top of page
  • れな

好きな人にすっぴんを見られるのが怖い、という女性は。

メイクが上手になればなるほど、リスクもあります。

すっぴんとの差が大きくなるため、好きな人にすっぴんを見られることが怖いと感じるようになりがちです。

メイクやおしゃれを磨いて容姿に自信が出たのに、恋愛を怖く感じてしまう女性もいるでしょうか。



シャワーを浴びなくてよくするには、体内を綺麗にするとよい。

彼とラブホテルに入ったときに、セックス前にシャワーを浴びると彼にすっぴんを見せることになります。この流れが怖いのでしょう。

それなら、彼とセックスの関係になっても、シャワーを浴びずにセックスが出来るようになればよいのです。


自分の体臭が臭いと感じていると、「セックスの前にシャワーを浴びないわけにいかない!」と萎縮してしまいがちです。体臭の薄い女性は、セックスの前にシャワーを浴びなければ、とはあまり感じないのです。そして実際、シャワーを浴びずにセックスを始める女性も多いです。


体臭の原因は何でしょうか?

タバコを吸う、お酒をよく飲む、暴食をする、辛いものを好んで食べる、肉食が盛ん、といった食生活をしていると体臭が悪化しやすいです。自覚があるなら、食生活を改めていきましょう。バブル世代の人々の食生活を真似ないことです!

また、汗をあまりかかない人のほうが汗が臭くなります。冷房に頼りすぎる人、運動を怠る人は汗をあまりかかず、体臭がきつくなりやすいです。冷房に依存しすぎることを控えましょう。適度に体を動かしましょう。



誰を好きになるか、も重要。

ラブホテルに入って彼と抱き合ったとき、彼が臭いと感じればやはり、「先にシャワーを浴びましょう」と言いたくなるでしょう。

男性もやはり、生活習慣によって体臭のきつい人とそうでない人がいます。

タバコやお酒を好み食生活の荒い人は、体が臭いです。

お肉ばかり食べるスポーツ選手は体が臭いです。

焼肉や豪華な外食を好む裕福な人は体が臭いです。

運動もせずエアコンに依存的なだらしない人は体が臭いです。


体をよく動かし、ヘルシーな食生活をする男性は、体臭が薄いです。セックス前にシャワーを浴びなくても、あまり気にならないでしょう。

多少の体臭はセクシーに感じるのではないでしょうか。



バブリーな人ほどこの悩みに陥りがち。

つまり、バブリーな感性を持つ女性ほどこの悩みに陥りがちなのです。

自業自得というわけです。


自分の生活習慣を改めていきましょう。すると、好きな男性のタイプも変わっていくはずです。



メイクとスキンケア、両方に取り組みましょう。

「美人になりたい」と思ったとき、まずはメイクやおしゃれを磨くほうが手っ取り早いです。それでよいでしょう。

しかし、ある程度メイクが上手になり、「可愛いね」と言われることが増えたなら、さらにメイクに凝るのではなく高価な服を買うのではなく、スキンケアに力を入れ始めましょう。

素肌を美しくしていきます。

また、微笑む習慣をつけましょう。笑顔がにこやかになると可愛くなります。

ゴージャスに着飾らなくても自信が持てるように、ムダ毛処理をしたりダイエットをしたり励みましょう。過度なダイエットは禁物です!

「素肌の自分」に自信が持てるようになると、メイクやおしゃれは穏やかになっていくはずです。すると、すっぴんとの落差も小さくなり、すっぴんを恐れなくなります。



メイクすることが悪いわけではないです。

すっぴんで街に出ていくべき!という話ではないです。

メイク技術も磨き、メイクや華やかなおしゃれも楽しみましょう。


あなたがすっぴん美人であるとしても、男性はあなたのメイクした姿を魅力的に感じもするでしょう。メイクにはそういう効果があります。

デートのとき、口紅を引いてみたり頬に少しチークを入れてみたりしましょう。まつげをぱっちりカールさせてみたりしましょう。彼は喜ぶはずです。

「メイクする私も可愛い。すっぴんの私の可愛い」それが理想的です。

両方を楽しめばよいです。両方を褒めてもらえるように目指せばよいです。


また、恋愛だけでなく社会性の面においても、メイクが上手になっておいたほうが良いです。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page