top of page
  • れな

ピンクのオーラを極めたいならヴァイオレットも必要。

「ピンクのオーラで70点に達するには?」の続編とお考えいただければと思います。まずはそちらを読んできてください。



ピンクのオーラは、13色の中でも特殊な立ち位置にあります。

知性や体力が高くなくても伸ばすことが可能で、真面目に生きていなくても高得点に達する人がいます。

しかしその反面、ピンクで70点を超えたい、100点を目指したいと考えるとき、第7次元ヴァイオレットの感性もかなり必要になってきます。



ピンクは「可愛らしさ」の色。

ピンクは「可愛らしさ」の色です。

昔はそうでもなかったですが、今の時代の女性たちは、「可愛くなりたい」とほぼ誰もが思っています。おしゃれが楽しく、メイクが楽しいです。中学生にもなると、「可愛い文字の書き方」を懸命に練習したりもするでしょう。

こうした意識によって、平成世代の女性はほぼ誰もが、ピンクのオーラが50点くらいには達します。



人を喜ばせる意識が必要。

しかし、それ以上に可愛くなりたい、それ以上にピンクの点数を上げたい、と願う場合、「可愛いことが楽しい」だけでは足りなくなってきます。お部屋にキキララのグッズを飾っているだけでは点数は上がらないのです。


アイドルや芸能人を見て、「一般人より一回り可愛い」と感じることは多いでしょう。

その要因を分析してみると、アイドルたちがセクシーな雰囲気を持っていることがわかります。下着の見えそうなミニスカートをはいたり、ノースリーブで肌を露出したり、うるっとした口紅を引いたりします。


「セクシーさを提供する」ということに、嫌悪感や恥じらいを感じる女性は少なくないでしょう。

そうなると、ピンクで50点を超えるのは難しくなってきます。



可愛くなれば、視線が集まるリスクもある。

「可愛くなりたい」と憧れる女性は多いです。

しかし、「男性にじろじろ見られるのは不愉快」と感じる女性も多いでしょう。

あなたは気づいていますか?

あなたが可愛さへの努力に励むなら、可愛くなれる反面、男性からじろじろと見られるようになるでしょう。うっとおしい面も増えてきます。

セクシーになればよりモテるようになりますが、男性からの視線も増えます。あなたの太ももを見て、男性たちがいやらしい顔をするのです。

可愛くなることと注目されることは、表裏一体だと理解してください。


セクシーさに関しては、公衆の前では隠すことも出来ますが、可愛らしさに関しては隠すことは難しく、あなたが可愛くなるなら(ピンクのスキルを上げるなら)、人からの視線が多くなることを理解しましょう。


たとえば「オールドソウル」の女性などは、その切り替えが上手いです。

普段はあまり目立たない紺色の服など着ていますが、彼の前では可愛いピンキーな服を着たり、セクシーランジェリーで大胆に振る舞ったりします。ボディラインの出ないラフな服を着ていながら、下にスタイル矯正下着を身に付けていたりします。

可愛さセクシーさを磨いても、リスクを受けないように工夫するのです。



セクシーへの抵抗感が薄いクリスタルチルドレン。

クリスタルチルドレンには、ピンクで60点に達するアイドルのような可愛らしい人が多いです。

彼女たちは、やはりミニスカートをはいたり肌を出したりする感性を持っています。

セクシーな格好をすることに、あまり抵抗を感じていないようです。

これが「ピンクな感性」ということなのでしょう。


また、人からの注目を快感に感じる女性が多いようです。

ビキニを着て男性たちからじろじろ見られることを、快感に感じていたりするのです。


こうしたセクシーで大胆な感性は、過去世の習慣に影響されています。



「なぜセクシーサービスをしなければならないわけ?」という抵抗感を乗り越える必要がある。奉仕精神が要る。

ミニスカートをはくことに抵抗感の強い女性は、「ミニスカートをはいて」などと仕事やサークルで言われたとき、「なぜセクシーサービスをしなければならないわけ!?」と怪訝に感じたりするでしょう。

