ソウルメイトを引き寄せる方法。

魂レベルの絆で結ばれているソウルメイトたち。

人生のどこかで巡り合い、人生の苦楽を語らったり一緒に使命を果たしたり、はたまた恋愛パートナーとして甘いひと時を過ごしたいと願っている人は少なくないことでしょう。

ソウルメイトたちと上手く出会うには、どうしたら良いのでしょうか?


まず、ソウルメイトという言葉の意味をあなたは本当に理解していますか?

かなり多くの人が、この言葉の意味を勘違いしています。スピリチュアルな教師やブロガーでさえ勘違いしている人が多く、勘違いした情報が出回っているので、あなたが勘違いしてしまうのも無理はありませんが・・・。



ソウルメイトは143人もいる!

「ソウルメイト=運命の人」だと思っている人が多いかもしれませんが、そうではありません。

「ソウルメイト」という言葉は、魂的な繋がりのある人すべてを含む、総称のような言葉です。兄弟、親子、家族、いとこ、はとこ・・といった関係性をすべてひっくるめて「親族」と言いますが、ソウルメイトも「親族」のような言葉ですね。ソウルメイトはあなたに143人もおり、144名で1つのソウルグループを形成しています。誰にでもこの144人のグループがあり、これは天使の転生者や妖精の転生者も同様です。宇宙人の転生者(インディゴチルドレン)にもやはり、144人のソウルグループがあります。



ソウルメイトのほとんどは、全然かかわりがない。

ソウルメイトは、誰にとっても143人存在します。あなたを含めて144人が、1つのソウルグループということです。

「過去世で縁のあった人は皆ソウルメイトです」といった説明を時折り見かけますが、それは誤りです。ソウルメイトはそんなに大勢いません。

遠い昔、一つの集落が数十人しかいなかったような時代・文明においては、集落の住民皆がソウルメイトであるということも起きましたが、無数の人々と関わり合う現代日本人にとって、クラスメイトや仕事仲間のすべてがソウルメイトであったりはしないのです。

現代日本人(1976年以降に生まれた日本人)の場合、家族ですらソウルメイトではありません。(ごく稀に家族内にソウルメイトがいるケースもあります。)



ソウルメイトは4種類がある。

ソウルメイトには、次のような種類があります。


  1. ツインメイツ

  2. ディバイン・エクスプレッション

  3. ツインソウル

  4. ツインレイ


それぞれの言葉・概念を、詳しく解説しましょう。



ツインメイツとは?

ツインメイツは、血縁関係のたとえで言えば「親族」にあたる言葉で、あなた以外に143人、あなた含めて144人のグループのメンバーたちです。

ツインメイツの143人の中には、幾億年もの長い輪廻転生の中で一度も関わり合わないような人もいます。そうかと思えばしょっちゅう同じ環境で暮らす人もおり、まさしく「親族」みたいな間柄です。

ツインメイツの144人が同じ国・同じ時代に一斉に転生して切磋琢磨しあうようなことはまずありません。ケースバイケースではありますが、大体144人のうちの30人程度が、同じ時代に転生します。

さらにその30人が必ずしも人生で関わり合うとも限らず、その必要もありません。

その30人が、一人も同じ国に存在していないことも少なくありません。

ツインメイツというのは、親族の中でも「遠い親戚」にあたるような人たちばかりで、感性がすごく似ているということもなく、運よく出会ったとしても懐かしさやドキドキを覚えたりすることは少ないでしょう。

男女の交際をするのに相応しい相手、というものでもありません。


なお、ツインメイツという言葉を使うメディアはあまりないでしょう。144人の一団のことは、「ソウルメイト」「グループソウル」「ソウルグループ」などと形容していることが多いようです。



ディバイン・エクスプレッションとは?

ディバイン・エクスプレッションは、日本語に直訳すると「神の現れ」という意味の言葉ですが、これはちょっと仰々しすぎますし、ディバイン・エクスプレッションの意味を正しく伝えているとも言えません。

あなたにとってディバイン・エクスプレッションにあたる人は、あなたの人生において、非常に大きな影響を与えてくれる可能性が高いです。

しかしこれは、どちらかというと、苦い経験になるでしょう。あなたにとって口うるさい父親や、学業もスポーツも優秀で、あなたに肩身の狭い思いをさせた弟妹、暴力的でいつもあなたを泣かせていた兄姉、といった具合です。

彼らとの時間はとても苦いものですが、しかしそのおかげであなたが成長できたことがあるはずなのです。

あなたの成長のためにムチを振るう役割の人が、ディバイン・エクスプレッションと言えます。

あなたにとってのディバイン・エクスプレッションは、同じ時代に1人か2人程度だけ転生しており、大抵は家族の中にいます。

ディバイン・エクスプレッションは、ツインメイツの143人の中にはいません。

なお、1976年以降に日本に生まれた人に関しては、家族の中にもどこにもディバイン・エクスプレッションはいません。



ツインソウルとは?

さぁ、ようやく聞きなじみのある言葉になってきましたね。

ツインソウルという言葉を日本語に直訳すると「双子の魂」ですが、しかしツインソウルとは、「運命の人」のことではありません。魂の双子ですらありません。

ツインソウルは、誰にも11人存在し、あなたを含めて12人で1つのツインソウル・グループとなっています。

ツインメイツ144人の中の12人で、つまり12人のツインソウル・グループが12個集まって、1つのツインメイツとなります。

この12人はいよいよ、魂的に縁の深い人々で、魂の親族の中でも「家族」に近いような概念のものです。

とはいえ、ツインソウルのメンバーたちと家族として生まれてくることはあまりありません。ツインソウル同士は大抵、違う国や、同じ国の中でも遠く離れた場所に生まれ、別々の人生を送ります。

12人のグループと言っても、同じ時代に同じ惑星に転生しているのは12人のうちの3~4人程度で、残りの8人ほどは霊界からガイド霊としてサポートをしているか、まったく違う惑星に転生しています。

ツインソウルも、性格が似ていたり趣味が似ていたりすることはあまりなく、もし出会っても恋愛的なトキメキを感じることは少ないでしょう。