top of page
  • れな

バイセクシャルになる理由は?LGBTの人が増えているのはなぜ?

男性にだけでなく女性にも恋愛感情や性欲を抱く、いわゆるバイセクシャルというものがあります。

自分がそうであると気づいたとき、ひどく混乱したり落ち込んだりするかもしれません。

バイセクシャルになることは、霊的な要因があります。



前世で男性だったために、その記憶が影響している。

あなたが女性であると想定します。

男性だけでなく女性にも恋愛感情を抱いたり、女性とのセックスに興奮したり、といった感性は、前世が起因していることが多いです。あなたは前世(1つ前の過去世)において男性だったのです。

人は生まれ変わりの際に過去世や中間世(霊界での暮らし)の記憶を失いますが、心の底になんとなく残ってもいます。それが個性を大きく形成します。


あなたは前世では男性で、女性に恋愛感情を抱いていました。その感覚がなんとなくあるため、今生でも女性に対してトキメキを感じたり、性欲を感じたりするわけです。


つまり、バイセクシャルは変態ではないですし、そう異常なことでもありません。

周囲からの理解が得られなくて生きづらい、ということはどうしてもあるでしょうが、自分を卑下する必要はないです。どうか落ち込まないでください!



前世が男性でも、バイセクシャルにならない人もいる。

前世が男性、今生が女性でも、バイセクシャルにならない人もいます。

それはどちらでもよいことです。



前世が要因でないこともある。

バイセクシャルになったのが、前世が要因でない人もいます。

子供の頃からAKBなどのアイドルを見て育ち、可愛い女の子にトキメキを感じるようになった、といったこともあるでしょう。



LGBTすべてに同じことが言える。

レズ、ゲイ、トランスジェンダーの人々も、前世の性別が今と反対だったことが要因の人が多いです。

そうでないこともあります。



負のカルマではないです!

バイセクシャルやLGBTの人には、「過去世で悪いことをした罰なのでは?」と自分を責めてしまう人がいそうです。

しかし、そうではありません。

バイセクシャルやLGBTは、カルマの懲罰ではないです。


もちろん、バイセクシャルやLGBTの人の中には過去世で悪いことをした人もいます。しかし悪いことをしたからLGBTになったわけではない、ということを理解してください。



バイセクシャルの人は浮気性な傾向。

バイセクシャルの人は、浮気性な傾向があります。良く言えばペールコーラルの博愛性が高いのですが、悪く言えばモラルがないのです。

とにかく、恋愛やセックスにおいて一人の相手に縛られることを窮屈に感じる傾向です。複数の人に性的欲求を抱き、色々な人とセックスを交わしたいと感じます。そしてその欲求を貫いて生きる人が多いです。


人に迷惑をかけずに自由恋愛を生きるのであれば、悪いことではありません。

人に迷惑をかけたり人をだましたりしてセックスをむさぼるなら、それは悪いことです!


バイセクシャルの中には、その両方がいます。



心を開きたいでしょうが、バイセクシャルの中には不誠実な人も多いので気を付けて!

バイセクシャルの人は複雑な気質ゆえ、自分のそんな特殊な気質を共感してくれる恋愛相手を求めがちです。同じバイセクシャルの人と仲良くなろうとするでしょうか。

近年では、SNSのコミュニティなどでバイセクシャルの人の集いなどを簡単に見つけることができ、そのようなもので恋愛相手、セックス相手を探す人もいるでしょう。

バイセクシャルの集いに顔を出すと、たしかに簡単に共感し合える恋愛相手を見つけられるでしょう。幾つものセックスをどんどん交わすことも出来そうで、病みつきになるかもしれません。

しかし、気を付けてください!

バイセクシャルの人には、不誠実な人も多いです。手あたり次第にセックスの相手を漁って、快楽に溺れていたり、アンモラルに生きている人も多いのです。あなたのバイセクシャルの戸惑いに共感してくれたり、「気にしないで明るく生きることよ!」などと優しい言葉をかけてくれる人多いでしょうが、しかし、お酒に溺れていたり、ずるいことをしていたり、パートナーをだましながらセックスを漁る人も多いのです!


あなたにとって、そのような人では、心の底から安らぎを感じることは出来ないでしょう。心の底からセックスを楽しむことは出来ないでしょう。

相手選びはくれぐれも慎重になってください!



心開ける相手であることは重要でしょう。

複数の人とセックスを楽しみたい、と感じているかもしれません。

しかしその一方で、安心して心を開ける誠実な人と抱き合いたい、という大きな理想を抱いているのではないでしょうか?

快楽的にセックスをむさぼるような人々ではなく、精神性の高い大人びた人を選ぶべきです。または純粋で穏和な女性を選ぶべきです。その人がバイセクシャルでなくても良いでしょう。

精神性の高い人の中にも、自由恋愛や博愛的なセックスに柔軟な人もいます。



自分から相手を選び、自分から声をかけましょう。

「誰かに誘ってほしい」と願っているかもしれません。そのほうが簡単かもしれませんが、ナンパ気質な人と恋愛やセックスを交わしても、良いものにはならないです。

「この人となら良いセックスになりそうだな」と感じられる人を、あなた自身が選び、あなた自身が声をかけましょう。


恋愛に対して自発的になれない(勇気がでない、プライドが高い)なら、複数恋愛をしないほうがよいです。精神性の低い男性とばかり交わってしまい、心身を壊してしまったり、酷い自己嫌悪に陥ってしまうでしょう!人生を壊してしまうでしょう!



女性らしく振る舞うことも磨いておきましょう。

バイセクシャルの女性には、ボーイッシュな感性を持つ人が多いでしょう。男性っぽい服装をしたり、男性っぽい振る舞いを好むかもしれません。「私の個性を尊重してくれ!」とあなたは思うでしょうか。

それも間違ってはいないのですが、恋愛を楽しみたいと願っているなら、自分のことばかり考えているわけにはいきません。恋愛はギブアンドテイクで、あなたが楽しむだけでなく相手を喜ばせることも大切です。それが出来れば恋愛はより盛り上がり、長続きします。


恋愛相手に男性を選ぶとき、相手男性はあなたに「女性らしさ」を期待しています。少なくとも彼の前でだけは、女性らしい可愛らしい服装をしたり、女性らしい可愛らしい言動を心がけましょう。それが出来るように、練習をしておきましょう。

可愛い下着も用意しておくと良いです。ピンクやレースのものなどです。

ミニスカートの服も用意しておくとよいです。セックスのときにだけ着ればよいです。

女性らしい可愛いメイクも覚えましょう。ムダ毛処理などもしましょう。



バイセクシャルの人は、思うように恋愛が出来なくて悩んだり落ち込んだりするかもしれません。それはとても気の毒なことで、お察しいたします。

バイセクシャルの人だって、恋愛やセックスの幸せを味わえるべきです!

とはいえそれは、誰かが都合よく運んでくれるものではなく、あなたもあなたなりに努力をしましょう。精神性の高い男性を見極めなければなりませんし、自分から声をかけなければなりません。

女性たちは誰もが、そのような努力が必要です。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page