top of page
  • れな

奉仕をするよりも・・・

「何か奉仕的なことがしたい」と思ったとき、少し思いとどまってください。

不特定多数の人々に奉仕をするよりも、好感を抱いた男性に「尽くす恋愛」をすることをお勧めします。



今の社会では、奉仕をしても不毛な結果に終わりそう・・・。

なぜ奉仕がだめなのでしょうか?

だめなわけではないのです。あなたのことが心配なのです。

今の日本社会は、欲深で不誠実な人ばかりです。口先だけの腹黒い人ばかりです。このような社会の中で、不特定多数の人々に「奉仕」をしても、「恩を仇で返される」ような不毛な結果になってしまいがちなのです・・・。

それはとても気の毒なことです。

「真の奉仕」とは、恩を仇で返されることも恐れずに差し出すことを言いますが、そこまでのことをやる必要はありません。それよりも、あなたのその献身精神が気持ちよく発揮できたほうが良いと思われます。



人に優しくしたいなら、「尽くす恋愛」をするとよいです。

人に優しくしたい、という思いがあるなら、不特定多数への奉仕ではなく、「尽くす恋愛」をするとよいです。あなたが女性であっても。

奉仕的なことをがんばっている男性に、ご飯を作ってあげたりマッサージをしてあげたり、助けてあげましょう。きっと彼は肩がこっています。

お金をあまり持っていない男性に、あなたがおごってあげたり、あなたのアパートでかくまってあげましょう。


「奉仕をしたい」と願うあなたは、恋愛においても精神性の高い男性に好感を抱くでしょう。そんな彼を助けてあげることが、とても有意義です!

その尽くしは、あなたにとって「素晴らしい恋愛」として跳ね返ってくるでしょう。そして、とても人助けになります!



裕福な男性と付き合って、弱者を助けたい?

「いいえ、恋愛は裕福な男性としたいの。そして安定を確保したうえで人助けをしたいの」という女性は少なくないでしょう。

そう考えているとすれば、おそらくあなたはレッドが弱いです。生計能力や根性が弱いと思われます。

その状態で、魂の成長や自己充足を見込んで奉仕活動をしようとしても、空回りしてしまいます。

人助けをする前に、自分がしっかりすべきです。体力のない人が人助けをしようとしても、足手まといになってしまいます。

生計を立てるだけの体力も根性もないのに、被災地に行って炊き出しをするのでしょうか?1時間で疲れて、かえって人の世話になってしまいます。現地ではあなたの食事と寝床を用意しなければなりません。



恋愛の喜びも知るべき。

「裕福な男性と恋愛したい」と考えている女性は、恋愛の喜びを知らないのです。

本当に人柄のよい男性とラブラブするとき、どれだけ心が高揚するか、あなたはまだ知らないのです。それを知ると、相手の収入などどうでもよくなります。恋愛において、彼におごってほしいなどと望まなくなります。

精神成長のため、というのではなく、あなたが「恋愛の本当の喜び」を味わうためにも、尽くす恋愛に心を開くとよいです。

あまりお金を持っていなさそうでも、魅力的な感性をしている男性を見つけたなら、彼をデートに誘っておしゃべりをしましょう。優しい雰囲気を感じたなら抱きしめてもらいましょう。


大天使になりたいですか?

恋愛の喜びを知らない人は、大天使にはなれません。

大天使たちは皆、賢明で奉仕的でありながらも、イチャイチャする恋愛が大好きです。ピンクの高い愛情深い人たちです。



ギャンブルやアルコールに中毒するようなだらしない男性に尽くすことは、まったく推奨していません!そういう話ではないのです。

看護師、保育士など献身的な仕事を好む女性は、ダメ男を好きになって尽くしてしまいがちですが、そのようなことは不毛です!

誠実な男性に尽くすなら、それは必ずあなたに還ってきます。彼は必ずあなたを幸せな気持ちにしてくれます。だからよいのです。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page