top of page
  • れな

体の相性はどのように決まるのか?

セックスにおける、性器と性器のフィット具合には、相性の良し悪しがある、という話を聞いたことがあるでしょう。

では、体の相性とはどのように決まるのでしょうか?



女性の体は恋愛の中で変わりうる。

「相性」と言うからには、どちらの体が良いかではなく、両者のフィッティングの問題です。

しかし、2人が恋愛を育んでいく中で、女性側の体の構造は、変わっていきます。

「彼との体の相性が変わってきた」「フィット具合が変わってきた」などという話も聞いたことがあるでしょう。こうしたことは実際に起こります。

恋愛を育むことで変わるのは、主に女性のほうの体です。

恋愛は、女性におけるカルマのゲームである側面が強いからです。女性側が恋愛をがんばるなら、彼とのセックスの快感も上がる、という仕組みです。



ピンクのオーラの高さに呼応する。

彼との体の相性を良くする要因は、簡潔に言えば「ピンクのオーラの高さ」です。

ピンクのオーラのスキル・感性が高ければ高いほど、あなたの膣や体の形状が、彼の体の構造に合わせて変化しやすくなります。

ただし、ただピンクが高いだけでなく、「その彼に染まる」といった感覚が必要です。

ただ可愛く着飾るのではなく、彼の好みに合わせておしゃれをする、メイクをする、といった愛情です。

その彼に対して優しくしようとしたり、献身しようとしたりする素直さです。

「その彼に染まる」「その彼に尽くす」という観念が最もわかりやすいでしょう。


その彼に素直に愛情を注いでいく中で、セックスを交わす際に膣の形やフィット加減が変わっていくのを感じる人がいるでしょう。

ペニスを挿入しやすくなったり、奥まで届きやすくなったり、挿入時の快感が増したりします。

あなたや彼の好きな体位において、特にフィット感が高くなったりします。


早ければ3か月程度で変化を感じます。

実際にはもっとかかるでしょう。


愛すれば愛するほど、恋愛の快感として跳ね返ってくるのです。



女性器の病気がその一環であることも。

女性器に関する病気や、子宮に関する病気にかかったとき、悲しみに暮れてしまうのが女性として自然なことです。

しかし、それは必ずしも不幸な出来事であるとはかぎりません。

女性器に関する病気や、子宮に関する病気は、あなたのガイド霊が、あなたたち二人のセックスライフの満足度を高めるために起こすことがあります。

たとえばその病気は、「妊娠がしにくくなる」と言われているものではないでしょうか。そしてその痛みや症状は、薬を服用することでかなり軽減できるものであったりはしないでしょうか。



恒常的な努力でも体の相性を変えられる。

特定の男性に染まる行為以外でも、体の相性を変えることは出来ます。つまり、今特定の彼氏がいなくてもセックスの満足度を上げる取り組みは出来ます。

開脚ストレッチです。脚が180度開く、というくらいにも股関節が柔らかいと、男性のペニスが膣の奥まで入りやすくなります。多くの男性のペニスが、奥まで入りやすくなります。


また、お尻周り、お腹周りのぜいにくを落とすことでも、ペニスが奥まで入りやすくなります。下半身のダイエットです。

ただし、あまりにもやせすぎると、体が骨ばってしまって痛くなってしまうでしょう。


「スタイル良くなりたい」と願い努力する女性は、セックスで大きな快感が得やすいのです。



性器だけでなく体型が変化することも。

ピンクが高まり、特定の男性に対しての素直な愛情が高まることで、性器の形だけでなく体型が変化することもあります。急にやせたり、バストが大きくなったり、といったことです。

「体型がコンプレックスで恋愛できない」と尻込みするよりも、飛び込んでみたほうが悩みの解決が速まったりするのです。



女性の体は色々と変化します。

膣が濡れやすくなったり、舌が官能するようになったりします。

女性の体は男性よりも、カルマ(因果)が反映されやすいのです。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page