top of page
  • れな

強烈な快感を求めるほどに精神性が高い必要があります。

時おりコラムに関するリクエストをいただきますが、セックスについての解説を求められることが少なくありません。

私はそうセックスに詳しいわけではないです。上品にセックスについての記事を書く、ということに尽力出来るだけです。

セックスで大きな快感を得たい、という気持ちはよくわかります。



セックスの快感は奥が深いです。

セックスの快感は、奥が深いです。

性感帯を「開発する」という言葉がありますが、熱心に開発することで快感は増していきます。中には幼いうちから敏感な人もいますが、基本的にはスポーツのように積み重ねが必要なものです。

過去世でセックスの探求が進んでいる人は、幼いうちから敏感な傾向です。


「セックスもオナニーもあまり気持ちよくはない」という人がいるでしょう。

セックスに強い関心を持って性感帯の開発を進めるなら、セックスに中毒する人の気持ちに共感できるくらい、気持ちよくもなります。


セックスやオナニーの快感を強めたいなら、「セックスやオナニーが好き」という気持ちを持つことです。「嫌い」と思っていると性的な視覚や触覚で興奮しづらいため、感度も増しません。「好き」と思っていると性的なもので興奮を感じやすく、それが快感や感度の向上につながっていきます。



彼のせいだけではない。

セックスをしてもあまり気持ちよく感じない女性は、「私の彼のセックスが下手なせいだ」と考える人が多いです。それもあるかもしれませんが、快感は彼の側だけが左右するものではありません。

基本的に、愛撫の経験を重ねるほどに快感は増していきます。

つまり、オナニーの回数が多いほどにセックスの快感も増すのです。

セックスライフを充実させたいと考えているなら、逆説的に言ってオナニーを充実させるとよいです。恋人がいても、オナニーをすればよいのです。毎日オナニーをしても、オナニー中毒ではないですし、体に害はありません。

また、オナニーの際には性器のあちこちを触ったり、乳房を触ったりしましょう。様々な部位の感度が増します。



セックスを探求したいなら、相手選びが何よりも重要です!

様々な性感帯を開発したい、感度を高めたい、などと望んでいるなら、「相手選び」が何よりも重要です!援助交際の掲示板などでただセックスの激しそうな人を見つければよいというものではありません!


心から安心できる男性。

女性は、心がリラックスしているほうが性的な感度が高まります。ですからセックスは、あなたにとって「心から安心できる」と感じる男性を選ぶことが大切です!

時々乱暴なプレイをしてくるような男性に対して、女性は安心を感じられないものです。身構え、警戒し、体が硬くなってしまいます。

「この人はとても誠実で優しい!」と心から思える男性を、選ぶべきです。

男性から口説かれるのを待っていては、そのような男性とは抱き合えないのです。女性を口説いてくる時点で、大して誠実ではなさそうです。


セックスの上手な男性。

穏和なだけの男性では、快感度の高いセックスになることは難しいです。やはり愛撫や律動、リードの上手な男性である必要があります。

極めて誠実、かつセックスに慣れていて上手、というスペックの男性はほとんどいないです。それは天然記念物のようなものです。


ペニスの長い男性。

女性における最たる快感は、ポルチオ性感帯です。膣の奥、子宮の入口にある性感帯のことです。

これは、ペニスの長い男性に挿入されないと届きにくいものです。ギリギリ届く、という程度ではあまり強い快感にはならないでしょう。

背の高い男性ほどペニスも長い傾向です。


感度の良い男性。

あなたが愛撫してあげたときに、敏感に気持ちよさそうに反応してくれる男性が良いです。

あなたの愛撫に対して無反応な男性では、あなたは興奮しないでしょうし、愛撫を長く続けたいと感じられないでしょう。


あなたの彼氏がこれらの条件にマッチしていないなら、彼氏と別れるという選択肢も必要になってきそうです。あなたの浮気を許してくれる彼氏というのはそういないでしょう。



愛撫することで官能する、という感覚を身に付ける。

膣が官能すればするほど、挿入が気持ちよくなります。

そのためには、愛撫「する」ことで官能する、という感覚を身に付けることが大切です。

愛撫「される」ことで官能するのは当たり前ですが、愛撫「する」ことで官能し、膣液があふれる女性もいるのです。

相手を性的に官能させることがうれしい、という慈愛・奉仕心のような尊い感覚を持っている必要があります。自分の快感ばかり考えている女性は、最高のセックスには辿りつかないです。