「男性が鼻の下を伸ばすのは嫌だわ!」と感じたり、「私の太ももを見たいならお金を払いなさいよ!」と感じたりします。

そう感じるなら、露出をしなくてもよいのです。その自尊心や防衛心は尊重されるべきですが、しかし、ピンクのオーラは上がらないわけです。


ピンクのオーラで高得点に達したいならば、「私を見て喜んでね♡」という奉仕心、献身精神が必要なのです。

セクシーさを人に提供しようとするとき、盗撮されたりレイプされたりするリスクがつきまといます。それは大きな傷や問題になることもあります。それでもセクシーさを提供するということは、「体を張る覚悟が要る」と言えます。

するとやはり、「献身」を超えて、「奉仕」のようなニュアンスになってきます。


どの色にせよ、高得点に達するには、その色の事柄で人の役に立とうとする必要があります。ピンクの場合はそれが「可愛らしさ」であるわけです。


ただし、セクシーな姿を見せるのはあなたの好きな彼の前だけでもよいです。必ずしも不特定多数の男性にセクシーな姿を見せる必要はありません。



可愛くなろうとする人はより可愛くなる。それを拒む人はそういう力学は働かない。

ピンクのオーラが高くなればなるほど、女性ホルモンの分泌が増え、膣液の分泌が増えます。肌が美しくなったり、女性らしい可愛らしさが増します。

「とても可愛い女性」にあなたは憧れるのでしょう。しかし彼女たちは、「セクシーを提供することをいとわない」という体を張る覚悟があるのです。その覚悟・努力と引き換えに、異様なほど美しいお肌やくりっとした瞳を授かっています。


「セクシーサービスをするのは嫌だわ!」と感じるなら、それでよいです。

しかし、それなら女性ホルモンの分泌が潤沢になったりはしないので、若々しい肌や体臭の出ない体を得るのは難しいのです。

より高品質のものを得たいならそれ相応のリスクが要る、というようなことです。



性的魅力が評価されたときに恍惚を感じるのも、女性の性(さが)だったりする。

「セクシーを提供するのは嫌だ」「女性を性的な目で見ないでほしい」などと強烈な性的嫌悪を抱いている人も含めて、しかし女性は、自分の性的魅力が評価されたときに大きな恍惚を感じたりもします。

承認欲求といいますか、アイデンティティの証明といいますか。

セックスのときに「可愛いね」と言われると、非常に興奮するでしょう。「えっちな表情をするんだね」と言われると、それだけでエクスタシーを感じ、濡れてしまったりするでしょう。

男性は男性に生まれれば男らしいと思われたいものですし、女性は女性に生まれたなら女らしいと言われたい、そんな本能があります。


「セクシーを提供するのは嫌だ」と感じるのは、自分の外見的魅力に自信のない人が多く、美容の努力をして美に自信がついてくると、セクシーだと言われて快感に感じるようになったりします。

本が嫌いな人にとって、本好きな人の気持ちはさっぱり理解できません。ピンクの領域においても、同じような面があります。可愛さの努力をしてそれが身に付いてくると、「ミニスカートをはいてスタイルの良さを見せたい」と感じるようになったりします。男性にじろじろ見られて、うれしく感じるようになったりします。



セクシーが楽しいクリスタルチルドレンも、その上を目指すなら努力が要りそう。

クリスタルチルドレンたちは、「ミニスカートが可愛い」と感じていたりして、少々セクシーな格好をすることを、人へのサービスというよりも「自分の楽しみ」と感じていたりします。「ミニスカが可愛い」「ビキニが可愛い」「ランジェリー集めが大好き」といった感性をしているなら、あまり奉仕心がなくてもピンクで60点に達するでしょう。

