top of page
  • れな

ヴァイオレットのオーラを持つ人は霊感が強い?サイキックが使える?

ヴァイオレットのオーラを持つ人は、特別な人という印象があります。

ヴァイオレットのオーラを持つ人は、霊感が強い、サイキック能力が使える、という印象があるのではないでしょうか。



厳密に言えば、ヴァイオレットのオーラを持つことは珍しくない。

「私はヴァイオレットのオーラを持っています」「私はヴァイオレットパーソンです」などと自慢するスピリチュアリストがいますが、実はヴァイオレットのオーラを持つこと自体は別に珍しくありません。

現代の日本や先進国で生きる人は、ほぼ誰しもヴァイオレットのオーラを多少なりとも持っています。100点満点中40点程度は、多くの人が持っています。


ヴァイオレットのオーラが60点もあるような人は、やや珍しいと言えます。

「ヴァイオレットのオーラが最も強く輝いている」という人もやや珍しいと言えます。とはいえ、50点程度のオーラ量でもヴァイオレットが最も強く出ることもあります。他の色のオーラが低いのです。



霊感・サイキックに関連するのはロイヤルブルーのオーラである。

ヴァイオレットのオーラの人はサイキック能力がある・霊感が強い、という印象がありますが、サイキックや霊感に関連するのはロイヤルブルーのオーラです。第6チャクラの色はロイヤルブルーです。



ヴァイオレットパーソンには多少の霊感を持つ人が多い。

ヴァイオレットのオーラを最も強く持つ人は実際、多少の霊感を持つ人が多いです。しかも、霊感を生まれ持つ人が多いです。

これは、過去世でヴァイオレットのオーラを鍛える人生を歩んだときに、霊感の開眼にも励んだケースが多いためです。


霊感・サイキック能力の開眼は、座禅瞑想やそれに類する精神統一によって覚醒しますが、宗教的な場では座禅瞑想に類する精神統一を課すことが多いからです。

そして、ヴァイオレットのオーラは主に宗教信仰や奉仕に捧げる人生によって伸びます。

そのため、ヴァイオレットのオーラを強く持つ人には霊感を生まれ持つ人が多いのです。


このような人は、たとえば東北地方のイタコや、沖縄のユタなどに多くみられます。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comentários


bottom of page