top of page
  • れな

人生がツイてないない?孤独に強くなりましょう。

「最近ツイてないな」「運勢が悪い気がするな」そのように感じるなら、「孤独に強くなる」という取り組みをしてみましょう。



振りまわされることが多くなってきた昨今・・・

一人っ子家庭が激増したことから、マイペースに育った人が多くなっています。言い換えれば、ワガママ、自己中心的な人が多いのです。自分の望み通りにならないと気分を悪くしますし、自分の望みどおりにしようと親しい人を操作しようとします。

こうしたことから、友達付き合い、人間関係において、「振り回されているな」と感じることが多くなっているのです。



誰を友達に選んでもそう大差ない。

たとえば高校に入ったとき、出席番号の近い子や家の近い子、外見の近い子を選んでまずはグループを作るでしょう。親友を作るでしょう。

しかし、親密になればなるほど、相手のワガママやマイペースぶりが気にさわってきて、「あまり一緒にいたくないな」と感じはじめます。

2学期の頭など、ふとしたきっかけから、新しいグループ、新しい親友を見定めて交友関係を変えたりするでしょう。

しかし、そこでもまた、時間の経過とともに「あまり一緒にいたくないな」と感じたりするでしょう。

今の時代、マイペースに生きることが当たり前になっており、ほとんど誰も彼もがマイペースで自分勝手なのです。そのため、二人で遊んだり泊まり遊びをしたりなど親密な関係になればなるほど、相手の身勝手さを不快に感じます。

これは、いくつグループを変えても、親友を変えても、そう大差がないでしょう。


女性は特に、裏表の激しい人が多いです。公衆の面前では善い子ですが、家庭や親友の前ではとてもわがままになったりします。女性たちが、友情よりも恋愛を選んで男性と一緒にいたがる傾向にあるのは、こうした理由もあります。彼氏は女友だちよりも包容力がある(女のワガママを包み込んで当たり前と思ってくれている)ため、気が楽なのです。



孤独に強くなったほうがよい。

そのため、「どの子なら楽しく快適に過ごせるのだろう?」と懸命に友達作りをがんばるよりも、「孤独に強くなる」という取り組みをしたほうが、早いです。

そのほうが楽に、快適にストレス少なく過ごせるようになります。

女性はつるむ傾向にある生き物で、その習慣から、孤独を苦手と感じる人が多いです。それはそうなのですが、だから意図的に、「孤独に強くなろう」という意識を持って、自分の幅を広げることが大切です。


  • 一人でショッピングに行けるようになる

  • 一人でファーストフードやラーメン屋に入れるようになる

  • 一人で映画館に行けるようになる

  • 一人で休日を過ごせるようになる

  • 一人で音楽を楽しめるようになる


こうしたことです。



一人で時間を潰せると、ストレスや苦痛をこうむらなくなる。

ショッピングや映画、休日にのんびり音楽鑑賞など、一人で時間をつぶせるようになると、ストレスや迷惑をこうむらなくなります。

人生にトラブルは減り、苦痛は減ります。また、出費もかなり減ります。

疲れることが減ります。



友人選びに慎重になり、交友関係が改善する。

孤独に強くなると、交流の質も改善していきます。

「孤独でも別にいいや」と思えていると、友人選びを焦らなくなるのです。以前よりも慎重に人を見極めるようになるでしょう。そして、ただ趣味や服装が合うだけでなく、性格の良さそうな(合いそうな)人を選んで声をかけるようになるでしょう。

また、孤独に寂しさを感じていないと、人に声をかけられても「なんか違うな」

と思えば無理に応じなくなるでしょう。

遊びや行動を誘ってくる外交的な人は身勝手な人が多いので、こうした人に応じなくなるだけで、交流のストレスや迷惑はかなり減ります。



恋人選びに慎重になり、恋愛の質がよくなる。

孤独に強くなると、恋愛にも良い影響が出ます。

恋人選びも慎重になるでしょう。口説いてきた男性になんとなく応じる、ということは減るはずです。

女性を口説いてくる男性も、身勝手な人が多いです。口説き始めは、「美味しいワインのお店に連れていってあげるよ」などと気前が良さそうに見えるのですが、これは「口説く戦略」で、優しいわけではないのです。二人でいる時間が増えると、彼の身勝手さがどんどん露呈され、嫌になるでしょう。


孤独に強い女性は、男性選びが慎重になります。

口説いてくる男性は、軒並みパスするでしょう。

そして、自分から見て好感の高い、誠実かつセクシーな男性とだけ親密になります。誠実かつ趣味のあう男性とだけ親密になります。

当然ながら、恋愛の質がよくなります。

「誠実だがセックスが良質」「穏やかだがセックスが良質」といった男性を見極めるのが上手くなるでしょう。



孤独に強くなると、価値観が変わってくる。

孤独に強くなると、他にも利点があります。

価値観が変化し、人間的に成長するでしょう。

孤独に弱いうちは、流行に振り回される傾向にあります。とにかく人と会って、ひまつぶしに次々と流行を消費します。そのときはそれが上質、それが楽しいと感じて疑いません。人の多いところに行きたくなります。

孤独に強くなると、その感性が変わってきます。観光客の少ない、渋い温泉街に行きたいと感じたりするようになるでしょう。そして、渋い魅力に色々と気づきます。人の少ないところに上質なものがあったり、本当に誠実な人がいることに気づきます。

スピリチュアルな言い方をすれば、ロイヤルブルーのオーラが強くなります。

物事の本質が見極められるようになり、人生が洗練されてきます。


お台場のイルミネーションに連れていってくれる人が「良いオトコ」とは、思わなくなるでしょう。本当に魅力的な男性と恋愛するなら、デートはいつも、彼と家でイチャイチャしていたいと感じます。レジャーは不要で、むしろ邪魔です。彼とスキンシップしたり語っているほうがずっと楽しいからです。「本当に良いオトコ」というのは、そういうものです。



占いなど気にしなくなるでしょう。

占い、運勢など気にしなくなるでしょう。バイオリズムなど気にしなくなるでしょう。

自分である程度、人間関係や恋愛模様をコントロールできるようになるからです。

こういう女性は、幸せです。

毎日たくさんのレジャーを消費している、インスタグラムで派手な人が幸せなのではなく、本当に良質なレジャーや本当に良質な男性だけを選びとってそっと遊んでいる人が、真に幸せなのです。

大衆メディアは、こうしたことを教えてはくれませんが。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page