「ミニスカやビキニがセクシーとは思わない」と感じながら着ているなら、それはそれでよいです。それでも人をうっとりさせますし、あなたのピンクのオーラは上がります。


しかし、70点、80点を目指すなら、やはり彼女たちにも「努力」が必要になってきます。

懸命に運動をしてダイエットをしたり、欲望を我慢してお酒を控えたり、ブランドバッグを我慢してムダ毛処理をしたり、といったことです。

運動系の部活で県大会を目指すようなストイックさが、必要になってくるでしょう。



さらに上を目指すなら、「彼を喜ばせるため」という感覚が必要。

ピンクで80点を超えたいなら、「懸命な努力」だけでなく「彼を喜ばせたい」という利他的な努力が必要です。

いえ、「努力」よりも「彼のため」という思いが重要です。

たとえば、彼をドキドキさせるためにセクシーな下着をはいてデートに行くことは、大した努力は要しません。しかし、「彼のため」という意識は必要です。

どんな服を買うにもお金はかかるわけなのですが、彼が喜びそうなセクシーなもの、可愛いものを選ぶには、「彼のドキドキのため」という意識が必要です。


付き合いが長くなると、外出時は可愛くおしゃれするとしても彼と一緒の家の中ではズボラな格好をしていたりするでしょう。そうではなくて、彼しか見ていないところでも可愛くいようとする意欲が、必要です。

「男性にモテたい」ではなく「彼を喜ばせたい」という気持ちが必要です。



特定の彼のためだけでよいです。

可愛い服を着たり、セクシーな服を着たり、ちょっとぶりっこに澄ましたりするのは、意中の彼の前でだけでもよいです。それでもピンクのオーラは上がります。

「ミニスカート姿を、不特定多数の男性には見せたくない」と感じる女性はいるでしょう。それなら普段ははかなくてよいです。大好きな男性の前でだけ、披露すればよいです。

お化粧をして可愛く変身することが面倒なら、普段の出勤はすっぴんでも良いです。彼とのデートのときだけ気合を入れればよいです。


しかし、可愛いおしゃれのコーディネイトセンスを磨いたり、自分に合った可愛いメイクを会得したりするためには、普段から練習や挑戦を重ねる必要があるでしょう。ある程度はピンクな姿を人に見せる必要がありそうです。



セックスの喜びを提供することも、人によっては献身精神が必要でしょう。

ピンクにはセックスのテーマもあります。

セックスやオナニーを楽しんでいるだけでもピンクのオーラは上がりますが、「彼をもっと気持ちよくしてあげよう」と意気込んで色々する様は、あなたのピンクのオーラをさらに上げます。


世の中には、セクシーランジェリーやコスプレ衣装を着ることを「楽しい!気持ちいい!」と感じる女性もおり、その場合、献身という意識はあまりなくとも、高度なセクシーを提供することが出来ます。

しかし、「セクシーランジェリーなんて恥ずかしいだけだ」と感じる女性にとっては、献身的な意欲が必要になります。


世の中には、フェラチオしたり騎乗位で躍動することを「楽しい!」と感じる女性もおり、その場合、献身という意識はあまりなくとも、高度なセクシーを提供することが出来ます。

しかし、「セックスは男に快感を与えてもらうものだ」という意識の女性にとって、たくさんフェラチオをしたりセックスの技術を高めることには献身的な意欲が必要になります。


セックスが大好きな女性、Sっ気のある女性などにとっては、献身や奉仕の意欲がなくても、高度なセクシーを彼に提供することが出来るでしょう。



振り向かせたい男性が出来たなら、そうしたくもなる。

日本人女性は「恋愛は受け身であるべき」と考える人が多く、付き合ったことはあっても男性を深く愛した経験は乏しい人が多いです。別れの際に大きなショックや寂しさを感じたとしても、それは、愛していたからというよりは屈辱感や情があるからで、愛とは違ったりします。

ある男性を自ら好きになり、「彼を振り向かせたい!」「彼と一緒にいたい!」と強く感じるようになったとき、「可愛くなって彼を喜ばせたい」「セックスをもっとがんばって彼をもっと気持ちよくしてあげたい」と感じるでしょう。

