top of page
  • れな

バイセクシャルやLGBTには高次の魂の人が多いです。

バイセクシャルやLGBTの人には、自分に劣等感を感じている人が多いかもしれません。

しかし、実際には、ピュア・インディゴなどの高次の魂を持つ人が多いです。



ただの快楽主義者か、モラルの高いバイセクシャルか。

バイセクシャルの人には、大きく分けて2つのタイプがいます。

1つは、快楽的でバブリーな感じの人です。

もう1つは、社会性が高く真面目な感じの人です。


新宿二丁目で仕事をする人や、芸能人になっておしゃべりばかりしている人は快楽的な人々で、彼らは精神性が高くはありません。自分の得異性に対して悩まず前向きに生きていることも多いのですが、それだけで、精神性が高いわけではありません。お酒や暴食を好み、お金を好み、節操なく恋愛しようとします。モラルが低いですし、自制心が低いです。

彼らは精神的に未熟です。タフな人が多いのですが、身勝手で欲深い人が多いです。


もう1つ、真面目に社会生活を送っているタイプのバイセクシャルもいます。

仕事熱心で、誠実さや高いモラルを持ちます。バイセクシャルであることを公言したがらない傾向で、そのことに深く悩んでいることが多いです。

こちらのタイプの人は、ピュア・インディゴなどの高次の魂を持つ人が多いです。

ピュア・インディゴとは、優秀な宇宙人の魂を持つ人のことです。「オールドソウル」や「ドルフィン」「ソフィア」などのことです。

バイセクシャルの人には「ドルフィン」が多いです。



二丁目の人に励まされたりするかもしれないが・・・。

真面目なタイプのバイセクシャルの人も、新宿二丁目の人や陽気な芸能人のバイセクシャル、LGBTの人に「自分らしく前向きに生きるべきよ!」などと励まされ、彼らに尊敬や感謝を感じて生きているかもしれません。

「前向きである」というのはたしかに素晴らしいことです。しかし、それ以外に尊敬できる面は多いでしょうか?

前向きであるとしても、バブリーであったり下品であったり、人の悪口ばかり言っていたり、名声欲金銭欲に溺れているようでは、精神性の高い人とは言えません。

精神性の高い人は、濃い化粧をしませんし、ぶくぶく太ったりもしません。

あなたの目標ではなさそうですし、あなたが尊敬すべき人は他にいそうです。


「バイセクシャルであることを受け入れながら生きる」ということを、はき違えないようにご注意ください。



LGBTには身勝手な人も多い。

LGBTの人には、身勝手な人も多い傾向です。

マイペースと言えば聞こえが良いですが、自分のしたいことや自分らしさにばかり気を取られていて、協調性に乏しいのです。

「私は肉体的には男だが、心は女なのだから女子トイレを使わせてほしい」と主張したりしますが、肉体的に男性な人が女子トイレに入ってくるときの他の女性たちの恐怖や嫌悪を、配慮できていません。

自分がマイノリティな感性を持っていても、それを表現したときに周りの人がどう思うか、迷惑や不快を感じないかどうか、と、グリーンの高い人は考えて配慮します。LGBTの人には、こうした思いやりや良心の乏しい人も多いです。グリーンのオーラが低いのです。


性的倒錯に限らず、皆何かしら我慢をしながら暮らしているのですが、それをわからずに自分の都合ばかり主張する性的倒錯者が増えています。



違和感を感じても、肉体の性別を演じる努力をしなければならない。

人類の歴史上、前世と今生で性別の異なる人は無数にいます。それは何十億人やそれ以上、天文学的な数です。

その人々は特に幼い頃、「僕はカブトムシで決闘ごっこをするよりも編み物をしていたいのに」と感じても、幼いながらに社会性を気にして、男の子たちと男の子的な遊びに励みます。そして努力によって男らしさを身に付けていくのです。

そして、「輪廻転生の魂みがき」とは、こういう努力のことを言います。「男らしく振る舞うことが嫌だ」と感じても、自分の肉体性別や環境に適応する努力に励むのです。


「個性が尊重される時代」「権威的圧力の少ない文化」などでは、「男らしく振る舞わなければならない」などの圧力が少ないため、マイペースな人が多くなり、LGBTな人が多くなります。

だから東南アジアや発展途上国では、LGBT自覚者が少ないのです。



他人は配慮をすべき、自分は努力をすべき。

LGBTの人がいる、という実情に対して、社会はどうすればよいのでしょうか?

他人は配慮を見せるべきです。氷川きよしさんが「女性っぽいお洒落をしたい」と言ったなら、批判などせずそれを尊重してあげるべきです。


しかし、LGBTの本人は、肉体性別への適応の努力をすべきです。

「僕は心が女だから女子トイレを使わせてくれ。学校のトイレやルールを改修してくれ」ではなく、男子トイレで我慢をします。それに慣れる努力をしましょう。


自分の感覚を尊重してもらうために、周囲や組織、社会にどれだけの支出や犠牲が必要か、考えてください。あなたが女子トイレを使って安心感を得るために、どれだけ多くの女性が「怖い!」と感じるでしょうか?あなたのために学校のトイレを改修すると、どれだけ費用がかかるでしょうか?


