レイキ(霊気)の無料アチューンメント(伝授)は効果があるの?

執筆者:れなさん


いとも簡単にハンドヒーリングや遠隔ヒーリングが使えるようになることから、スピリチュアリストに大人気のレイキ。これの使い手になりたいと憧れている人も多いことでしょう。

しかし、レイキアチューンメントの金額は2~3万円が3回と、気軽に払える値段とは言えません。

そんなことから、無料で受けられるレイキアチューンメントは無いかと検索している人は多いです。そしてネット上には、無料のレイキアチューンメントを提供している人がちらほら存在しているのですが、はたして無料のものでも効果はあるのでしょうか?



残念ながら、無料のレイキアチューンメント(伝授)に効果は無い。

結論から述べます。はっきりと述べます。

残念ながら、無料で提供されているレイキアチューンメント(伝授)を受けても、レイキが扱えるようにはなりません。効果は無いのです。

無料でレイキアチューンメントを提供している人には、効果が無いことをわかっていて人を集めるために行っている人と、善意ではあるがレイキのことを理解できていない人と、2通りがあります。

いずれにせよ、アチューンメントとしての効果がないことには変わりありません。



レイキ(霊気)のアチューンメントは、アセンテッドマスターの承認が必要。

レイキのアチューンメントを成功させるには、アセンテッドマスタークラスの守護霊の承認が必要になります。

一般的には、レイキティーチャーが希望者の受講を承認し、レイキアチューンメントを施すことで、アセンテッドマスターも承認します。

レイキの敷居は格段に低いのですが、しかし誰でも扱えるわけではないのです。


創始者の臼井氏は、鞍馬山にこもって21日間の断食と瞑想を続けたことで、レイキを感得しました。

現代において、この苦労と熱意は「受講料」という形に置き換えられています。アセンテッドマスターは、レイキに対して2万円、3万円を払う人に対して、「相応の覚悟がある」とみなします。

しかし、ネットの記事を読み漁って無料でレイキを得ようとする人に、相応の覚悟があるとは言えません。ですから、無料アチューンメントなるものを受けても、レイキは使えるようにはならないのです。



シンボルやマントラを知れば良いというわけでもない。

レイキには、それを色付けして発動させるためのシンボルやマントラという概念があります。呪文や魔法陣のようなものです。

これを知ればレイキが使えるようになる、と思っている人が多いようなのですが、それは誤りです。

シンボルやマントラも秘儀とされ、受講者にしか教えてはならないものとされていますが、かといって、別にシンボルやマントラを知られたところで、あまり問題は無いのです。

シンボルやマントラは、あくまで短縮ダイヤルのようなものです。レイキの承認を受けていない人がいくらシンボルやマントラを操ったところで、レイキは発動しません。



レイキの「アチューンメント」とは?回路を開く儀式のようなもの。

レイキにおけるアチューンメントとは何なのでしょうか?一般生活ではまるで聞きなれない言葉です。

アチューンメントとは、レイキの回路を開く儀式のようなものです。

対面ヒーリングを受けるようなことを、10分前後×3~4回行います。

この儀式を受けることで初めて、レイキが使えるようになります。

「アチューンメント」という言葉は、レイキの授業全体を指す場合と、この回路開きの行程を指す場合と、2つの意味合いがあります。

最初は少しややこしいかもしれません。



レイキを「使いこなす」には、アチューンメント(回路開き)を受けるだけでは不充分。

レイキを「使いこなす」ためには、アチューンメント(回路開きの行程)を受けるだけでは不充分です。これは、理解していないティーチャーが山ほどいます。

レイキは誤解の多いものです。すべての病気が治るわけではありませんし、誰でも守護存在と会話できるようになれるわけではありません。

レイキのアチューンメントを受けると体が繊細になり過ぎて、困ったことも多々起きます。

そうした細々としたことを、受講者はティーチャーから教わり、理解することが大切です。

無料アチューンメントを謳うネット記事や冊子にもそうしたことが多少は書いてあるでしょうが、読んだとしても、あまり頭に入っていないでしょう。また、充分な説明がなされていないものばかりです。



セルフヒーリングを怠るなら、回路はやがて閉じてしまう。

レイキのまっとうなティーチャーは、「日々のセルフヒーリングが大切ですよ!」と力説します。セルフヒーリングは、体の各部に手を当てながら、座禅瞑想のように心を鎮める作業を言います。必ずしも心を鎮めなくてもヒーリングは流れるのですが、基本形として、静かに行うことを教えます。

しかし、レイキアチューンメントを受けた人の多くが(およそ9割9分が)、セルフヒーリングを怠けてしまいます。21日間は先生から宿題を出されて行うかもしれませんが、それくらいでパッタリと絶えてしまうでしょう。続いてもせいぜい半年です。

このようなレイキヒーラーは、レイキの回路が閉じてしまいます。レイキヒーラーでなくなってしまうのです。

レイキスクールでは、「レイキの回路は閉じることはない」と教えているのですが、それは誤りなのです。使う器でない人に、レイキは流れません。



無料レイキアチューンメントを行うような人は、レイキが閉じた人ばかり。

そして、レイキティーチャーを名乗るような人にも、実はレイキ回路が閉じてしまっている人が大勢います。恐ろしいことですが、「大勢」いるのです!

