top of page

二十代で結婚をしないほうが良いです。

一般的に現代日本の女性たちは、「30前に結婚したい」と願います。

若々しい姿でウェディングドレスを着たい、といった思いが強いようですが、人生全般の幸福を考えるなら、二十代で結婚をしないほうがよいです。



恋愛やレジャーを抑圧されて苦しい思いをする。

若いうちに結婚をすると、最初のうちは鼻高々です。幼稚園の保護者の集まりや町内会の集まりで、自分だけ若々しく輝いているからです。優越感に浸れるでしょう。

しかし、若いうちの結婚は苦しい面もあります。それも、取返しのつかない苦しみです。

多くの女性は、2~3の恋愛を経てから結婚してもなお、男性に恋心を抱きます。色々な男性にトキメキを感じます。しかし、そんな彼とデートしたいと思っても、妻になってしまうとそれはもう叶いません。そのとき、大きな悲しみを感じるでしょう。

恋愛だけではありません。レジャーが多種多様になった昨今、25歳になってもまだまだ、やってみたいことはたくさんあります。あちこち旅行がしたい、沖縄で1か月くらいのんびり過ごしてみたい、フラダンスに本格的に挑戦してみたい、起業をしてみたい、色々な夢が芽生えます。しかしその多くは、結婚してしまうと許されなくなります。家庭を守る義務を優先すべきと言われるからです。


一般的に、女性たちが快楽に飽きはじめるのは35歳くらいです。

美貌にもかげりが見えはじめ、若々しい男性との恋愛は難しいと実感し、恋愛にもあきらめがつきます。

結婚をするのも、35歳くらいが適齢期と言えます。



二十代では精神的に幼い。

今では20歳でも大人と言えないような人ばかりです。これは25歳でも大差なく、二十代ではまだ、結婚に伴う苦痛に耐えるだけの精神が養われていません。だから結婚生活がとても苦痛に感じるのです。

結婚というのは、人の世話であり、人とのかかわりです。

これをストレスを感じずに上手くやっていくには、女性もしっかり働いて社会の世知辛さに耐え、なおかつ管理職を経験してからのほうが良いです。厳しい意見を言う人間の気持ちがわかってから結婚するほうが良いです。

「結婚は夫に甘やかしてもらえるものだ」と考えていると、あなたはとても辛い思いをするでしょう。

また、夫に甘やかしてもらう結婚生活を送ると、女性は急激に堕落し、急激に太ります。美貌も衰えます。



あなたがまだ二十代なら、結婚を焦らないほうが良いです。

セックスやレジャーなどの快楽欲求を、充分に満たしましょう。

社会に出て困難に耐え、人と関わるスキルを磨きましょう。

結婚はそれからのほうが良いです。

35歳くらいでも遅くないと考えてください。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page