「この人を官能させてあげたい」と思えるには、それに相応しい男性を選んでいる必要があります。精神性の高い男性に好感を抱くには、あなた自身もグリーンやブルーなどの感性が高い必要があるでしょう。



舌が性感帯になってくる。

セックスを探求していくと、女性は舌も性感帯になっていきます。

彼を舐めることで、あなたの舌が官能するのです。そうなると、愛撫をすることで両者が官能するという究極のサイクルが始まります。

フェラチオをする、乳首や体を舐める、といった舌を使った愛撫を重ねていくことで、次第に舌の官能が強まっていきます。

その愛撫にあなた自身が喜びを感じている必要があるため、よほど魅力的な男性とセックスしないと、こうした境地には至らないでしょう。やはり精神性が高い必要があるのです。


30分フェラチオし続けても飽きない、と感じているなら、あなたは舌の性感帯が非常に開発されているのでしょう。フェラチオが10分程度で飽きてしまうなら、あなたは舌が官能していないのです。

とはいえ、よほど魅力的な相手でないと、10分すらもフェラチオしてあげる気にはならないでしょう。相手選びが重要なのです。


男性は、「愛撫することで官能する」という感覚を持っている人は多いですが、舌は性感帯にはならないようです。



のどの奥にも性感帯があります。

女性は、のどの奥も性感帯として開発されます。

これは、ペニスを奥までくわえる、いわゆるディープスロートという口淫を重ねることで開発されていきます。

ディープスロートは、最初のうちはのどにつっかえてむせてしまうでしょうし、官能など感じないでしょう。コツを掴む必要もあります。かなり熱意を持って探求する必要があります。

バイブレーターを用いて、ある程度一人で練習することも出来ます。

やはり相当魅力的な相手を選んでいないと、ディープスロートなどする気にはならないでしょう。


男性にディープスロートを強要されると、レイプされているような気になるでしょう。そのような男性に無理にディープスロートをするべきではありません!

あなたが自分で、してあげたい男性に申し出てあげれば充分です。よほど魅力的な男性をつかみ取らないかぎり、そのようには感じないのではないでしょうか。


最初は彼も快感を感じないかもしれない・・・

ディープスロートを試みても、最初のうちは彼も快感を感じないかもしれません。

回数を重ねて、角度や位置、圧の強弱などのコツを掴む必要があります。

1度してみた段階で「これは気持ちよくないからしなくていい」と彼は言うかもしれません。あなたがディープスロートを探求したいなら、「段々気持ちよくなってくるかもしれないから、少し研究させて?」などと言ってみましょう。そしてセックスの度に、数分程度は試行してみるとよいです。だんだん彼の感じ方が変わってくるでしょう。

ディープスロートで男性が官能している映画やアダルトビデオなど知っているなら、それを彼に見せてみるのもよいです。



セックスに中毒しない男性を選ぶべき!

セックスを探求するには、長い時間セックスをする必要があります。

しかし、セックスに中毒するような男性と体の関係になるべきではありません!仕事を休んでセックスに明け暮れる、ところかまわずあなたを押し倒してくる、あなたの同意を得ずにセックスをはじめる、ドラックやアルコールで酩酊する、といった男性はすぐに離れてください!

出会い系サイトのようなものでセックスパートナーを探している男性は、どれも適していません!


少し強引に押し倒されるようなセックスで興奮する、という女性もいるでしょう。

であるとしても、身勝手に押し倒してくる男性を選ぶべきでないのです!

優しい誠実な男性に、「たまにちょっと強引を演じてみて」とお願いしましょう。


屋外でセックスしてみたい、という好奇心を抱いている女性は少なくないでしょうが、その場合も、事前に彼と話をしておくべきです。「公園の草むらはよいけれど本当に人の見ている前ではやめて!」「カラオケ屋の中で愛撫されるのはドキドキするけどファーストフード店ではしないで!」といったことです。

ハードなセックスは、あくまであなた(女性側)の希望や安全を尊重してくれる男性と行うべきです!



