top of page
  • れな

引越し・移住をしたいと感じたら。

スピリチュアリストには、「引越し・移住をすべきな気がする」と感じている人が多いはずです。



直感的に感じるでしょう。

スピリチュアリストには、「引越し・移住をすべきな気がする」と感じている人が多いはずです。

霊聴などのサイキックを持っていれば直接的にそのように言われますが、霊視も霊聴も無い場合、「直感」を通してサインが出ます。

サイキックとしての直感がどのようなものか、説明は難しいのですが、とにかく、「なんだか私、移住をすべきなのでは?」と漠然と感じるのです。

ただの思い違いであることも多いのですが、ガイド霊による直感サインである可能性が高いです。



風水やおみくじをあてにしないで!

スピリチュアリストの場合、引越しや移住をしたいと思ったとき、スピリチュアルなものに指針を仰ぎたいと考えることも多いことでしょう。

正月のおみくじに書かれた吉方位を参照したり、風水で吉方位を調べたり、といったことです。

しかし、風水もおみくじもでたらめなので、これらは真に受けないほうが良いです。



正確なチャネリングにゆだねると良いです。

星占いや無料占いの類ももちろんあてにはなりません。

どの地域に引越しすべきかは、正確なチャネリングを行える霊能者・チャネラーに尋ねるとよいです。率直に言って、当サイトの管理人様に鑑定してもらうのがよろしいかと思います。



スムーズに移住できるとは限らない!

引越し・移住をガイド霊が勧めているとしても、スムーズに移住がはかどるとは限りません。


ガイド霊は、移住後の仕事のあてがあるとは限りません。移住後に月収30万円、40万円、それ以上の仕事をすぐに得るのは、そう簡単なことではないでしょう。今の仕事を辞めることも、そう簡単ではないでしょう。

ガイド霊は移住を勧めるだけで、生計の画期的な解決策を持っているとはかぎらないです。生計を確保するために、あなた自身が懸命にがんばったり、考えたり、様々な人に協力をあおいだりする必要があるかもしれません。


家族の誰かが移住の足を引っ張ることもありえます。

お子さんが「この町から離れたくない!」と泣いて訴えたり、旦那さんが「無理だよ」と言ったり、です。

これについても、画期的な解決策はないかもしれません。

懸命に説得をしたり、妥協案を用意してあげたりする必要がありそうです。



ネックが恋人だけなら、別れも検討しよう。

移住を阻むのがお子さんやお祖母さん、旦那さんといった場合には、実行がどうにも難しいときもありそうです。3年5年と準備期間を要することもありそうです。

しかし、あなたの引越しを止めるのが「恋人」なのであれば、その人と別れて移住することも検討しましょう。

あまり好きでもないなら、容赦なく別れたらよいです。



「オールドソウル」には、生まれた町に住み続けるべき人は少ない。

人にはそれぞれブループリントがあり、生まれた町や家を守り続ける役割の人もいます。

「オールドソウル」においては、生まれた町に住み続けるブループリントを持った人はほとんどいないです。

あなたが、管理人様へのチャネリング相談などで、自分が「オールドソウル」であると確信を持てているなら、おそらく移住を必要としているでしょう。


バイオレットパーソンも移住のブループリントを持った人が多いです。

バイオレットパーソンは、生まれた家や町を守るブループリントを持った人も多いのですが、その反面、大きな移動をやってのけるべき人も多いです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comentários


bottom of page