top of page
  • れな

守護存在の助言がしつこい。私だけなぜ?

霊聴で守護存在からアドバイスをもらうことに憧れている人が多い反面、あまりにも頻繁に守護存在が語りかけてくることに疲弊している人もいるようです。

内容は人生に対する助言なのですが、それにしても「あれをしろ」「これをするな」と制約が大きく、困惑してしまうこともあります。ノイローゼになってしまうようなこともあります。

なぜこんなに執拗に介入されるのでしょうか?



「キリスト」およびバイオレットパーソンに多い。

守護存在がやたらと助言してくるのは、「キリスト」の魂を持つ人、そしてバイオレットパーソンに多いです。バイオレットパーソンとは、バイオレットのソウルカラーを生まれ持つ人のことです。

この人たちは大まかに言って、「奉仕」を使命としています。明確に人の役に立つことをすべき人生なのです。そのため、使命をまっとうするために、この人のガイド霊は色々と介入してきます。

奉仕の使命を果たそうとせずに好き勝手に生きてしまっている場合にも、奉仕的なことをしようと意気込んでいる場合にも、どちらにも激しい介入が起こりえます。



生まれつき霊視・霊聴・霊感があるなら該当する可能性が高い。

「キリスト」やバイオレットパーソンであるかどうかは、霊的知識の優れたチャネラーにチャネリング鑑定してもらわないとわかりません。

当サイトの管理人様のチャネリング相談で尋ねるのが確実です。

自分で見当を付ける目安としては、幼い頃から霊視や霊聴をよく体験したような霊感の強い人は、「キリスト」やバイオレットパーソンである可能性が高いです。


クリスタルチルドレンは、「キリスト」やバイオレットパーソンでなくてもサイキックを生まれ持つことがあり、その限りではありません。

とはいえクリスタルチルドレンの場合、「キリスト」やバイオレットパーソンでなくても、ガイド霊からのこうした激しい介入を受けることがあります。



裁量はあなたのガイド霊が握っている。

ガイド霊からの助言がわずらわしくて困っているとき、霊能者に相談する人は多いでしょう。「この介入を止めてください」と。

しかし、基本的には霊能者があなたのガイド霊に説得して静まるものではありません。

あなたの人生に対してどれだけ積極的に助言するか、それはあなたのガイド霊が決めることで、そこには強い意思と目的があります。ちょっとやそっと説得されたくらいでは、その方針が変わることはありません。

複数の霊能者に頼んでも、らちがあかないでしょう。あなたが散財するだけです。カウンセリングセッションに1万円、5万円とるようなすごそうな人に頼んでも意味はありません。むしろそうした商業的な霊能者のほうが頼りにならないです。

テレビで有名な霊能者のもとへはるばる出かけても、無駄でしょう。



基本的には、ガイド霊の言うとおりにしないと収まらない。

基本的には、あなたがガイド霊の助言通りに行動しないと、その激しい介入は収まらないです。基本的に、あなたが自分の意思で行動できない使命をどうしても果たさせるために、ガイド霊は強引な手段をとるのです。

ガイド霊は意地が悪いわけではなく、あなたが生まれてくる際にあなたとガイド霊とで約束した取り決めなのです。「私がうじうじしていたら厳しく尻を叩いてね」と。

フィギュアスケートの選手が、厳しいコーチを自ら選んだようなものです。


ガイド霊がしつこくやらせようとするのは、主にこのようなことです。


  • 何らかの人助け。

  • レイキの習得。

  • だらしない習慣を改める。

  • 海外放浪。

  • 精神性の高い男性との恋愛。

  • 精神性の高いスピリチュアリストに会いに行く。


平成世代の女性の場合、人助けをやらせようとするケースは少なく、もっぱら恋愛や交流に関するものでしょう。またはレイキの習得です。



なぜスピリチュアリストに会わせるのか?

精神性の高いスピリチュアリストと恋愛させようとしたり、交流させようとするケースが多くなっています。

なぜ、霊聴によってガイド霊と直接コンタクトできるというのに、他のスピリチュアリストと交流させようとするのでしょうか?