お酒を飲むなら、あなたの意思の範疇の中で。

お酒を飲んだほうが感度が上がる、お酒を飲んだほうが大胆になれる、という女性がいるでしょう。セックスをする前にお酒を飲みたい女性もいるはずです。

その場合も、男性にお酒に誘われたときには飲むべきでありません!


お酒を飲んでセックスをしたいなら、状況をすべてあなた(女性側)がコントロールしてください!

彼にはお酒を飲ませるべきでありません。あなただけがお酒を飲み、その量もあなたがコントロールします。

たとえば、彼をあなたの家に連れてきて、「セックスする前にちょっと酔わせてね」と言って適量のお酒を飲みます。頃合いだと感じたら、「セックスしよう」とあなたのほうから始めます。


男性を酔わせるべきではありません!

普段誠実な人でも、酔うと理性をなくしてしまう男性もいます!



自分のためにコスプレする、という考えも。

可愛い衣装やセクシーランジェリーなど、コスプレめいた格好は彼を興奮させます。彼のセックスはより情熱的になるでしょう。

また、セクシーランジェリーを身に付けたり可愛い服を着たりすることで、あなた自身が恍惚する、ということもあるでしょう。テンションが上がるといいますか、ドキドキするでしょう。この恍惚はあなた自身の官能を高めることにもなります。

極端な話、セクシーランジェリーを身に付けるだけで膣が濡れる、という女性もいるでしょう。


また、あなたが可愛ければ可愛いほど、スタイルが良ければ良いほど、彼はより興奮してペニスを硬くします。あなたへの愛撫が熱心になる傾向です。セクシーな服を着るだけでなく、美容への努力はセックスの快感につながります。



柔軟運動を継続するとよい。

足が大きく開くほど、ペニスが奥まで入りやすくなります。開脚運動をして足の筋の伸びが気持ちいと感じる人は、それに性的官能が合わさるとより大きな官能を感じます。

開脚運動をしていると、足が長くなり、スタイルがよくなり、より彼を興奮させます。

もちろん、ヨガもよいです。


しかし柔軟運動を日課として継続できる女性はなかなかいません。やはり精神的な節制が必要です。

レイキを日課にしている人は、柔軟体操をしながらレイキするのもよいです。レイキのセルフヒーリングは必ずしもじっとしていなければならないわけではありません。


体が堅くてなかなか柔らかくならない人は、バレエ教室のストレッチクラスなどに通うとよいです。ハードな踊りをせずに、バレエ的な動きで柔軟体操だけを教えてくれるクラスが、多くのバレエ教室にはあるはずです。エレガントな動きも身に付くでしょう。


開脚する体勢はセクシーです。一般男性の前で無暗にその姿を見せるべきではありません!



セックスでの神秘体験には、サイキック能力が要る。

セックスで神秘体験をしてみたい、と憧れる人がいるでしょう。

セックスの際の霊視、霊聴、体がカっと熱くなる、などの神秘体験は、基本的にはサイキック能力が開花していないと体験できません。第6チャクラを活性化する、ということです。

座禅瞑想を継続したり、レイキを会得したりする必要があります。

相手の男性にサイキック能力が高い場合、あなたにサイキック能力がまるでなくても神秘体験を経ることがあります。しかしそのようなことはまずないです。



彼に強烈な快感を与えてあげたいならマッサージをしてあげるとよい。

自分に、ではなく彼の側に最高の快感を与えてあげたい、と考えるセクシーで献身的な女性が、このコラムの読者さんの中にはいるのでしょう。

最高、といいますか、彼の全身の感度を高めるために、先に全身をオイルマッサージしてあげるとよいです。それによって全身の気孔が開き、感度が増します。ラブローションを使ったマッサージでももちろん良いです。

