top of page
  • れな

声優(志望者)が持つ真の使命とは?

声優の仕事をしている人、声優を志望して勉強に励んでいる人、そのような人に向けた記事です。



声優の使命はエンタメを担うこと・・・?

声優の仕事をしている人、声優を目指している人は、「私も声優としてアニメなどのエンターテイメントを盛り上げたい!」と意気込んでいるのではないでしょうか。

それも間違いではありません。声優という仕事は、エンターテイメントを発展させるうえでとても重要な役割を担っています。


しかし、あなたの「真の使命」は、そうではないのです。



たくさんの脚本を通じて、哲学的精神を身に付けることが隠れた使命。

声優を志望するような人が持つ真の使命とは、哲学的な精神を身に付けることです。「霊的真理を悟る」と言い替えることもできます。


声優をするなら、必然的にたくさんの脚本を読むことになります。たくさんの物語に出会います。

物語の中には、霊的真理の核心を突くような哲学性を持つものがあります。声優たちは、脚本を読むことを通して、そうした哲学的精神を身に付けることを、自分の使命として設定してきているのです。



声優志望者にはペールコーラルのソウルカラーの人が多い。

声優志望者の多くは、アニメ声といいますか、声優向きの声を生まれ持つ人が多いです。

声優向きの声を生まれ持ち、さらに絶え間ぬ努力でその道を目指そうとするバイタリティのある人には、ペールコーラルのソウルカラーの人が多いです。

ペールコーラルは第12次元の色です。

あなたは第12次元に達した過去世を持つわけではないのですが、12次元に匹敵するような多彩な感性を身に付けた実績を持ちます。

「12色のオーラでどれも60点以上」というような過去世を持つのです。


表面的にはおっとりとした癒し系の雰囲気かもしれませんが、強い芯を隠し持っているでしょう。正義感や自己成長意欲があり、自然を愛する心を持っていたりするでしょう。ただの可愛い子ではないのです。あなたは、精神性が高いのです。


おそらく、声の個性だけで名声を得ることはうれしくないでしょう。本物の実力を身に付けたい、歌手としても本格派になりたい、といった高い理想を持つはずです。

水樹奈々さんなどを非常に尊敬するのではないでしょうか?



「戦うことは不毛だ」と悟ったりする。

声優の仕事をする中で、様々なストーリーを読むはずです。

そしてあなたは、「どれだけ戦っても、誰が勝っても、平和にはならないのだな」と悟ったりするでしょう。それが「哲学的精神」というものです。

たとえばこの「戦っても平和にならない」ということは、政治家も事業者も、偉人と呼ばれているような人々はまだ悟れていないものなのです。しかし声優さんは、このような真理に達してしまったりします。

そして、あまり名声も収入も追わずに、穏やかに暮らそうとするでしょう。



人が一途でないことを悟るでしょう。

あなたは、たくさんの脚本を読む中で、「人は一途でいるのは無理があるのだな」と悟るでしょう。多くのアニメや物語は、そういうことを描きます。

主人公たちはそれぞれ、誠実さや正義や思いやりを生きていますが、複数の異性にトキメキを感じ、揺れ動きながら生きています。本命の相手以外とも、セックスをしたくなってしまいます。アニメはこうした恋愛心理をリアルに描くため、あなたもそれをせきららに悟るでしょう。



急速に成長するポテンシャルを持ちます。

声優はこうして、「人はどうあるべきか?」ということをどんどん吸収していきます。

そのため、サラリーマンや主婦を生きる人々よりも気づきが速く、急速に心を成長させていけるポテンシャルを持っています。

すると、25歳くらいでもう、「オールドソウル」のような達観した精神に達することがあります。俗っぽいことがくだらなくなってしまうのです。

世の中は不誠実な人ばかりだと気づき、なるべくそれと関わらずに暮らしたいと願ったりするでしょう。

流行遊びはあまりせず、芸術に夢中になりながら暮らすのではないでしょうか。



芸能界・エンタメ界が嫌になったら、離れてもよいです。

特に平成世代以降の人において、声優として人生をまっとうすべきブループリントを持った人はいません。声優になる使命を持つ人においても、「声優を経験すること(物語を多く読むこと)」に意義があるのであって、その仕事を40年も50年も続ける必要はないのです。

精神的に達観してくると、アニメやゲームが幼稚に感じてきたり、芸能界の腹黒い体質に嫌気がさしたり、するでしょう。

そんなふうに精神的にフィットしなくなったなら、無理をせず引退してきてよいです。

あなたはおそらく、穏やかに暮らしたいと願っているでしょう。それを実践すればよいです。

優しい誠実な男性を求めるでしょう。そのような人を見つけて手を伸ばし、ひっそりと穏やかに暮らすとよいです。


特に、アイドル声優を演じる場合、その役割に違和感や苦痛を感じる人は少なくないでしょう。無理をせず引退してもよいのです。

また、自分にその使命があると感じていても、ディレクターにセクハラを強要されたりするならその仕事や業界を拒絶してかまいません。



俳優・女優を志す人にも同じことが言えます。

幼い頃から目立つことが好きで、かつ親から小児劇団などに入れられる人は、俳優・女優になる使命を持っている可能性が高いです。

このような人もやはり、お芝居の物語を通して哲学性を身に付ける使命を持っています。



声優アイドルになるのは良いが、恋愛を抑圧されると苦しいのでは。

声質が可愛いと言われたり、声優に興味があったりするなら、声優の道に進むのもよいです。

しかし、近年この業界では、声優はアイドルを兼ねることを求められます。そしてアイドルは「恋愛禁止」という規則があったりその重圧を背負うことになりがちです。

アニメ声のような可愛い声を持つ人は、体質的に性欲の強い人が多いです。恋愛をしたい気持ちは強いはずで、それを禁止されると苦しいのではないでしょうか?



声優志望者であるかにかかわらず、「アニメ声だね」「声が可愛いね」と言われるなら、恋愛欲求が強いはずです。恋愛を抑圧せずに、素直に楽しんだほうがよいでしょう。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page