そのように感じていないなら、それは彼を好きなのではなく、金品や彼の肩書きなどに目がくらんでいるのでしょう。


愛されるのを待つのではなく、自ら男性を好きになったとき、女性の多くはピンクのスキルがぐんと伸びます。そしてぐんと可愛くなります。セクシーになります。

ピンクの事柄に関して興味や意欲を感じないなら、誰かを好きになってみるとよいかもしれません。



「見せてあげたい」というより「見て♡」と思ったり。

気になる男性がいて、そのために可愛さやセクシーさを磨く努力を重ねると、「セクシーを見せてあげたい」というよりも、「可愛いセクシーな私を見て♡」と思うようになったりもするでしょう。「ラブホテル代を出すから私とえっちしましょうよ」と。

それがピンクとヴァイオレットが合わさった感性です。

献身というよりも、セクシーで喜ばせることが楽しくて仕方ないのです。気持ちよくて仕方ないのです。ある意味自分の快楽なのですが、しかしそう感じるのは奉仕心やサービス精神、慈愛があるからでしょう。



ピンクから献身を培うことも出来る。

「人に優しくすることに興味はない」と感じている女性も、実は少なくないでしょう。

しかし、おしゃれしたりセックスしたりすることは好きでしょうか?そんなあなたが男性を好きになったとき、彼にあなたの可愛さセクシーさを見せたくて色々楽しむでしょう。

あなたは自分が楽しいからピンキーにふるまうのですが、しかし、たとえばコスプレを披露したら彼がすごく興奮したり、フェラチオしてあげたらすごく陶酔したような顔をするので、あなたは、「喜ばせることの楽しさ」に気づくかもしれません。

セックスを通して、献身や奉仕の精神が身に付いてしまう人もいるのです。

それも悪くはないです。

しかし、くれぐれも不誠実な男性にセクシーな尽くしをしないでください!誠実な男性を喜ばせてあげてください。



ピンクが最も強力な色だということを理解しましょう。

「可愛くなるのは嫌だ」「セクシーに振る舞うのは嫌だ」「セックスは嫌だ」と感じるなら、それでもよいです。性的なことを人から強要される筋合いはないですよね。

しかし、そうであったとしても、「ピンクが最も強力な色なのだ」ということは、既成事実として理解しましょう。

「可愛い」「セクシー」「セックス」といったものが、最も人を惹きつけるのです。

可愛さへの努力をせずに恋愛を求めるのは無理がありますし、セックスをしないで彼に愛され続けるのは無理があるのです。男性たちは、知性よりも可愛らしさを欲しているのです。


女性たちもまた、ピンクが好きなのです。

たとえば、あなたが法律についてのためになる活字本を書いても、全然売れないでしょう。あなたの友人が、可愛くセクシーな女の子が主人公のレディコミを描いたら、たくさん売れるでしょう。

