top of page
  • れな

女性も誰もが淫乱です。

素直に恋愛やオシャレ、セックスを楽しめる女性は増えてきました。

昭和の時代よりもずいぶんとオープンになりました。

しかし、女性たちの性的抑圧の解消はまだ充分とは言えません。

女性たちは、性欲について話すことができたとしても、自分の淫乱さについて打ち明けられない人が多いことでしょう。そればかりか、自分の淫乱さに不安を感じている人が多いことでしょう。「私は変態なのでは?」と。



女性も、誰もが淫乱です。

安心してくだださい。

女性たちも、誰もが淫乱です。淫乱というのは「ドスケベ」という意味です。

すべての女性が、とは言いませんが、恋愛適齢期の女性の90%以上は淫乱であり、ドスケベです。つまり、激しい性欲を持っています。

あなただけではないのです。身近な友人たちも、テレビの中の有名人たちも、ほとんどが同じです。

あなたと同じように、淫乱である自分を見せられないだけなのです。


体験人数が2人にもなれば、女性はほぼ皆、淫乱になります。



男性のほうが、性的衝動に対して正直なだけです。

アダルトビデオやレディコミなど、見ることがあるでしょう。

そこでは男性が、乳房にむしゃぶりついていたり、野獣のように腰を振っていたり、子犬のようにディーブキスをするさまが映ります。

しかし、こうしたワイルドな欲求を持っているのは男性だけではありません。女性の多くも、抱いているのです。

男性の描写ばかりが目立つのは、男性のほうが性的衝動に対して正直なだけです。女性にも、このような願望はあるのです。


欧米の女性などは日本人女性よりも正直で、ハリウッドのロマンス映画など観ていると、女優さんのほうから男性に激しいディープキスや抱擁を迫るシーンを、時折りみかけますね。



キスに関しては特に、女性のほうが激しいものを求めます。

キスに関しては特に、女性のほうが激しいものを求めます。

なぜかと言うと、女性の唇のほうが性的官能が強いからです。女性は唇や舌に性的快感を覚え、膣が濡れたりうずいたりするような反応を感じます。

男性はそうでもないようです。女性のほうがキスの性的官能が大きいので、気心の知れた二人は女性側のほうがキスを、激しいキスを求めるようになる傾向があります。



激しい衝動を誰もが持っている。

大声で泣きたい、大声で叫びたい、お腹いっぱい食べたい、スイーツを食べまくりたい、ジェットコースターに乗りたい、といった願望があるように、激しいものを求める衝動を、誰もが持っているのです。量に個人差はありますが、誰もが持っています。

そしてそれは、セックスでも同じなのです。


激しく舌をからめてキスをしたい。

激しく乳房を愛撫されたい。

激しく体中をまさぐられたい。

激しく律動してほしい。

激しく膣奥を突いてほしい。

激しくGスポットを刺激してほしい。

激しくクリトリスを刺激してほしい。

大きな喘ぎ声を出して官能したい。

何時間もセックスしていたい。

大きく股を開きたい。

騎乗位で激しく腰を振り続けたい。

えっちな言葉を叫びたい。


女性も、およそ誰もが、このような願望を抱いています。

このような願望を口にするのは淫乱すぎてはしたないと、女性たちは皆、恐れています。このような願望を彼にオーダーすると変態すぎて軽蔑されるのではないかと、女性たちは皆、恐れています。


激しいセックス願望があっても、荒々しい男性とセックスするのは間違い。

あからさまに言動が荒々しいのに、そんな男性と交際する女性がいます。そんな女性の多くは、激しいセックスが好きなのです。またはそういう願望を抱いているのです。激しいセックスがしたいので、それが実現できそうな荒々しい男性を選んで恋仲になります。

しかし、その考えは間違っています。危険です。

荒々しい男性はたしかに多くの激しいプレイをしてくれますが、あなたのニーズに合わせて行っているわけではありません。あくまで彼の激しい衝動を彼のペースでぶつけているだけです。

すると、二人の衝動が一致しているときは幸福ですが、一致していないときには女性の側が地獄のような思いをします。激しいセックスとレイプは紙一重で、あなたが激しいプレイを望んでいないとき、彼とのセックスは苦痛そのものです。


「優しく安全な人に、激しいプレイをオーダーする」のが安全。

激しいプレイがしたいとしても、優しく安全な男性を選んで体の関係になるべきです。普段は優しく接してもらい、優しいセックスをしてもらいましょう。

そして、あなたが激しいプレイを欲するときだけ、優しい彼にそれをオーダーするのです。そうすればあなたは、激しいプレイを安全に得ることができます。

彼は優しいので、激しいプレイをしつつもあなたの状況・要望を見てそれを親切にセーブするでしょう。あなたを傷つけたりはしないでしょう。



性的な会話のできる男性を見つけましょう。

安全に性的な会話のできる男性を見つけましょう。

性的な会話をしたからといって押し倒してこない、自制心とモラルの高い男性を見つけましょう。

女性が、優しいセックスと激しいセックスの両方を心置きなく楽しむためには、そういう男性と親密になることが大切です。

なおかつ、セックスの経験が豊富な男性だとよいのですが。


そういう男性はもちろん、多くありません。ほとんどいません。

だからこそ、見つけたときにはあなた(女性)の側からアプローチして親密になっていくことが、大切なのです。

女性でも、恋愛欲求や性欲、セックスについて、恥ずかしがらずに話せるようになることが大切なのです。


優しい男性に、誠実な男性に、温厚な男性に着目してください。そういう人の中から、セックスしたい男性を選んでいきましょう。



性欲を抑圧し続けると、表情は晴れないのです。

性欲を抑圧し続けると、精神が悶々としてしまいます。表情が晴れないのです。

それでは他のことに打ち込むのも難しくなってしまいます。

性欲を抑圧したまま年をとってしまうと、人生が不幸に感じられてしまいます。暗くなってしまいます。落ち込みやすくなってしまいます。

まずは、人並みにセックスを経験することが大切です。

そして無難なセックスだけでなく、こうした激しいセックスを思い切り経験することが大切です。あなたの願望に適ったものを、です。

自分の淫乱な面を、素直にさらけだせる人を見つけることが大切です。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page