無料レイキアチューンメントを提供しているような人というのは、レイキ回路が閉じてしまっている人です。

なぜなら、きちんと回路が開いているなら、相手にレイキが流れているか、霊触サイキックでわかるからです。効果が無いのに無料アチューンメントの記事や冊子を提供し続ける人というのは、レイキが流れているか否かが判別できていないのです。



お金を払わなくても、レイキを会得できることもある。

レイキの「無料アチューンメント」的な概念が、まったく無いわけでもありません。

精神性と識別力の高いレイキティーチャーが、「この人なら大丈夫だろう」と認めた場合、お金をとらずにアチューンメントを行っても、レイキが使えるようになることがあります。

とはいえ、これが実現するケースは極めて稀です。


また、ティーチャーからアチューンメントを受けなくても、レイキを会得できてしまうこともあります。臼井氏がそうであったように、独自になんらかの修行を続けるなら、アセンテッドマスターがあなたにレイキを授けることがあります。


とはいえ、こうしたイレギュラーなケースでは、1stディグリー程度の初歩的なレイキしか扱えないでしょう。傷や病気の治りがちょっと速くなる程度です。遠隔ヒーリングはできないでしょう。



レイキやエネルギーワークに興味があるなら、先に霊触サイキックを会得したほうが良い!

レイキやそれに類似するエネルギーワークを使えるようになりたいと思っているなら、先に霊触サイキックを会得したほうが良いです。でないと、だまされてしまいます。


霊触サイキックとは、不可視のエネルギーを触感として感じ取る能力を言います。レイキで言えば、レイキが流れてきたときに、体の一部または広範がポカポカと熱くなる感覚です。10分も経てば汗をかくほどです。

霊触サイキックがあるなら、たとえば遠隔でレイキアチューンメントを受けた際、自分にエネルギーが飛んできていることが実感できます。ティーチャーがきちんとレイキ能力を持った人で、無事アチューンメントが届いているとわかります。


レイキのまともなティーチャーは、受講希望者に対して、「アチューンメントの1週間前から体内浄化をして」と指示します。肉食やアルコール、タバコなどを絶つように言うのです。これは、体内をキレイにすることで霊触サイキックが得られるからです。大体、一週間も菜食主義的な食生活をしていれば、少なからず霊触サイキックが会得できます。完全な菜食でなくても大丈夫です。

その繊細な状態でアチューンメントを受けると、「何かエネルギーが入ってきた!」「自分の手からエネルギーが出るようになった!」ということを実感できるのです。

この実感が無いなら、あなたはレイキを使えていないでしょう。ティーチャーが回路の閉じた人であったか、あなたの食改善が不充分だったか、です。


無料のレイキアチューンメントを受けて、エネルギーの触感を感じていないなら、あなたはまず間違いなく、レイキを使えるようになっていません。



レイキの無料ヒーリングを提供します。霊触があるか確認してみましょう。

レイキアチューンメントに関しては有償で施すべきですが、レイキヒーリングに関しては無料でどんどん提供して(受け取って)かまわないものです。

「れなの遠隔レイキを受け取ります」と心の中で念じてみてください。あなたに10分間、レイキが流れます。胸のあたりに流れます。

胸のあたりがポカポカするか、感じてみてください。

胸にポカポカ暖かさを感じるなら、あなたは霊触サイキックを持っています。

何も感じないなら、あなたは霊触サイキックがありません。レイキアチューンメントはもちろんのこと、その他のエネルギーヒーリングも、お金を出して受けたりはしないほうが良いです。だまされてしまいやすいですし、流れていても何も実感できないでしょう。


れなの遠隔レイキは何回でも流れます。食浄化など取り組んだなら、また試してみてください。



レイキは便利。でもとても地味。

レイキは素晴らしいツールです。スピリチュアルなメソッドの中で、最も推奨できます。リコネクションヒーリングよりも、サイキックプロテクションよりもずっと上です。

なぜなら、レイキはリコネクションヒーリングやプロテクションをはじめ、あらゆるエネルギーワークを内包しているからです。

しかし、その万能性を理解していないレイキヒーラー・レイキティーチャーが多いのです。

レイキは、そのまま流すだけなら無色透明で、シンプルな回復エネルギーが流れます。しかし、意図をすれば、リコネクションヒーリングと同じように第三の目の活性を促せますし、クンダリーニエネルギーを強化することもできます。

