top of page
  • れな

健康的な生活をしているのに太ももだけが痩せない。どうして?

食事はヘルシーだし運動もしている。体はスリムだが太ももだけが太い。

ダイエットをがんばっていて、他の部位は痩せてきたが太ももだけはあまり痩せない。

このような人がいるでしょうか。



アイドルになるべきでないブループリントの人。

あなたは、おしゃれやメイクが好きなのではないでしょうか?平均よりも美しい顔立ちを生まれ持っているのではないでしょうか?

それなのに太ももだけが太いという場合、あなたは「アイドルになるべきでないブループリント」を生まれ持っている可能性が高いです。

逆説的に言えばアイドルになる素質が高いのですが、しかしアイドルやタレント、芸能人になるべきでないのです。


縁の下の力持ちのような生き方をすべきか、またはあなたの女性的な魅力は不特定多数ではなく限られた精神性の高い男性に向けるべき、といったブループリントの人が多いです。



太ももが太いと、自然とミニスカートを避けようとする。

太ももが太いと、そこにコンプレックスを感じて自然とミニスカートの着用を避けようとするでしょう。ミニスカートが必要となるチアリーディングやバレエなどの美的スポーツを避けようとするでしょう。

ガイド霊はそのような行動を目論んで、あなたの太ももを太いままにしています。


おしゃれで可愛いあなたがミニスカートを好んではいてしまうと、明日にでも芸能事務所にスカウトされてしまうからです。バレエのプリマドンナになってしまうからです。

ガイド霊は、そのような脚光を浴びることを避けたいのです。



人生のある時期に、変わるかも?

「太ももだけが痩せない」というあなたの体質は、人生のある時期に急に変わる可能性があります。

たとえば、芸能界志望にまるで興味がなくなったときや、田舎に移住をしてスカウトのような勧誘がなくなったときなどです。

ある程度の年齢を過ぎたとき(高校卒業、20歳、22歳、25歳など)や、精神性の高い男性に出会ったときなどにもこのような変化が起こりえます。


不特定多数を魅了するのとは異なる目的で、あなたが美しい容姿を得るべき(得てよい)時期に差し掛かったのです。


美しい容姿を生まれ持つ女性の中には、芸能人になるのではなく、精神性の高い男性と恋愛すべきブループリントを持った人もいます。



容姿にこだわりを持つのは良いこと。

「美しい容姿を持ちたい」と願うのは、悪いことではありません。美意識は良いことです。

その動機が「芸能人になって富や名声を得たい(チヤホヤされたい)」といったものである場合に、ガイド霊が食い止めようとするときがあります。


太ももだけがなかなか痩せなくてやるせない思いをしていても、ダイエットやストレッチやマッサージは黙々と続けていくとよいです。それは何かしらあなたにメリットをもたらしているはずです!

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page