平成世代はなぜ肌露出を恥ずかしがらないの?

空前のアイドルブームです。

アイドルは、超ミニ丈のスカートをはくのが当たり前になっています。水着を着せられることも多いです。ちょっとエッチな感じですが、しかしアイドルを志す女の子はますます増え続けています。

なぜ平成世代の女子たちは、ミニスカートや水着などによる肌露出を恥ずかしがらないのでしょうか?

それは、過去世・輪廻転生が大きく関連しています。



平成世代の女性たちは、ギリシャ神話時代の過去世を持つ。

ギリシャ神話時代をモチーフとした絵画を、あなたもたくさん見たことがあることでしょう。「ヴィーナスの誕生」のように、乳房をあらわにした女性や、布一枚をさらっと羽織っただけの女性が数多く描かれています。

古代ギリシャでは実際、あのように人々は裸同然で暮らしていました。一枚布の服を着るのですが、それはオシャレのためであって、「肌を隠す」という意図はありません。乳房や性器は、誰にでも見せてよいものでした。それが当たり前の文化だったのです。


「平成世代のほとんどはクリスタルチルドレンである」ということはもう、ご存じですね?

そしてこのクリスタルチルドレンの多くが、そうした古代ギリシャ時代の過去世を持ちます。直前の転生で古代ギリシャを生きていたのです。

人は、1つ前の過去世の感性を強く引き継ぎます。すると平成世代の女性たちは、肌を露出することに対して恥じらいや抵抗を感じにくいのです。


もちろんそうした感覚は、今生を生きる中で親などに「裸は恥ずかしいものよ!パンツを隠しなさい!」などと教育されることで変化していきます。


しかしその一方で、平成世代たちは幼少の頃から、セーラームーンやプリキュア、萌えアニメなど、スカート丈のとても短いキャラクターに夢中になって育ちます。テレビの中ではそうした格好が「カッコイイ!」「カワイイ!」と言われています。

そのため、親の忠告も聞き入れはしますが、「でもミニスカートは可愛い」「肌を見せたっていいじゃない」という感性で育っていくのです。

なお、平成以降の世代の人たちも同様です。



平成世代のこの気質は、性的抑圧を解消するため。

平成世代がセクシーな古代ギリシャ過去世を持って生まれてくることには、霊的な意味があります。

平成世代の女性たちの役目の1つに、「性的抑圧の解消」というものがあるからです。

日本人は昔から、セックスに対して欲求を素直に表現できません。それが男女ともに大きな抑圧・ストレスになってしまっています。

性欲が満たされないために悶々としたまま人生を過ごし、他のことにあまり集中できなくなっているのです。

それゆえに日本人大衆の精神性は、2次元から止まってしまっています。

平成世代のクリスタルチルドレンは、この停滞を打ち破る使命を持っているのです。

使命というほど堅苦しく考える必要はありません。

ミニスカートがカワイイと感じるならそのファッションを楽しめばよい、それだけのことです。人のために無理して露出する必要はありません。



肌露出が多いほうが、恋愛を得やすくなります。

ミニスカートを頻繁にはいたり、肩出しのトップスを着たりする、肌露出の多い女性のほうが、恋愛の機会を得やすくなります。

男性たちは、肌露出の多い女性にトキメキを感じやすく、恋愛したくなります。

ギリシャ過去世を持つ女性たちの影響で、それまで肌露出を恥ずかしいと思っていた女性たちもミニスカートなどはくようになってきました。それにより彼女たちも、恋愛が多くなりました。

ファッションに夢中な女の子たちも、このように社会貢献をしています。



肌露出が多いことは、危険も増えます!

しかし、ミニスカートや肌露出は、手放しで推奨するわけにもいきません!

肌露出の多い女性ほど、チカン被害に遭う確率は上がり、うっとおしいナンパに遭う確率も上がってしまいます。盗撮も危険です。

そのため、ミニスカートや露出の多い格好を好むなら、防衛能力も磨いておくべきです。チカンされたらすぐに「やめてください!」と声を上げる度胸や、座っているときに両足を閉める筋力や注意力、巧みなナンパにだまされない知性も大切です。


また、スカートの丈があまりに短すぎると、男性から「下品な人だな」「遊んでそうだな」と思われてしまいがちです。これは誠実な男性との恋愛を遠ざけてしまいます。

親密になりたいなと思っている男性に会うときは、セクシーすぎないように気をつけましょう。恋仲になったのち、2人だけのときに超ミニやセクシーランジェリーなど着れば、それは喜ばれます。誠実さわやかな男性でも、やはりそうしたセクシールックを喜びます。彼だけに、見せてあげましょう。



肌露出が多いと、スタイルがよくなります。

ダイエットしたい、スタイル磨きをしたいけど、なかなか努力が続かない・・・。そんな人は、少し露出度を上げてみるとよいです。ひざが見えるくらいのスカート、ワンピースなど良いでしょうか。

肌露出をしていると、自然と他者の視線のためにスタイル磨きにがんばろうという気持ちになるものなのです。部活の先生に「ランニングしなさい」と強要されるよりも、ずっと長続きします。

スタイルに自信がない段階で大きな肌露出をすると抵抗を感じやすいので、ひざ頭がちょっと見えるくらいの丈にすると良いですよ。