心理的不安を考慮するならば、初めて彼とセックスするときは、まだあまり履いていない体臭のしない下着を選ぶのが無難かもしれません。

彼と抱き合ってみて、彼があなたの体や性器に対して臭いと感じている気配がないなら、次からはあなたの体臭がする下着を身に付けるのもよいかもしれません。


体臭については他の記事でもたびたび触れていますが、男性は女性の多少の体臭を「いい匂い」「セクシー」と感じて好みます。性器に匂いがしても、それが多少のものであれば不快ではなく、興奮します。


人と人との親密な交わりの中で、無機質すぎるのは味気ないのです。

若い世代には潔癖症の女性がどんどん増えていますが、こうした事実を理解しておくことは重要でしょう。

あなたの性的な匂いは「セクシー」なのです。

あなたが若々しく可愛らしいなら、男性はその匂いをセクシーに感じるのです。



セクシーランジェリーではなく、履きなれた白い下着など身に付けてデートに行くのもよいのかもしれません。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page