top of page
  • れな

引きこもりの過ごし方。

働くのが面倒くさいだけでなく、社会不信や精神疾患など様々な理由から、引きこもって過ごしたいと願うことはあるでしょう。

「引きこもり」という期間を、必ずしも否定する必要はありません。


また、仕事など社会活動をしてはいても、それ以外の時間をほとんど家で一人で過ごす、という人もいるでしょう。こうした人も読んでみてください。



引きこもりは必ずしも悪くない。

引きこもり、不登校、ニート、それらは、必ずしも悪いこととは言えないです。

こうした時間から学ぶことはあり、こうした時間に出来ることも数多くあります。


引きこもりは、その時間を有効活用するなら、平均的に学校に通いなんとなく労働する人々よりも、ずっと成長することができます。ずっと悟ることができます。

優秀なインディゴチルドレン(宇宙人の魂を持つ人)には引きこもりの期間を経る人が多く、それを悟りに上手く活用しています。


率直に言って、元気に引きこもりましょう。



引きこもりでは様々な能力、筋力が低下してしまう。それを防ごう。

仕事や登校を放棄して、引きこもり生活を送るのもよいです。

しかし、生活の仕方には気を付けたほうがよいです。

引きこもり生活では、どうしても様々な能力や筋力が低下してしまうからです。それはあなたのためによくないです。まだ22歳なのにおばあさんのような体力では、趣味を楽しむことさえも阻害されてしまいますから・・・。



体をよく動かそう。とても大事!

引きこもり生活では、筋力・体力がかなり低下してしまいます。しかし、当人はその低下にあまり気づけないことが多いものです。

筋力の低下を実感する頃にはかなり深刻化してしまっていて、健康に影響すらあるでしょう。

引きこもりの人が最も気を付けるべきことは、「体をよく動かそう」ということです。


ここで大切なのは、ダンベル運動や筋トレではないのです。それよりも、「長時間体を動かすこと」を意識したほうがよいです。足腰の弱りなど防ぐためには、筋トレでは足りません。2時間も3時間も立ち歩いているようなことが、必要です。

たとえば、漫画を読んで過ごすとしても、立ちながら漫画を読む、といったことをやってみましょう。

家の中で元気なら、ダンスなどの趣味を毎日継続するのもよいです。

近所に出歩くことに抵抗がないなら、散歩に出るとよいです。ただ立っているだけよりも、歩いたほうが筋力を使います。早歩きをするとなおよいです。

たとえば、近所に出歩くことに抵抗がないなら、家庭におけるお買い物の役割を担うのはどうでしょうか。お母さんの代わりにスーパーに行ってパンや玉子を買うのです。クリーニング屋さんに服を取りに行ってあげます。


人目のつかない時間帯に散歩をしたいなら、夜中よりも早朝のほうがよいです。夜中は不審者に襲われたり、不審者に間違われてしまいやすいですが、早朝4時ならそういうこともないでしょう。



表情の衰え、太る。意図的に笑う時間を作ろう。

引きこもり、人との交流が減ると、顔の表情筋も衰えていきます。豊かな表情が作れなくなってしまうのです。上手く笑えなくなる人もいます。笑ってもいびつな表情になり、醜くなってしまうのです。

美が衰えるのも問題ですし、表情が作れなくなると、やがて社会復帰したあとの仕事や人間関係の足を大きく引っ張ります。


引きこもるとしても、ずっと無表情で過ごしたり暗く悲しみながら過ごしたりするのはよくないです。

Youtubeでお笑いの動画を見るなど、笑顔になれる時間を意図的に作りましょう。

動画通話など通して、信頼できる友人と交流するのもよいですね。


また、太ることもあなたの以降の人間関係を阻害してしまいます。

太ることは、異性からだけでなく、同性からの印象も悪くしてしまいます。



声が出なくなる。歌など楽しもう。

引きこもり、人との交流が減ると、声も出なくなってきます。声というのは筋肉によって作られているもので、ほとんど話さないなら声も衰えます。しわがれた声になってしまいますし、低いおばさんくさい声になってしまいます。

これも人への印象を悪くし、恋愛や友人関係、仕事の足を引っ張ってしまうでしょう。


これも、5分間発声練習するだけでは不充分です。

若々しい声帯を保つには、一日1時間以上は大きな声を出すべきです。

歌を歌う趣味を作るのが良いのではないでしょうか。



美容に取り組むとよい。

このように、引きこもることは、想像以上に肉体的な衰えを生みます。

これは、「美しくありたい」と願う女性にとって特に、ショッキングなことでしょう。

すると、引きこもって家でじっとしている時間の使い道として、美容に取り組むとよいです。

スキンケアをして白い肌を手に入れたり、ストレッチをして長い手足を獲得しましょう。腕立て伏せをがんばればバストアップができます。

メイクの仕方を研究したり、目を大きく見開いて可愛く写る写真写りなど研究するのも面白いです。


引きこもりの人の多くは、時間がありあまっているはずです。アニメを長い時間見ても、まだ時間が余っているでしょう。

美容の取り組みは、本気でやると結構時間を使いますが、それに充分なだけの時間が、あなたにはあるはずです。

そうして美人になったなら、社会復帰したいと感じたとき、その抵抗は薄まるでしょう。



芸術に打ち込むとよい。

もう一つおすすめしたいのが、芸術に夢中になることです。

芸術は、絵も音楽も、上手になるためにはたくさんの時間を要します。たくさん練習しないとなかなか上手にはなれません。

しかし引きこもりならその時間があります。

毎日3時間描くなら、かなりの速度で絵が上手くなるでしょう。毎日3時間奏でるなら、かなりの速度で楽器が上手くなるでしょう。

楽しみながらやればよいです。描きたいものを描き、弾きたいものを弾きます。マイペースにやるだけでも、かなり上手くなるはずです。

そして、人は時間がありあまっていると、苦手なことや興味のないことも「やってみようかな」と感じたりします。すると、苦手な技法の練習に取り組んだりもするでしょう。


上達した芸術は、あなたの人生を助けるかもしれません。

描いた絵が売れるかもしれませんし、それを通じて在宅の仕事が得られるかもしれません。

ライトノベルを夢中で書いていたら、出版のオファーが来るかもしれません。

直接的に仕事や収入に結びつかないとしても、あなたの人生を豊かに彩ってくれるでしょう。特技が出来て、自分に自信がつくでしょう。

ブログやYoutubeなど使って、あなたの芸術を発信するとよいです。



DIY、植物育て、旅などもよい。親がお金を出してくれるかも?

芸術とはやや異なりますが、DIYに夢中になるのもなかなか面白いです。本棚など、ちょっとした家具・日用品を作ってみるのです。家族に喜ばれるかもしれません。それも、売れるかもしれません。

植物を育てるのもよいですね。


人や社会が嫌なだけで元気なら、大規模な海外放浪にチャレンジするのも面白いです。3カ月もの大放浪ができる機会は、そうそうありません。もちろん、半年でも1年でもよいのです。


創造的な事柄、挑戦的な事柄は、親がお金を出してくれることもあるでしょう。

またはあなたが18歳である場合、「私、大学にはいかないから、その代わりに世界一周のお金を工面してください」と懇願すれば、叶えてくれるかもしれません。

200万円もあれば世界一周は可能ですが、これは大学費用の2年分ほどです。


海外放浪の仕方がわかりませんか?それは当サイトの管理人様に尋ねるとよいです。台湾やバンコクどころか、世界の果てまでも行けるでしょう。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page