レイキにとってこの「意図」が大切で、エネルギーの質をしっかり意図(指示)してやるなら、どんなヒーリングにもなるのです。

しかし、「意図さえすればどんなエネルギーにもなる」ということをほとんどのティーチャーはまともに教えないため、ほとんどのレイキヒーラーは、「レイキってつまらないな」と感じます。リコネクションヒーリングやクンダリーニレイキのほうがカッコイイと感じてしまうのです。そして、それらに飛びつきます。無用にお金を散財しまくっているのです・・・。


レイキが使えるのに、さらにアバンダンティアだの青龍だのと無数のエネルギーワークの看板を掲げているヒーラーは、つまりレイキをまるで理解できていないのです。レイキを活用できていません。

レイキは500色入りの色鉛筆のようなものです。すでにあらゆる色がそろっているのに、それに気づかずにバラ売りの色鉛筆を買い漁っている、それが多くのスピリチュアリストにみられるコッケイな振る舞いです。

レイキは、あらゆるエネルギーワークを内包しています。



地味なレイキの有意義さに気付いて!

また、結局のところ、回復用のシンプルなレイキが、最も活用度が高かったりします。

他のエネルギーワークは1回受ければ充分といったものが多く、期間限定のキットカットのようなものです。しかし普通のレイキは、毎日コツコツと浴び続けることで病気を治し、病気を防ぎます。ケガの治りを速め、筋肉痛の回復を速めます。目に見える派手な効果ではないのですが、しかし非常に有意義で、実生活に役立つものなのです。

回復力を高めるということは、肌細胞の再生にも働きます。つまり、美肌やアンチエイジングの効果もあるということです。

だからレイキを有効活用している人は、とても若々しい外見を保ち続けているのです。ほっぺがキレイなのです。

このことに気付くと、レイキが楽しくなります。地味なヒーリングを楽しく感じ、ありがたく感じます。



レイキの誤解:あらゆる病気を治すわけではない!

レイキの宣伝文句として最もよく見られるのが、「レイキはあらゆる病気を治す」というものです。しかし、これは誤りです。

レイキはたしかに、あらゆる病気を治す力を持ってはいます。しかし、敢えて治さない病気もあるのです。


レイキは、受け手の魂のブループリントに呼応します。その人にとってガンを患うことが必要なら、いくらレイキを熱心に流しても、ガンは治りません。生活習慣病の類は生活の不摂生からくるものが多く、患者はその教訓を得るべきなので、レイキでは治らないことが多いです。

また、寿命を迎えるために発症する病気というものがあり、これもレイキは治しません。

とはいえ、ガンなどがレイキで治ることもあります。神秘を体験して「非科学的なことってあるんだ!」と気づくべき人は、レイキでガンや脳卒中、難病が治ることもあります。しかし、神秘を体感させたらレイキの役目は終わりで、彼が再びその病にかかるなら、今度はレイキでは治らないでしょう。次は生活習慣の改善で治す必要がありますし、または寿命などの宿命を受け入れることが大切です。


レイキを習いたがる人は、「親の病気を治したい!」などと高い志をかかげる人も多いです。しかし残念ながら、レイキはその尊い願いを叶えてくれない可能性が高いです。

そしてレイキティーチャーは、これをしっかり受講希望者に教えるべきです。

これをちゃんと教えているレイキティーチャーはほとんどいません。日本に2~3人しかいないでしょう。



レイキの誤解:トラウマを癒す力は無い。

レイキの効能として「トラウマを癒す」と掲げられていることも多いです。特に2ndディグリーや第2シンボル・マントラの時に説明されます。しかし、実際にはレイキにトラウマを癒す力はありません。レイキに限らず、トラウマを癒せるセッションやグッズは存在しません。

トラウマは、対峙して乗り越えるしかないのです。



レイキの誤解:「2乗倍の法則」は誤り。

レイキには、「2乗倍の法則」というものが説かれています。2人のレイキヒーラーで送れば回復量は2倍に、3人のヒーラーで送れば4倍に、4人に送れば8倍に・・・と、2乗倍ずつ効果が上がっていく、というものです。

しかし実際には、そんな天文学的な割合で回復量が上がったりはしません。

2人でレイキをしても、回復量は2倍にすらなりません。1.2倍くらいなものです。3人でレイキをしても1.3倍くらいなものです。

レイキには「自動調整」という機能があり、必要なぶんだけのエネルギー量が調整されて流れます。そしてこの必要量は、守護天使が勝手に判断します。患者の意図は反映されないのです。



レイキの誤解:レイキを多用してもタフにはならない。

レイキでは、「墓場で頭痛を覚えたりするような繊細な人も、レイキを繰り返すことでタフになる」と説きます。しかし、これは誤りです。

<