要点は健康ではなく性的快感なので、乳首を丹念になでるなどセクシーにアレンジしてよいです。

乳首やペニスだけでなく全身をマッサージする、ということが重要です。ローションやオイルを用いて滑りを良くすることが重要です。

レイキを扱えるなら、レイキも一緒に流すとよいです。レイキは気孔を開口する作用があります。


風俗において全身をローションマッサージすることは、セックスの理想にとって理にかなっていると言えます。


これくらい献身的になると、あなたのガイド霊があなたの精液分泌量や官能に介入するようになるでしょう。物理的な理屈を超えて、よく濡れるように、感じるようになります。

風俗嬢をやっているだけではそうはなりません。「適切な相手を選ぶ」「お金のためじゃない」などのトータルな精神行動も加味されます。



自ら研究するとよいです。

男性を性的に喜ばせたい気持ちが強いならば、自ら研究をするとよいです。「男性 性感帯」などと検索をして、情報を漁ってみましょう。

男性は、女性の性感帯については研究しますが、男性の(自分の)性感帯についてはあまり知らないものです。ほとんどの男性はペニスと乳首くらいしか知らないですし、体験したことがないでしょう。


また、男性は誠実であればあるほど、彼女に対して「ここを舐めて」などと言えないものです。それがあなたにとって不快であるかもしれないからです。

たとえばアナルが性感帯であることは有名ですが、彼女に「アナルを愛撫して」と言える男性は少ないでしょう。しかし内心は興味はあるでしょう。


ヴァイオレットの強い女性は愛撫を研究したくなるでしょう。

「5分ずつ愛撫し合い、挿入して10分律動する」といった普通のセックスでは、女性のほうが快感度合いがずっと高いです。私は声を出してあえいでいるのに彼はそうでもない、という姿を見て、女性側のほうが気持ちよいのだと察するでしょう。

ヴァイオレットの強い女性は献身的であるため、こうしたセックスに物足りなさを感じるはずです。「私が得た官能と同じくらいのものを彼にもお返ししてあげたい」と。

または、「私が得た官能よりも大きな官能を彼に提供してあげたい」と。

そして長い時間愛撫をしてあげたり、技術を懸命に磨いたり、セクシーな下着を身に付けてみたりなど、意欲を燃やすでしょう。


・・・それは結果的に(ガイド霊が)あなたの膣をますます潤し、あなたのほうが大きな快感や実りになってしまうのですが(笑)



愛撫には未知の領域がある。

「ペニスのカリを30分以上も愛撫してあげると彼のエネルギーが増強する」という話を私は時おり書いています。これを知っている人はほとんどいないでしょう。風俗嬢ですら知っている人はほとんどいないです。


このように、愛撫にはまだ未知の領域があります。あなたが愛しい彼を丹念に愛撫し続けることによって、私が記述したことのない快感やエネルギー作用、神秘現象などが起こる可能性があります。

それは部位の問題ではなく、時間の長さや圧の強弱などに関連する可能性があります。たとえば、3時間も愛撫してみる、というようなことです。


繰り返しますが、こうした深い探求はあなた(女性側)の意思で行うべきです!あなたが「してあげたい」と感じる男性にのみ行うべきです!



「長時間愛撫したい」という意思を先に伝えるべき。

「今日は彼に30分くらいフェラチオしてあげてみたい」などと考えているときは、先にその意思を彼に伝えるべきです。

そうでないと、10分も経った頃には「もう満足したよ。今度は僕がしてあげるね」と彼は言い出すでしょう。誠実な男性であればあるほど、一方的に愛撫を受け続けるということに心苦しさを感じて「もういいよ」と言い出すはずです。

それを防ぐには、あなたが愛撫し続けたい意図をはっきり彼に伝えるべきです。


また、ペニスを30分も愛撫してあげたい場合、挿入が済んでからのほうが良いです。挿入であなたが満足したあとのほうがよいです。

ペニスを長時間愛撫すると、どうしても彼の精液はあふれ、射精感が高まってしまいます。その状態であなたの膣に挿入すると、すぐに射精に至ってしまったり、がまん汁がたくさん漏れてしまいます。

ピルで避妊などしているならそれも良いかもしれませんが、そうでないならあなたのオーガズムが済んだあとのほうがよいです。


2時間、3時間と彼を一方的に愛撫してあげたいなら、それも先に彼に伝えましょう。彼はそんなことを思いもしませんから、途中で「もう挿入しよう」「僕が愛撫したい」と言い出してしまうでしょう。

