top of page
  • れな

幼い頃からバレエを習う子は、啓蒙の使命を持つことが多いです。

自分の使命が何であるか、誰についていきどんな人生を送るべきか、悩む人は多いでしょう。

幼い頃に親から与えられた環境の中に、そのヒントが隠れていることがあります。



幼い頃からバレエを習う子は、啓蒙の使命を持つことが多いです。

親の熱心な勧めで幼稚園の頃からバレエ教室に通わされた子には、啓蒙の使命を持つ人が多いです。歌手になってメッセージソングを歌う、といったことです。

バレエは表現者になるために必要なスキルを効率よくハイレベルに習得しやすいのです。

そのため、啓蒙の素質を持ち自己表現を好む魂は、バレエに興味のある親の子に宿ることが多くなります。「キリスト」「オールドソウル」「ソフィア」などのことです。


親がバレエを好むケースだけでなく、近所に評判のバレエ教室があったり、近所の幼稚園・小学校などにバレエ教室があり敷居が低く挑戦できるケースなどもあります。

親族など身近な人がバレエを好む、バレエを題材にした映画や小説を好む、などのケースも考えられます。



成長意欲が高く、美意識が強く、精神的ポリシーを抱く。

バレエを習う子にはある程度共通して磨かれる気質があります。

成長意欲が高く、バレエでないにしても何か一芸に秀でてそれで自ら働こうとするでしょう。経済的な自立心が育ちやすく、「だらだらせずにがんばるべき」という価値観を抱きやすいです。これは啓蒙において非常に重要な感性です。

まず間違いなく美意識が強くなります。服装だけでなく、姿勢や仕草への気遣いも芽生え、気品が育つでしょう。そして、そのような人は大衆を魅了しやすく、啓蒙者として活躍しやすくなります。

人前を苦にしない大胆な気質に育つでしょう。多少の中傷に負けないでしょう。

クラシック音楽や古典的芸術への興味を培い、「真面目な芸術家」とも共鳴しやすくなります。真面目な芸術家には啓蒙精神を持った人が多く、この人の作品を普及させる手伝いをしやすくなります。


「敵と競うのではなく己に負けない」などの精神的ポリシーを数多く抱くでしょう。

それは人生全般において有意義なものが多いはずで、霊的真理や道徳と共通するものも多いはずです。

大衆の多くがだらしなく感じ、彼らにメッセージを発信したいと感じるでしょう。


このように、「バレエ」というものは啓蒙において非常に重要なカギを握っています。



バレエをする人のすべてが高い精神を持っているわけではない。

だからといって、バレエをする人のすべてが啓蒙に向いた高い精神を持っているわけではありません。

「厳しい練習を耐えて、自己成長意欲が高い」といったことはある程度共通しそうですが、しかし「勝ち組志向」な人も多いものです。

お金や名声を得るためにバレエ講師に励む人も多いです。

芸能人きどりに恍惚するだけのバレエ選手も多いです。


「オールドソウル」的な啓蒙者に育つには、父親が「プリマドンナになれなくたっていいんだよ。プロセスこそが大事なんだよ」などと諭したり、精神主義な講師に教わったりする必要があるでしょう。



バレエだけでなく、新体操やフィギュアスケートなども。

バレエだけでなく、新体操、フィギュアスケート、バトントワリング、チアリーディング、ミュージカル、演劇、子役タレントなどを幼いうちに勧められる子にも同じことが言えます。

芸術的なスポーツであり、柔軟性や美意識の高さが培われるものです。

幼稚園時代ではなく小学校、中学校で出会う目論見の場合もあります。



ずっとそれを続けなければならないわけではない。

バレエなどを大人になるまでずっと続けなければならないわけではありません。

その素地を活かして、思春期にミュージカルに興味を抱いてそちらの道に進んだり、芸能界に興味を持って歌手を目指したり、と道を反れてよいです。

むしろ、道を反れたほうがよいです。

バレエよりもポップス歌手など大衆的なジャンルのほうが、啓蒙者になりやすいからです。声優でもかまいません。

表現者の道に進まず、YoutuberやTik Tok投稿を趣味にしていてもよいのです。プロの表現者にならなければならないわけでもありません。バレエなどを習ったのが5年間だけだとしても、あなたの振る舞いは人目を引くでしょう。それだけで充分です。



ロイヤルブルーな感性を多少は持つでしょう。

もともとの魂の気質であるか、または父親のしつけなどによって、ロイヤルブルーな感性を多少は持っているはずです。「勝ち負けよりも大切なことがある」などといった考えです。

「お金はどうでもいい。芸を極めたい」「いろいろな能力を身に付けたい」「サラリーマンではない生き方を愛したい」など。

それは啓蒙者としてのセンスです。

すべてのことにおいてれなの書くようなことと共鳴している必要はありません。



啓蒙芸術に携わってほしい。

このような気質・境遇で育ってきたなら、ぜひ啓蒙芸術に携わっていただきたいです。

メッセージソングを歌ったり、哲学的な物語を演じたり、タレント性を生かして社会派なブログを書いたり、など様々なやり方があります。

Mr.Childrenの曲をカバーしてYoutubeで歌うのでもよいです。


お金を稼ぎながら行ってもよいです。

楽しみながら行ってもよいです。

攻撃されてまで苦しむ必要はありません。


外見を磨いておいてください。

この国の大衆は、美しい人の姿にしか注目しないのです。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page