不思議なもので、女性向けの少女マンガにおいても、ヒロインが可愛いほうが売れるのです。ヒロインがちょっとセクシーなほうが売れるのです。


こうした既成事実を、客観的に理解しておくことは重要だと言えます。

あなたがピンキーなことを嫌うならそのままでも良いのですが、様々なことで後手に回ってしまいそうです。

また、娘さんには、多少はおしゃれの喜びなどを教えてあげましょう。絵の好きな娘さんが萌えキャラを描いたとしても、それを真っ向否定しないようにしてください。

娘さんがピンクの苦手な大人になると、それはかわいそうです。



彼を喜ばせたい気持ちは、すぐにあなたに還ってくる。

ピンクの魅力的なところは、努力がすぐに報いとなって還ってきやすい点です。

振り向かせたい彼のために懸命に可愛くなるなら、彼はあっさりとあなたに惚れ、あなたの恋愛は成就するでしょう。

あなたがセックスでよりセクシーに振る舞うなら、彼は興奮し、あなたに夢中になり、よりあなたの体を愛撫しますし、長い時間律動をするでしょう。

あなたが美しいボディ作りをがんばるなら、彼はあなたとしょっちゅうセックスをしたがるでしょう。それはあなたの性的快感の機会が増えるという意味です。


そして、ピンクのオーラが増して可愛くなると、あなたはよりモテるようになり、恋愛の機会が増えます。


ピンクへの努力は、無駄になるということがほとんどなく、見返りがわかりやすく、早いものです。

とりあえず、意中の男性の前ではピンクをがんばると良いのではないでしょうか。



ちょっとした神秘を体験して面白い。

ピンクのオーラを上げるべく美容や意識改革に取り組むと、みるみるうちに肌質が変わったり、体臭が変わったりします。

スキンケアをしたから美肌になった、というのではなく、たとえばオナニーの頻度を増やすことで美肌になったりして驚くでしょう。

ピンクのオーラに関することは女性ホルモンを活性化させますが、女性ホルモンの影響だけとは思えない変化を、体に感じます。相手を愛撫することで自分の膣が官能する、というのは女性ホルモンの仕業とは思えません。

あなたの行動・意識にガイド霊が呼応し、様々な分泌を変えたり体を反応させるわけなのですが、こうしてちょっとした神秘を体験し、面白いです。

神秘現象があるのだな、ということを、レイキや霊視でなくても実感出来たりします。


また、「オールドソウル」などの精神性の高い男性とセックスした際、まぶたの裏に映像を視たりすることがあります。それが生まれて初めての霊視体験、ということもあり、感動すら覚えるでしょう。

それは、どの男性を選ぶのか、ということをはじめとして、ピンクのオーラの総合力でつかみ取った境地で、やはりピンクの行動が産む神秘体験です。


他にもセックスにおける神秘体験はありますが、やはりセックスにおいて奉仕的(献身的)でないと体験は出来ないでしょう。


それが他でもなくピンクであるというのも神の計算の一部であるようです。ピンクはクリスタルチルドレンたちが得意としやすいですが、天使である彼女たちがピンクの事柄に励んでいると、その中で神秘を垣間見て、非科学的な視点を得たりするわけです。それは彼女たちの視野を広げます。



80点の壁は自己犠牲心。

9次元までのすべての色と、そして10次元ピンクのスキルで80点を超えると、その人は10次元を達成します。80点がピンクの1つの到達点と言えます。

10次元を達成すると、次の転生では可愛い顔を選んで生まれてくることが出来ます。


おしゃれやセックス(オナニー)を自分が楽しむだけでも、60点には達するでしょう。

70点に達するには、恋愛やセックスにおいて積極的になる必要もあるでしょう。

そして80点に達したいなら、自己犠牲的な奉仕心が必要になってきます。

たとえば、女性でも自分のお給料で彼氏を養おうとする意欲です。ほとんどの女性には男性を養う気はないため、これはとても高い壁です。愛情が強いだけでなく、労働をこなすタフさも必要です。


セックスでも、自己犠牲的な喜びに達する必要があります。

多くの女性は、セックスは好きでもフェラチオは好きでないでしょう。相手のペニスを舐めたりくわえたりする愛撫のことです。「挿入のために必要だから」と仕方なしにフェラチオする女性が多いのではないでしょうか。

そこから、「フェラチオしてあげることが嬉しい・楽しい」といった感覚に至ると、さらにピンクの点数は上がっています。不快感を伴うはずのことが楽しいと感じるのは、自己犠牲心が達観しているからです。

とはいえ、「フェラチオするのが楽しい」と思えるのは、特定の男性にだけでかまいません。「今の彼のことは大好きだからフェラチオするのが楽しい。でも前の彼にしたいとは思わない」それでよいです。

こうした感覚に至っているなら、挿入の準備のためだけでなく、セックスの戯れのためにフェラチオをしてあげるとよいです。彼があなたの膣をオーガズムさせてくれた後、挿入が終わったあとにも、フェラチオをしてあげるとよいです。

こうした献身は彼を非常に喜ばせるだけでなく、あなたはますます愛されるでしょう。大きな・多くの快感を与えらえる女性は、もちろん男性に好かれます。



真理を知りたいと思ったとき、その物事への強い興味や努力が必要。

「真理を知りたい」「霊的存在から情報を授かりたい」と憧れる人は多いでしょう。

真理を知りたいと願うとき、その物事への強い興味や、研究心、努力などが必要です。ガイド霊はその熱意に呼応しようとしますし、なんとなく理解している人へのほうが教えやすいのです。