意思の疎通というのはとても大切です。



セックスを突き詰めたいなら、ピルを飲むとよい。

セックスを探求したいと考えるなら、ピルを飲むとよいです。避妊の効果があり、女性ホルモン活性の効果があります。

他にもメリットがあるのですが、「書かないほうがよい」とモナドが言うので伏せます。


医師には「生理痛を軽減したい」と伝えればよいです。



アルコールスプレーを用意しておくとよい。

非常にオーラ総合力の高い男性とオーラ総合力の高いあなたが、あなたのベッドで濃密なセックスを交わすと、ベッドの周りが(エネルギー的に)暑くなることがあります。プラーナがものすごく充満するのです。

そこで眠ったり生活したりすると、汗をかきすぎたりクラクラしたりするかもしれません。パワースポットでエネルギー酔いするのと同じ原理です。


その場合、ベッドの上にアルコールスプレーを噴射するとよいです。アルコールスプレーは100円ショップで買えます。浄化系のスプレーでもよいですが、安価なアルコールスプレーで充分です。


それでも改善しきらない場合、シーツや掛布団カバーを洗濯しましょう。普通に洗濯すればよいです。

ソファの上でセックスを交わし洗濯ができないなら、何度かスプレーを繰り返しましょう。


このようなことはまず起こらないですが、私のコラムの読者さんなら体験する可能性もありそうです。

覚えておくとよいです。



セックスの探求は、精神性の向上とセットであるべきなのです。

アダルトビデオなどの影響によって、人が中毒するほどの強烈な快感に関する性情報が出回るようになりました。しかし、そのような強烈な官能は本来、アセンション達成者が見つけるものなのです。

第2チャクラ・オレンジのオーラにおけるセックスは、性器同士を重ね合わせて気持ちいい、といった程度のものなのです。本当は、アセンションに至らない人々のセックスはその程度のもので充分なのです。(戦前世代の人々においてセックスは、その程度のものでした。)

強烈な快感は、自制心や誠実さに長けた人のみが手にすればよいはずのものなのです。


あなたにとって、強烈な官能は非常に大きな幸福でしょう。

それは相手の男性にとっても同じです。男性にとって、何よりも大きな幸せです。

その男性は、そのような幸福を享受すべき人でしょうか?よく考えてください!(精神性の低い男性に大きな快感を与えるべきでないです!)

ピンクとヴァイオレットの高い女性は、すさまじい癒し手になり得ます!しかしそれは相手を中毒させる危険をもはらんでいます。



この記事は、無暗にシェアをしないでください!

精神性の高い女性のみが読むべき内容です!

最新記事

すべて表示

夏は汗をかきやすいが、デートはどうすればいい?

汗をたくさんかいた体でデートをするのは恥ずかしい、とためらう女性は多いことでしょう。夏は汗をかきやすい時期で、近年は猛暑が悪化しています。 夏はデートを回避したほうがよいのでしょうか? 先にシャワーを浴びさせて、と言えばよいです。 私はセックス関連のコラムの中で、「男性はセックスの前にシャワーを浴びせたがらない」ということをよく書きます。しかし、いつも男性の好みに合わせる必要もありません。 汗をた

特定の男性に対して「フェラチオしたい」と感じるのはなぜ?

愛しい彼氏など、特定の男性に対して「フェラチオしたい」と感じることがあります。フェラチオをすることがあまり好きでない女性でさえ、特定の男性に対してだけではこう思うことがあるでしょう。 霊的な何かが関与するのでしょうか。 幾つかの要因がある。 「フェラチオをしたい」と無性に感じるとき、幾つかの要因があります。 彼が好きでたまらないから。 「大好きでたまらない!」と思っているとき、フェラチオをすること

言葉をにごすべきでないが、合言葉を使うのはよいでしょう。

意中の男性に好意やセックスしたい思いを伝える際、言葉をにごさないほうがよいです。 しかし、二人だけの言葉を用意するのはよいでしょう。 セックスの意思は言葉をにごすべきでない! 恋愛的好意を伝えたいのに「尊敬しています」では、相手にちゃんと伝わりません。そのまますれ違いで、恋愛できずに終わってしまう可能性が高いです。 セックスをしてほしいのに「抱きしめて」と伝えると、「ハグをしてほしいのかな」と勘違

Comments


bottom of page