不思議を秘めたおっとり天使「花の鎖」。

魂の質について語るシリーズです。

今回は「花の鎖」です。オーラソーマ好きにはこの言葉に聞き覚えのある人も多いことでしょう。B011番のボトルにこの名前がついています。

あなたはおっとりした美人ですか?「花の鎖」かもしれません。



守護天使の転生者。クリスタルチルドレン。

「花の鎖」はクリスタルチルドレンです。天使の転生者であり、中でも守護天使の転生者です。きわめて珍しい性質と言えます。

守護天使は普段、霊界からアドバイス役として昼夜仕事をしていますが、見識を広めるために体に宿って肉体転生することがあります。



スピリチュアルに興味はないが、天使であることには気づくかも?

「花の鎖」の多くは、スピリチュアルなことにあまり首をつっこまない傾向にあります。アセンションなど興味は無いでしょう。

しかし、クリスタルチルドレン特有の繊細な心身をしています。

お酒が苦手で、タバコの煙も嫌うでしょう。お肉があまり食べられなかったりします。肉野菜炒めは食べるが、焼肉は結構です、という感じです。

コスメやシャンプー、柔軟剤などの添加物に湿疹や違和感を覚えるでしょう。

「私はなんだか体質が変かも?」と感じて繊細さについて調べているうちに、「クリスタルチルドレン」という単語に達するのではないでしょうか。

スピリチュアルなことにはあまり興味がないが、自分がクリスタルチルドレンや天使の転生者であることは、なんとなく知っていたりします。



おっとりと平和に微笑んでいる。

「花の鎖」は美人が多いです。そして、おっとりと穏やかな性格をしています。

楽天的で、いつもニコニコしています。愛想がよいです。

美人なうえに愛想が良いため、何かと引き立てられ、窮地に追い込まれることはあまりないので、なおさらニコニコおっとりしていられます。


ひいきされやすいため、同性には敵を作りやすいです。あまり美人でない批判的な女性には、嫌われるでしょう。

これが極端になると、いじめられて大きく孤立したり、不登校に陥ったり、といったこともあります。

この場合、スピリチュアルな真理に強く興味を持つこともあります。浮世離れやアセンションに憧れたりするでしょう。



あまり優秀ではないが、真面目。

「花の鎖」は、勉強や一芸に秀でることはあまり無いです。通知表は3と4ばかり、という感じです。

あまり優秀ではないですが、従順で、学校の勉強や合唱祭などは真面目にやるでしょう。コツコツとやります。結果、それなりに何でもできたりします。

芸術は、得意でなくても好むでしょう。


進学校レベルの高校には進む人もいます。看護師など資格を要する仕事に進む人もいます。

しかし、国立大学や国家公務員など超難度な道は難しいでしょう。


根が真面目で、「がんばらなくちゃ!」という思いを持っています。健気な人で、周りから見てそれが可愛らしいです。



快楽主義に傾き過ぎることも・・・

可愛い顔で生まれ、チヤホヤされて育つので、ファッションや流行に傾倒しすぎることがあります。平成世代の「花の鎖」は特に、そういう人も多いです。

オシャレすることに夢中で、そのためにお金を欲しがり、不誠実なことに手を染めたり援助交際に踏み入ったりすることもあります。

スイーツやグルメにも興味を抱きがちで、ミーハー女子を一直線に生きてしまうこともあります。


快楽主義に傾きすぎたツケは、「不誠実な男性に口説かれ振り回される」という劣悪な恋愛となって跳ね返ってきます。また、レイプなどセックスのトラブルが多くなりがちです。そこから男性不信に陥ることも少なくないです。



サイキックを生れ持つが、自覚は無い傾向が。

「花の鎖」も、サイキック能力を生まれ持ちます。霊視は生まれつきあるはずで、小学校を過ぎてもそれは閉じないでしょう。

まぶたの裏に何かを視ていたりはするのですが、それがサイキックであることを自覚していないケースが多いです。



守護天使は「オールドソウル」と結びつけたがる。が、気づかない・・・

「花の鎖」はブループリントとして、人生の中で霊的な視点を身に着けたいのです。そのためこの人の守護天使は、「オールドソウル」に結び付けたがります。「オールドソウル」の男性が気になるように、彼のまわりをキラキラさせたり、頻繁に夢に見るようにしたりするのですが、しかし、どうも本人はそのサインに気づきません。


「花の鎖」は、繊細で平和主義なので、「オールドソウル」男性と相性が良いです。