男性は労働をがんばるべき。女性は家事をがんばるべき。

「心は女だ」と感じていても、肉体が男性なら労働をがんばるべきです。社会に出ることが辛くても、その戦いに耐えるべきです。

「心は男だ」と感じていても、肉体が女性なら家事や料理をがんばるべきです。こまごまとしたことがうっとおしいとしても、それを乗り越えるべきです。

要は、人はそうやって成長していくのです。



「女性でも自立的に生きるべき」と啓蒙する使命を持っている。

真面目なタイプのバイセクシャルの女性は、高次の魂を持っていることが多いです。地球人の精神性を啓蒙するために生まれてきていることが多いです。

このタイプの女性は、男性的な面を持つでしょう。「女性だけど男性には甘えず、自分でしっかり稼いで暮らそう」と考えているのではないでしょうか?そして懸命に仕事をしていそうです。

女性でも、自立的なのです。

そうした姿を大衆女性に見せる使命を持っています。


あなたの中の男っぽい面は、悪いことではないのです。それを上手く活かして生きましょう。



精神性の高い相手でないと満足できないでしょう。

真面目なタイプのバイセクシャルの女性は、恋愛をする際、精神性の高い相手でないと満足できないでしょう。セックスが楽しいだけでは物足りず、ちょっとシリアスに語ったり、何かの技術を教えてもらったりしたいのではないでしょうか。あなたの精神性が高いからです。

恋愛が快楽だけで終わると、罪悪感を感じたり物足りなく感じたりするでしょう。

尊敬できる人を選ぶとよいです。


相手がバイセクシャルである必要はないです。自分がバイセクシャルでなくてもバイセクシャルの人のことを尊重できる、心の広い人もいます。こうした人もやはり、ピュア・インディゴに多いです。「オールドソウル」などのことです。



セックスに対して大胆なところがあるかも。

基本的に、誠実で真面目な人であるはずです。

真面目な人はセックスもおとなしい、というイメージがありますが、あなたは、人知れず大胆なところがあるのではないでしょうか?

アダルトビデオのようなことに憧れたり、セクシーな衣装を着て彼を誘惑したり、などと、大胆な一面を持っていそうです。これは、潜在的に10次元・ピンクのオーラの感性が高いからです。


「セックスや可愛らしさ・セクシーさを思いきり楽しみたい!」という欲求があるでしょう。それはよいのですが、注意が必要です!精神性の低い男性に対してあなたがセクシーになりぎると、彼はあなたに中毒してしまったり、セックスに中毒してしまったりして、両者がボロボロになってしまう恐れがあります!

セックスで本気になりたい、と感じたなら、あなたよりも自制心が高そうな、精神性の高い男性を選ぶべきです。精神性の高い男性の中にも、楽しくてセクシーな人はいます。非常に少ないですが、そういう男性も中にはいます。


えっちなことは悪いことではないのですが、さらけ出す相手を慎重に選ぶべきです!コスプレが好きなのは良いのですが、その姿をInstagramなどに投稿すべきではありません。大好きな彼にだけ、見せてあげればよいです。



アニメ好き、などのギャップがあるかも。

精神的に大人びており、社会派な面や哲学的な面があるでしょう。

しかしその一方で、アニメやゲームなど、快楽的なものを好むかもしれません。

絵を描くの好きだが、萌えイラストばかり描いている、といったこともあるでしょう。

それはあなたの個性として尊重されるべきことです。しかし、アニメ好き、ゲーム好きの人々の中に親友や恋人を探そうとすると、精神性の低い人ばかりで、あなたは物足りなく感じるでしょう。

あなたは、純文学やクラシック芸術、海外文化など大人びた趣味も持つはずで、それもアピールしながら暮らしましょう。

アニメ好きな一面を、そうした友人・恋人に見せても、大きく軽蔑されることはないはずです。ただし、中毒しすぎているなら、それは改めましょう。


男性は、萌えアニメなどあまり興味のない人でも、あなたが初音ミクのコスプレをしたりすると喜ぶでしょう。多くの男性は、そうした可愛らしいものが好きです。男性たちは、何にせよミニスカートの格好が好きです。



誠実な浮気性?

真面目なタイプのバイセクシャルの女性は、巷の人々の恋愛観に違和感を感じているのではないでしょうか?

相手を束縛し合う恋愛、契約としての結婚に、「幼稚だな」と感じていそうです。

気前よく貢いでくれるから付き合う、という周りの女性たちを、幼く虚しく感じるでしょう。


誠実な価値観をしていますが、複数の異性に恋愛感情を感じるでしょう。12次元ペールコーラルの「博愛」の感性が高いからです。

一人の男性に人生を束縛されるのは嫌で、自由恋愛をしたいと願っているでしょう。同時に、彼が他の女性にも恋愛感情を持つであろうことを許容できるでしょう。


自分が「素敵!」と感じれば、複数の男性と同時に親密になったり、「友達以上恋人未満」のような関係性で付き合ったりと、自由な恋愛をしようとするのではないでしょうか。

その感性は12次元的なもので、間違っていません。周りの人々は理解してくれないでしょうし、あなたを批判するでしょうが、あなたはあなたの価値観を、ひっそりと生きればよいです。


結婚をしたいと感じないなら、結婚をしなくてよいです(結婚をしないほうが良いです)。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page