top of page
  • れな

子育ては放棄してもよいのか?

「子供から離れて自分の人生を生きたい」

そう痛切する人もいるでしょう。



基本的には、産んだ子の養育は全うすべき。が、ごく少数の例外があります。

霊的真理の面から言えば、基本的には産んだ子の養育は全うすべきです。

妊娠は母親にとってのカルマで、依存的、だらしない、快楽的、などの生活を戒めるために「子育て」という激務を強制的に背負います。

非常に手のかかる子供もいるでしょう。子供の手のかかり具合も、母親の精神性に比例します。精神性の低い母親にはADHDのようなわがまま子が宿ります。


しかし、ごく少数の例外はあります。



妊娠時と今とで大きな精神性の違いがある場合、子育てを放棄してもよいこともある。

女性の中には、社会生活などの影響によって結婚時・妊娠時よりもずっと精神的に成長する人もいます。結婚した当初は夫に養われたい依存心が強かったけれど、今は働くことの喜びを覚え忙しくなく社会貢献をしている、という人もいるでしょう。

そして、「仕事に打ち込むために子供の世話に追われたくない」「人を助けるために子供の足かせを外したい」などと利他的に考えている場合、ガイド霊は「養育を放棄してもよい」と考えることもあります。


これは、インディゴ世代以降(1980年以降の生まれ)の人々にとって特に該当します。

インディゴ世代以降にとって、子孫を生まれつぐ必要性は必ずしもないからです。


医師、教師、キャリアウーマンなどとして社会に広く貢献する場合もありますし、特定の奉仕的な男性をひっそりと助けて生きる場合もあります。



子育ての放棄を計算に入れてきている人もいる。

「出産後に精神的に成長して、子育てを放棄して社会貢献にまい進する」そのようなことを計算に入れてきている人もいます。

この人は、母親がとても献身的で、面倒見がよいです。あなたの子はおばあちゃん子として育ち、それでも愛情深く立派に育ちます。いいえ、むしろ過保護すぎるかもしれません。



たとえばれなのコラムを読むことで、価値観の大きく変わった女性もいるでしょう。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page