top of page
  • れな

ホ・オポノポノとは?カルマ浄化や幸運の効果があるの?

流行ったのはひと昔前と言えるでしょう。

「ハワイのホ・オポノポノを唱えれば幸せになれる」といったメソッドが人気を博していたことがありました。

ホ・オポノポノにはカルマの浄化や幸運招福の効果があるのでしょうか?



迷信のようなものにすぎない。

結論から言えば、ホ・オポノポノとは迷信のようなものです。

日本で言うところの「神棚にお供えをしなさい」「悪いことをしたらバチが当たるわよ」といったものと同様な類です。

つまり、これを熱心に実践することには大した意味はありません。



「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」と唱えれば幸せになれる?

ホ・オポノポノとは、実は幾つかの流派があります。

もとはハワイやポリネシア地方で古くから道徳教育に用いられてきた教えです。

日本や欧米で流行ったのはそれとは異なり、欧米人のスピリチュアリストが1980年頃に現代人向けに編纂したものです。多くの人が知っているのはこちらでしょう。


「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」と唱えれば幸せになれる、カルマが解消される。

と提唱するものです。

「ハワイのスピリチュアルな教えだ」というところから、この表面的な内容だけでどんどんブログで賞賛する人が増え、2010年頃にちょっとしたブームになっていました。


「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」と唱えても幸せにはなりませんし、カルマが解消されたりはしません。



多くの人は、「簡単に幸運になれる」と酔いしれた。

ホ・オポノポノに飛びついた人の多くは、「簡単に幸運になれそうだ」という浅はかな理由でこれをもてはやしました。

なにしろ「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」と唱えるだけで幸運になれるというのですから、他のどんなスピリチュアルメソッドよりも簡単です。

「ハワイのスピリチュアルなマントラである」という形容詞によって、これら4つの言葉を唱えるだけで不思議なことが起こるのだろう、と思い込んだのです。

そして多くの人は、これに効果があったのか無かったのかわからないまま、忘れていきました。



感謝やゆるしに感動して力説する人々。

ホ・オポノポノを、情熱的に語る人もいました。

「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」と唱えることは人としてとても素晴らしいことだ!と感動して、これに不思議な効果があると信じたのです。

このような人は団塊世代やバブル世代の女性に多いです。

甘やかされ貢がれて育った彼女たちは、「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」と人に言う習慣が希薄だったのです。それゆえに新鮮に感じたのでしょう。

または旦那や彼氏がこのようなことを言わない人であるため、「彼がこんなふうに素直だったら私たちにトラブルは起こらなかったのに」と思ったのです。


しかし、子供の頃からある程度の道徳を持って育った人にとって、「ありがとう、ごめんなさい」と素直に言うことは当然で、「なぜこんなメソッドが流行るのだろう?」と首をかしげていたでしょう。



スピリチュアルとして絶賛するような内容ではない。

「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」を中心としたホ・オポノポノの教えは、無意味とは言えないでしょう。

子供たちに道徳を教えるのに多少役立つと言えます。

「悪いことをしたらバチが当たるのよ」と古い仏教の家庭で教えていたのは、子供たちの情操教育に多少役に立ったようですが、同じ程度の意義はあるでしょう。


しかし、別にこれを唱えることで神秘が起こるわけではなく、この思想に特別性があるわけでもありません。スピリチュアリズムとして賞賛するような内容ではないです。


配偶者や家族、身近な人々に、「ありがとうと言うべき」「ごめんなさい」と言うべき。「愛しているわ」と素直に伝えるべき。それはそのとおりです。しかしこれは単なる道徳です。小学生で教える道徳で、大人になって賞賛するのは恥ずかしいものがあります。

「許してください」と人に言うのは良いことかどうか、微妙なところです。「ごめんなさい」はよいですが。



恋愛にわだかまりを抱えているでしょう。

ホ・オポノポノに夢中になる人は大抵、恋愛にわだかまりを抱えているでしょう。

素直に「愛してる」と言えなかったゆえに彼とこじれたり、愛する人を振り向かせられなかったりの失恋を繰り返してきたのではないでしょうか。

または「ありがとう」「ごめんなさい」を言ってくれない男性とばかり恋愛してきて、こじれてばかりきたのではないでしょうか。

どちらにせよ、「男性に貢いでほしい・尽くしてほしい」という強欲な恋愛観で、愛のない交際を繰り返してきたのではないでしょうか?


好意を持った男性に素直に「愛しています」と言えるようになりましょう。

マントラを唱えてもあなたは変わらないのです。しかるべき場面であなたが「愛してる」「ありがとう」「ごめんなさい」と言うようになったとき、あなたの人生は変わっていきます。

男性を巧みに振り向かせようとするのはもうやめましょう。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page