top of page
  • れな

写真や動画に撮られたい。これって変?

読者様からリクエストをいただきました。


「私は自分のセックスを写真に動画に撮られるとすごく興奮します。これは異常性欲なのでしょうか?」


これについて書いてみたいと思います。



撮られてみたい女性は意外と多い。

異常性欲ではないです。

自分のセックス姿やオナニー姿を写真・動画に撮られてみたいと感じている女性は、意外と多いようです。

新手の風俗産業として、アダルト動画チャットというものがあります。ここには多数の女性がエントリーをしていますが、彼女たちの大多数は、撮られることに興奮するようです。お金を稼げるから脱ぐというだけでなく、撮られることを楽しんでいるようです。


女性たちは自分の裸やセックスを見られることを非常に恥ずかしがりますが、その一方で「撮られたい」という相反する願望も抱く人が多いようです。複雑で、興味深い心理です。



撮ってもらうなら、よほど誠実な男性を選んで!

「写真やビデオに撮ってほしい」とセックスパートナーにリクエストするのもよいでしょう。引く男性はほとんどいないはずです。男性たちも興奮し、喜びます。

しかし、よほど慎重に、誠実な男性を選んでください!

女性の裸やセックスを撮ったものを、アダルト業者に売ったり、アダルトサイトにアップロードする男性は少なくありません。自分の彼女の裸ですらそれをするのです!

そのため、「非常に誠実」というレベルの男性にのみ、お願いしましょう。

また、できればパソコンに詳しい男性であると理想的です。パソコンに疎い人は、流出させるつもりがなくてもデータを漏洩させてしまうことがあります。



ヌード写真の願望も、誠実な人に叶えてもらって。

近いものとして、「ヌード写真を撮られたい」というものもあります。

美しいスタイルを持つ女性は、若いうちに写真に残したいと感じることも多いようです。

これも満たしてもよい願望ですが、ヌード写真家を名乗るような人よりも、「きわめて誠実な人」に依頼するほうが良いです。ヌード撮影を仕事にしていても、シリアスなプロフィールを掲げていても、あなたのヌード写真をどう扱うか、わかったものではありません。

プロ並みの技術を持っていないとしても、誠実さの高い人にお願いするほうがよいです。



女性の6割は自分の裸を撮られたい?

以前何かの女性メディアで見ましたが、なんと6割もの女性が、自分のセクシーな姿を写真や動画に撮られてみたい願望を抱いているそうです。

過半数を超えているのですから、異常性欲とは言えないでしょう。

「カメラを向けられる」という行為に興奮するようです。

「いけないことをしたい」「はずかしいことをしたい」といった複雑な好奇心が、多くの女性にはあるようです。

また、アダルトビデオの出演に憧れるような感情があり、カメラを向けられることでそれを疑似体験できると感じるようです。



アダルト動画チャットはリスクが高い!

「撮られたい」と感じる女性は、アダルト動画チャットの出演に興味を抱くでしょうか。

アダルト動画チャットでは、マスクで顔を隠しながら出演することも可能です。基本的に、裸はお金を払った一部のユーザーにのみ見せる仕組みです。

「だから安全です」と業者は言うのですが、これを鵜呑みにしてはいけません。あなたの裸の映像を、パソコンやスマートフォンで録画し、ネットに流出してしまう人がいるのです!あなたの人生がボロボロになってしまいます・・・

また、顧客を獲得するためには無料ユーザーに対しても過激な姿を見せなければならないのが実情です。下着を見せたりM字開脚をしたりするのはもはや当たり前です。そして、ユーザーに乗せられて、乳首や性器を見せることになってしまう女性が多いようです。何千人という非常に多くの人に見られてしまいますし、それもまた録画され、ネットに流出させられてしまうことがあります。

「私の裸をみんなに見られてもいいわ」と言えるほど度胸のある人でないと、アダルト動画チャットはリスキーです。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page