スピリチュアル情報メディアの中で、こんなにも美容について詳しいものは他にないでしょう。

それは、れなが美容への強い興味を持つ女だからです。

私は昔から、「可愛くなりたい」と思っていましたし、「透き通るような肌を得たい、それをいつまでも保ちたい」と願っていました。

そのために様々な情報を漁りましたし、様々な努力をしました。

たとえばその過程の中で、「豆乳を多く摂取すると体臭が薄くなるような?」と感じました。するとガイド霊が、「その通りだよ」と告げるのです。

ガイド霊たちは基本的に、当人が全く知りもしないことを教えようとしません。セックスに興味のない人に、「セックスすると女性ホルモンが増えるよ」と告げにきたりはしないです。

文を読むだけでなく、生活の中で実践や実験をし、気づきを得る中で、「その通りだよ」と確信を与えるようなニュアンスが強いです。

私はスリムでいたいので、体型維持の努力をいつもします。


スピリチュアル情報メディアの中で、こんなにもセックスについて詳しいものは他にないでしょう。

それは、れながえっちだからです。

私は性的な快感が好きですし、スキンシップの穏やかなぬくもりが好きです。

そしてセックスを経験する中で、相手男性を気持ちよくさせることの快感にも気づきました。

そうして、「愛撫していると、自分の膣も濡れてしまう気がするな」と感じました。すると、「そのとおりだよ。奉仕性の強い女性は、愛撫することで自分も膣が官能するようになるよ」とガイド霊に教わったのです。


あなたに霊聴がないとしても、美容やセックスについて熱心であるなら、それを探求しているときに気づきを得やすくなるでしょう。直感サイキックによって無意識的な気づきを得るのです。または、ガイド霊はあなたの体を大きく反応させて、原因と結果をわかりやすくさせます。


そして、私が美容やセックスについて、「人を喜ばせたい」「人の役に立ちたい」と願うから、ガイド霊は積極的に情報をおろすのです。

私は愛しい男性を可愛らしさやセクシーさで喜ばせたいですし、すべての女性に、真に美しくなるコツを知ってもらいたいのです。教えることが好きなのです。


これもまた、ピンクとヴァイオレットが組み合わさった感性と言えます。

(サイキック能力自体はロイヤルブルーのテーマです)


可愛らしさというものは、奥が深いです。

セクシーさというものは、奥が深いです。

最新記事

すべて表示

夏は汗をかきやすいが、デートはどうすればいい?

汗をたくさんかいた体でデートをするのは恥ずかしい、とためらう女性は多いことでしょう。夏は汗をかきやすい時期で、近年は猛暑が悪化しています。 夏はデートを回避したほうがよいのでしょうか? 先にシャワーを浴びさせて、と言えばよいです。 私はセックス関連のコラムの中で、「男性はセックスの前にシャワーを浴びせたがらない」ということをよく書きます。しかし、いつも男性の好みに合わせる必要もありません。 汗をた

特定の男性に対して「フェラチオしたい」と感じるのはなぜ?

愛しい彼氏など、特定の男性に対して「フェラチオしたい」と感じることがあります。フェラチオをすることがあまり好きでない女性でさえ、特定の男性に対してだけではこう思うことがあるでしょう。 霊的な何かが関与するのでしょうか。 幾つかの要因がある。 「フェラチオをしたい」と無性に感じるとき、幾つかの要因があります。 彼が好きでたまらないから。 「大好きでたまらない!」と思っているとき、フェラチオをすること

言葉をにごすべきでないが、合言葉を使うのはよいでしょう。

意中の男性に好意やセックスしたい思いを伝える際、言葉をにごさないほうがよいです。 しかし、二人だけの言葉を用意するのはよいでしょう。 セックスの意思は言葉をにごすべきでない! 恋愛的好意を伝えたいのに「尊敬しています」では、相手にちゃんと伝わりません。そのまますれ違いで、恋愛できずに終わってしまう可能性が高いです。 セックスをしてほしいのに「抱きしめて」と伝えると、「ハグをしてほしいのかな」と勘違

Comments


bottom of page