top of page
  • れな

バシャールとは?9次元のアセンテッドマスターだが・・・

地球人にアドバイスメッセージを送るアセンテッドマスターの中でも、おそらく最も有名なのがバシャールでしょう。



バシャールとは?チャネリングで有名なアセンテッドマスター。

バシャールとは、1980年頃から地球にスピリチュアルなチャネリングメッセージを発信するようになったアセンテッドマスターです。バシャールは個人ではなく、複数の意識の集合体です。また、本当の名前でもなく、アラブ語で指揮官、メッセンジャーといった意味合いの言葉です。



バシャールは、「ワクワクすることをやろう」で有名。

バシャールは、「ワクワクすることをやろう」といった内容のメッセージを頻繁に口にすることで有名で、バシャールを信望するスピリチュアリストの多くも、その理念を主に敬愛しています。「時間という概念は存在しない」ということを広く普及させたのもバシャールです。平行世界や引き寄せの法則の概念も、バシャールが最初に提唱したと言えるでしょう。



バシャールのメッセージはあまり参考にならない。

結論から言って、バシャールのメッセージを信望するのは危険です。

バシャールは、アセンテッドマスター(アセンションを経たことのある存在)ではありますが、そもそもそう次元の高い者ではなく、また教師としての能力に長けた存在でもありません。彼は9次元の存在で、9次元は環境活動に取り組む課題を持つため、彼が地球人の霊的成長に介入することが許されました。しかし彼は、「相手によって言葉を選ぶ」ということができず、むしろスピリチュアリストたちの意識レベルを下げることになってしまっています。



「ワクワクすることをやろう」を大衆に発信するのは危険。皆が堕落してしまう。

「ワクワクすることをやろう」という彼の基本理念ですが、これは、すでにアセンションに近しい次元に達した人にだけ伝えるべき言葉です。このような状態にいる人々は、霊的修行や宗教信仰に打ち込んでいる人が多いのですが、彼らが次のステップに上がり次の役割を果たすには、そうした宗教じみた環境からは離れてくる必要があるのです。

しかしバシャールは、そのような次元の少数の人々のみならず、不特定の大衆みんなに対して、「ワクワクすることをやろう」と言ってしまいました。これにより、家事や仕事に打ち込むべき段階にある人々までもが、やるべきことを放棄して好き勝手な生き方をはじめてしまったのです。しかも彼らの多くは、人をだますような商売や怠惰な暮らしを選んでしまっています。


1980年頃のスピリチュアリストは、自己成長のためにスピリチュアリズムを活用している人が大勢いました。しかしバシャールの登場以降は、自己成長ではなく「楽しく暮らす」「夢を叶える」「幸せになる」「運気を上げる」といった誘惑的なことを目的とするスピリチュアリストが増えるようになってしまいました。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page