top of page
  • れな

子供の頃からアコースティックギターをたしなむ女性は、啓蒙の使命を持つ人が多いです。

大衆啓蒙の使命を持って生まれてくる人がいます。

あなたは「欲望に溺れて男に支配される人生、それでいいの!?」と皆に投げかけるのが生の目的なのです。



子供の頃からアコースティックギターをたしなむ女性は、啓蒙の使命を持つ人が多いです。

中学生くらいまでに、親からアコースティックギターを与えられてそれに夢中になるような女性は、啓蒙の使命を生まれ持つことが多いです。

楽器を与えられるか、ギターを教わるか、または親が弾き語っている姿を見て興味を抱くのです。


アコースティックギターを抱えて弾き語るミュージシャンは、昔からメッセージ性の強い人が多く、こういうスタイルで音楽をするなら自然と、メッセージ性の強い歌を歌いたくなります。



Mr.Childrenやあいみょんなどが好きでしょう。

あなたは、Mr.Childrenやあいみょん、YUIなどが好きでしょう。

とても良い感性に育っています!

これらのミュージシャンは啓蒙性の高いミュージシャンです。彼らを真似ていけばよいです。



芸能人にならなくてもよいです。

啓蒙的な歌を歌うにあたって、必ずしも芸能人にならなくてもよいです。

テレビや雑誌に出るようなタレントにならなくてもよいです。


啓蒙性の高い人は、芸能界の腹黒さや荒さに対して、苦痛に感じる人が多いでしょう。

やらせじみた番組作りに嫌気がさしたり、下品なお酒の打ち上げばかりで嫌になります。そこに染まる必要はないです。

今はYoutuberなどで独自に自己表現が出来る時代ですから、芸能界を目指さずに、自分でマイペースに発信をしていけばよいです。


ただし、ファンを掴むための所作はそれなりに身に付けましょう。

可愛くおしゃれをしたり、カッコよく弾いたりすることです。



100万人のファンが付かなくてもよいです。

弾き語りをするだけでなく、それなりに視聴者の拡大を目指して試行錯誤をしましょう。

とはいえ、100万人のファンを付けようと躍起になる必要はありません。

今の大衆は、メッセージ性の高い曲を好まないので、あなたがたとえMr.Childrenの名曲と同じくらいの名曲を作って歌っても、そんなに大きな反響にはならないでしょう。仕方ないです。

数字に躍起になると、胃を壊したりストレス症状にさいなまれます。そのようなことに苦しまなくてよいです。



誠実な仲間を見つけて幸せに暮らしてください。

「生きづらい」と感じていることでしょう。社会の不誠実さや幼稚さに嫌気がさしていることでしょう。

それを是正するための啓蒙音楽活動ではありますが、もう1つの意図があります。

あなたが啓蒙性の高い歌を歌っていたら、あなたのような誠実な価値観の人と引き合いやすくなります。

そのような人と仲良くして、思いやりあいながら幸せに暮らしましょう。

ひっそりと暮らすとよいです。YoutubeやSNSであなたの生活を暴露する必要はないです。


恋愛にも同じことが言え、あなたと同じような歌を好む誠実な男性と、優しく抱きしめ合いながら過ごすとよいです。楽しく、明るく、だけど誠実な人を選んでください。

社会の幼稚さを憂いてはいても、ナイーヴにならない男性がよいです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page