医療関係者は誠実でも低級霊に憑かれやすい。

低級霊に憑依されてしまうのは、不誠実な人や快楽主義な人に多いです。歓楽街に出入りするような人ですね。

しかし、誠実に生きていても低級霊の被害に遭いやすい人もいます。



医療関係者は誠実でも低級霊に憑かれやすい。

それは、医療関係者です。医師、看護師、マッサージ系の施術師、検査技師、医療事務、薬剤師など。

病院には、依存的な患者や金満主義な医師・代表者など低級霊に憑依されやすい人がわりと多いのです。そして、霊感の強いは、その影響を受けやすいのです。

「あ、こいつも霊感体質だから悪さしてしまえ」と、気まぐれな動機で低級霊が憑依することがあります。



妙に疲れやすい、と感じるなら低級霊の疑いも。

誠実に生きていても、「妙に疲れやすい・・・」と感じているなら、低級霊に憑依されている可能性が高いです。

とはいえ、医療現場は過酷で、常に疲れているのが当然、といった側面もあるため、切り分けは難しいところです。

同僚たちに比べて自分だけ元気がない、という感じなら、あなただけ過剰に疲労していることが考えれられます。低級霊の影響を受けているかもしれません。



低級霊をチェックしてもらうと良いです。

ご存じのことかと思いますが、当サイトの管理人様は低級霊除霊のセッションも行っています。チェックもしてくれます。しかも驚くほどに安い金額です。

懸念を感じるなら、チェックしてもうと良いです。



エーテルコードの被害も受けやすいが、どうしようもない。

ちなみに医療従事者は、エーテルコード(サイキックアタック)の被害も受けやすいです。それも低級霊憑依と同じような、疲労感や病気などの影響を生みます。

エーテルコードのチェック、カットも管理人様は行っています。


が、エーテルコード被害に関しては、どうしようもない面があります。

医療従事では人に依存されたり好意を持たれたりしやすいため、同じ仕事を続けるかぎりはカットしてもまた繋がってしまう可能性が高いです。

2,000円を払ってカットしてもらったところで、やがてまた、再発してしまうでしょう。

とはいえ、エーテルコード被害が過去の恋愛など他の要因のものも蓄積している場合、それは取り除いてもらうことで再発しづらいため、意味があると言えます。


管理人様は、チェックやカットだけでなく、再発防止のアドバイスもしているそうです。

「職場を変えればエーテルコード被害を受けにくくなりそう」というケースの人は、管理人様がそういうアドバイスをしてくれるでしょう。