top of page
  • れな

ブループリントとは何なのか?

「人生のブループリントを達成すべき」などといった表現があります。

これは、人生の設計図のようなものです。

そこまでは知っている人も多いでしょう。



ブループリントは、何かを学ぶためにある。

ブループリントは、「使命」と似た言葉です。この記事においてはどちらでもよいです。

ブループリントにせよ使命にせよ、その仕事や環境に到達したことで、得意気になってしまう人が多いです。そこへの注意喚起が、この記事の主題です!


ブループリントや使命は、主に「貢献する何か」のことを指します。

とはいえ、貢献することで満足しては不充分なのです。あなたはあなたで、そこから何かを学んだり気づいたりすることが大切です。



アナウンサーのブループリントは、報道・・・?

たとえば、アナウンサーを強く志望するような人にとって、ブループリントはアナウンサーの仕事や報道であったりします。

しかし、テレビに出演して滑舌よくニュース原稿を読んだら、それで人生は成功なのでしょうか?

違うのです。

あなたは今生を始める際、「アナウンサーの仕事の中で気づきを得る」という目標を掲げました。それを満たすことが重要なのです。


たとえば、アナウンサーの仕事をしていると、海外の様子をリポートする業務があるでしょう。

あなたに課せられた仕事は、「中国の賃金が日本を追い越し始めた」というニュースを現地の熱気を交えて伝えることです。

撮影が終わったあとにプライベートの時間を与えられ、好奇心から路地裏を歩いてみるでしょうか。するとそこには、高層ビルが立ち並ぶ表側からは想像もできないような、古ぼけた路地が佇んでいます。飲食の屋台がぽつんと出ていて、1杯わずか200円のラーメンを懸命に振る舞う店主と、それを大事そうに食べる道路工事の大工がいます。


あなたはそこで、何を思うのでしょうか?


先ほどニュース番組の収録で述べた「中国は日本を追い抜くほどの先進国になった」という言葉を、撤回したいと感じるのではないでしょうか?



真実とは何か?報道の使命とは何か?

上記のような感じで、様々な国や土地の様子を垣間見るでしょう。

垣間見ると、ニュース原稿の内容とは食い違う様子を目撃することが、何度もあるでしょう。

そしてあなたは、どうするでしょうか?

上司に言われた通りにしゃべることが、あなたにとっての正義でしょうか?

ある種の人は、そんな出来事を繰り返す中で、アナウンサーであることが嫌になります。

自分の目で見たことを、自分の見解で、世に伝えたいからです。

自分の見解で、SDGsを語りたいからです。


そしてあなたが、高収入も名声も手放してアナウンサーを辞め、中国や世界の真実の姿についてありのままにブログなど書くようになったなら、「あなたのブループリントは達成された」ということになるのです。


気づいていますか?

世の中にはそのように、敏腕アナウンサーになるほどの手腕がありながらも、お金も名声も得ずにブログを書き続けるような人もいるのです。



アナウンサーだけの話ではありません。

教師とは、教育する過程の中であなた自身が何かを悟るべきなのです。

母親とは、養育する過程の中であなた自身が何かを悟るべきなのです。

アイドルとは、歌い踊る中であなた自身が何かを悟るべきなのです。

声優とは、脚本を読み演じる中で、あなた自身が何かを悟るべきなのです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page