top of page
  • れな

パニック症を治す方法。

パニック症は謎の多い病気です。

これは霊的な影響の大きな病気で、医学的な治療よりも霊的な視点でアプローチをしたほうが改善の見込みがあります。



目立つべきでない人に発症しやすい病気。

パニック症は、目立つべきでないブループリントを持つ人が発症しやすい病気です。

芸能人、有名人などになるべきでない、という意味です。

言い換えると、芸能人になれそうな長所を生まれ持っていることが多いです。とても容姿が良かったり、歌や楽器、芸術の才能に長けていたりします。声優のような声をしている、ということもあるでしょう。



目立つことをやめることで、治ってしまうことが多い。

そのためパニック症は、この人が目立つことをやめることで、治ってしまうことが多いです。

芸能界志望をやめる、Youtuberをやめる、インスタグラマーをやめる、PTA役員をやめる、容姿の求められる仕事(イベントコンパニオンなど)をやめる、といったことです。

やめて、その道への未練を断ち切ると、いつの間にか治っていたりします。



何か行動習慣を変えたなら、電車に乗ってみては?

あなたが最近、オーディション活動をやめたりYoutuberをやめたりしたなら、思い切って電車に乗ってみるとよいです。パニック症は発症しなくなっているかもしれません。

勇気の要ることだとは思いますが、いずれにせよその勇気をどこかで振り絞って踏み切ってみなければならないことでしょう。今なら出来る見込みがあります。



誰かを助ける使命を持っている。

パニック症の人は、誰かを助ける使命を持っています。

あなたは、音楽や文学など、何か芸術を愛するでしょう。その感性は大切です。だからこそ、音楽や文学に夢中になる人などに共感を示したり、手助けしたいと感じたりするでしょう。

またはそのような人に恋愛の癒しを提供する使命を持つ、ということもあります。

癒すべき相手を見つけたならば、あなたは電車に乗れるはずです。

引きこもりがちかもしれませんが、美容には気を配っておきましょう。



「ドルフィン」が多く、優秀な魂が多い。

パニック症の人は、自分が対外労働や自己表現が出来ないことから、劣等感を抱いたり自信を失ってしまうことが多いでしょう。

いいえ、落ち込まないでください!あなたは優秀な人であるはずです。

パニック症の人には、優秀な魂を持つ人が多いです。

ピュア・インディゴの一種である「ドルフィン」の人が多く、そうでなくともインディゴチルドレンや上級天使のクリスタルチルドレンが多いです。


なぜパニック症というハンデを持つかと言えば、むしろ「優秀すぎるから」です。

普通にしていると有名人になってしまうので、それを防ぐためにハンデを抱えます。

たとえば、対外労働が出来ないとしても、パニック症の発症しない家庭の中などではとてもテキパキと家事や子供の世話などこなすのではないでしょうか?

ステージに立つのが怖くても、カメラの向いていないところではとても上手に歌うのではないでしょうか?

技術や精神自体は優秀であるはずです。



「オールドソウル」が良き理解者となるでしょう。

「オールドソウル」の、特に男性が、あなたの良き理解者となってくれるでしょう。

「オールドソウル」の男性も、非常に高い能力を持っていながら人前に出ることを苦手とする傾向です。あなたが、ステージに立っていなくてもあの有名人より優れた技術を持っていると、すぐに見抜いて褒めてくれるでしょう。「技術が高いだけでなく精神が成熟していてすごいね」と、あなたの内面までをも褒めてくれるでしょう。

あなたは、自分に自信を取り戻すはずです。

また、自分が輝ける場所を見出し、イキイキと生きられるようになるでしょう。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page