ガイド霊が指図しても、言うことを聞かない女性が多いからです。

昔は、ガイド霊が「人を助けなさい」と言えば、その通りに人助けをしようとする奉仕的なスピリチュアリストが多いものでした。しかし、21世紀のスピリチュアリストは、奉仕や人助けをしようという意欲が希薄なのです。

チャネリングとはもともと奉仕のためにあるのですが、欲や楽を叶えるためにしか用いない人ばかりになってしまいました。

すると、ガイド霊があれこれ指図をするよりも、人間を仲介したほうがよいのです。

また、恋愛をとおして、「彼が旅行好きだから私も旅行してみよう」と思わせるほうが、上手くいくのです。



ノイローゼになるくらいしつこいこともある。

ガイド霊の介入が、ノイローゼになるほどにしつこいこともあります。

こういうとき、あなたのガイド霊は、「ノイローゼになりそうなほど煩わしく介入している」と自覚しています。

つまり、「ノイローゼになるのは辛いから、ガイド霊の言うとおりにしよう」とあなたが根負けすることを期待しているのです。

ガイド霊は、これほどまでに強気なことがあります。


とはいえ、ノイローゼになりそうなことを言ったり視せたりするのは、低級霊であることもあります。



恋愛の使命は、あなたにとって得かも?

「キリスト」やクリスタルチルドレンの場合、ガイド霊が啓示してくる使命(役割)は恋愛であることも多いです。

「グリーンの強い男性を恋愛で癒してあげなさい」といった主旨のことがもっぱらです。

それを実行することは、あなたにとって非常に得かもしれません。

グリーンの強い男性はすなわち優しく誠実で、非常によい交流になるでしょう。セックスも優しいはずです。「彼を癒してあげなさい」とガイド霊は言いますが、癒されるのはむしろあなたのほうかもしれません。


また、「キリスト」が恋愛をさせられる男性は「オールドソウル」であることが多いです。性格やセックスが優しいのはもちろんのこと、話が面白かったり芸術に長けていたりもするので、非常に密度の濃い、素晴らしい恋愛になりそうです!

何をしなくてはいけない、ということはないのです。「オールドソウル」やグリーンの高い男性は、誠実ゆえに女性を口説いたりしません。あなたは恋愛やセックスに積極的なはずで、その気質のままに彼に「くっつきたい」とねだれば、それでもう彼を癒すことになります。好きなようにセックスを楽しめばよいです。彼はあなたに乱暴なことはしないでしょうし、予期せぬ妊娠に至ることもまずないでしょう。



バイオレットパーソンも、ピンクが高いなら「キリスト」と同じ傾向。

バイオレットパーソンは、マザーテレサのように不特定多数の人々への献身を指示されることが多いです。

しかし、バイオレットパーソンでもピンクが高い場合、上述した「キリスト」と同じように、恋愛での貢献を指示されることが多いです。「グリーンの高い男性を恋愛で癒してあげなさい」ということです。

ピンクが高いと言うのは、おしゃれや美容が好き、恋愛やセックスが好き、といった気質です。

これも、結局のところあなたのほうが得をするかもしれません。



実はあなたのためであることも。

ガイド霊から恋愛での貢献が啓示されるとき、それは実は、相手のためではなくあなたのためであることがあります。

恋愛やセックスは男性をとても喜ばせますが、それは女性とて同じです。優しい男性に素晴らしいセックスを体験させてほしい、と渇望している女性は多いでしょう。(ほとんど誰も叶っていませんから。)

精神性の高い女性は、精神的に見合う男性がなかなか見つかりません。セックスやぬくもりになかなかありつけなくて悶々としている女性が多いでしょう。

「使命」「彼のために」という言い方をすることで、奉仕性の高い女性の積極性を奮い起こさせます。しかしそれは、実際には女性の側の恋愛願望やセックス願望を満たすための配慮であったりするのです。

素晴らしいセックスを体験することは、大切なことです。ガイド霊はあなたに、素晴らしいセックスを体験させてあげたいと願っているのです。モナドとて、そうした優しい一面があります。

また、霊的成長の面でも素晴らしい恋愛・素晴らしいセックスを体験することは大切です。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page