top of page
  • れな

声が高い人、低い人がいるのはどうして?アニメ声の女性が増えたのはどうして?

容姿は「親ガチャ」の問題ではなく、当人のブループリントや魂の研さん度によって左右される、という話をたびたび書いています。

声についても同じようなことが言えます。



ソプラノ声域を持つのは、基本的にはブルーのオーラが高い人。

ソプラノ声域を持っていると、高い声が響き、目立ちます。歌手になりやすいです。

ソプラノの歌える高い声に憧れて育ってきた女性は少なくないでしょう。

ソプラノ声域を持つのは、過去世で5次元ブルーのオーラを達成した人です。魂が芸術の研さんを積んだ人、ということです。

声が高いことはもちろん音楽に有利ですし、音楽をしないとしても社会の中で目立ちやすく、表現者として目立ちやすくなります。この人が他者より有利なのは、過去世のがんばりによるアドバンテージです。



ピンクのソウルカラーのクリスタルチルドレンもソプラノ声域が多い。

平成世代以降においては、上記の法則はがらっと崩れてきています。

ピンクのソウルカラーを持つ天使のクリスタルチルドレンも、ソプラノ声域の人が多いです。

ピンクのソウルカラーのクリスタルチルドレンと言えば可愛らしい顔立ちをしている人が多いものですが、「声」においても女性らしい長所が与えられています。

歌手を目指すにも、タレントを目指すにも、声優を目指すにも有利で、そのアドバンテージが与えられています。タレント的長所を伸ばすブループリントは持っておらず、単に恋愛や仕事に有利であることを見越しているだけのこともあります。



ヴァイオレットのソウルカラーを持つ人は、声が低いことが多い。

ヴァイオレットのソウルカラーを持つ人は、逆にアルト声域であることが多いです。

この人は、過去世で音楽の能力をものすごく高めていたとしても、声が低いこともあります。魂が音楽の才能を持っていながらも、今生では奉仕や「縁の下の力持ち」を生きるブループリントを描いたからです。


地声の低い人は、「私は音楽の才能がないのだわ」と落ち込んでいることがあるかもしれませんが、むしろ逆である可能性もあります!あなたはアイドル歌手どころかオペラ歌手にすらなってしまう音楽的才能を持っているゆえに、それが表に出ないように低い声で生まれているかもしれないのです。声は低いが幼い頃から音楽の才能がある、という場合、おそらくそうでしょう。



様々なイレギュラーがあります。

上記はあくまで、基本的な法則性で、イレギュラーな境遇を持つ人もいます。

たとえば、ブルーのオーラが高く、過去世で音楽も絵画も高めてきた人がいるとします。今生では音楽ではなく絵画の道で活躍すべきブループリントを描いたため、低い声で生まれてきた、ということもあります。声が低くともブルーのオーラが高い人もいるのです。


「ソフィア」という助っ人宇宙人の人などは、音楽の道を進むべきブループリントを描いていながらもアルト音域の体を生まれ持つことがあります。彼女は普通に歌ってもライバルたちに勝てないと気づき、声の高さだけではない他の音楽の要素を、懸命に伸ばそうと努力するでしょう。結果的に、非常に多才なミュージシャンに育ちます。その総合力の高さを見せつけることが、彼女のブループリントなのです。声は低いけれど歌がとても上手く、なおかつピアノもギターも弾けて作曲も出来たりします。



ピュア・インディゴや「キリスト」はブループリントに則る。

ピュア・インディゴとは、優秀な宇宙人の魂を持つインディゴチルドレンのことです。「オールドソウル」などのことです。

彼らはソウルカラーがブルーでなくても、ブルーの人以上の芸術的才能を持っていたりします。


ピュア・インディゴの場合、「主なる使命は何か」によって、声の高い低いを決めてきます。「オールドソウル」の中には音楽的才能を発揮すべき人もいますし、芸術方面に行くべきでない人もいます。

芸術方面に行くべきではないけれど、可愛らしい声でアナウンサーやキャリウーマンなどの活躍をすべき人もいます。目立つべきではないけれど、恋愛の使命のために高い可愛い声を持つこともあります。


「キリスト」もこのような感じです。



歌声がものすごく高音域な人は、歌う使命を持つ。

歌声がものすごく高音域な人は、歌う使命を持っています。あまり努力をしなくても、レやミの音まで(ファルセットを使わずとも)出せてしまったりします。

たとえば、LiSAさん、YUKIさん(ジュディアンドマリー)、TRUEさん、浜崎あゆみさんなどがそうです。「キリスト」に多いです。

歌手になるだけでなく、啓蒙つまりメッセージソングを歌う使命を持ちます。



アニメ声なのは、ピンクパーソンと「ドルフィン」に多い。

声が高いだけでなく「アニメ声」な個性を持つのは、ピンクパーソンと「ドルフィン」に多いです。ブルーのオーラが高いだけでは声域が高いだけでアニメ声になることは無理で、ですから生粋地球人の魂の人にアニメ声の人はほとんどいません。



アニメ声なだけでは声優として大成しない。

アニメ声をしていると「声優になれそう」と言われることが多いでしょう。

しかし、声質がアニメ声なだけでは声優として大成するのは難しいです。立派な声優になるには、声が可愛いだけでなく、抑揚の使い分けというのでしょうか、表情豊かに発声できなければなりません。それは、発声練習や演技の練習を幅広く積まなければ身につきません。

自慢の高い声ばかりを出すのではなく、低い声もたくさん出して練習して、声帯を幅広く鍛える必要があります。このあたりの話は管理人様に伺ってください。



「天才的なアニメ声」は「ドルフィン」に多く、過去世での研さんによる。

P丸様。というYoutuberがいます。すみません、肩書きをどう定義してよいのか存じていないのですが、声優、歌手でありつつ動画作成などもこなし、マルチタレントな人です。「だだだ大統領になったらね~」の歌を歌っている人です。

彼女はアニメ声であるだけでなく、非常に抑揚のきいた柔軟な声をしています。「天才的なアニメ声」という感じです。

「鬼滅の刃」で人気を得た鬼頭明里さんも、声優としての練習をあまりしてきていない、とどこかのインタビューで話していましたが、実力派声優と評価されています。

このような突出したアニメ声を持つ人は、「ドルフィン」に多いです。ピュア・インディゴの宇宙人です。


しかし、「ドルフィン」だからというわけではなく、過去世での研さんによります。

歌手や俳優などの声を使う分野で一流になっただけでなく、「本音を赤裸々にさらけだす」というターコイズのテーマに強かったのです。「私は引きこもりだった」とか「単調な愛撫じゃ満足できない」など、一般人が恥ずかしくて打ち明けられないような本心を赤裸々に語る人生を送り、オープンハートに生きました。

このような感性を持つ人は、啓蒙の素質があるのです。啓蒙とは、「社会常識にとらわれないで!」と叫ぶことがとても大切だからです。


ピンクパーソンでも、このようにターコイズの高い感性を発揮して生きたなら、未来世ではP丸様。のような突出した声のセンスを生まれ持つことが出来ます。



生まれ持った声質もやはり、魂磨きの成果やソウルカラーに左右されるのです。

そして天才的なアニメ声であるためには、発声の能力があるだけでなく「赤裸々であること」が必要となります。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page