top of page
  • れな

セックスをすると疲れてしまう。セックスしないほうがよいの?

彼とのセックスデートが幸せな反面、疲れてしまうことにわだかまりを感じる人がいるでしょう。

あまりセックスをしないほうがよいのでしょうか?



濃密なセックスは疲れるものです。

彼とのセックスが愛情に満ちた濃密なものであればあるほど、疲れるのは自然です。

セックスは、様々な筋肉を使うからです。それが30分や1時間にも上るのであれば、体育の授業をこなしたようなものです。

スポーツをたしなんでいる人など体力のある人は、1時間のセックスをしても疲労を感じないこともあるのかもしれません。

しかし、ほとんどの人にとっては濃密なセックスは疲労を感じるものでしょう。

かといって、「10分で済ませることにしよう」と思う必要はないでしょう。



官能するだけでも疲れる。

セックスでは、ただ官能するだけでも疲れます。彼に愛撫されてばかり、正常位で律動してもらってばかりでも、疲れるのです。

それは、官能するときに自然と力が入り、筋肉を使うからです。

ただ受け身でされるがままになっているだけでも、筋肉を使って疲れるのです。


10代のうちは、あまり気にならないかもしれません。

しかし、年をとってくると日常生活であまり体を動かすことがなく、筋力が衰えるため、多くの女性はセックスに疲労を感じやすくなります。「濃密なセックスに耐えられなくなってきた」と感じやすくなります。



スポーツデートだと割り切ると良い。

疲れるからといって、セックスレスになる必要はありません。

彼とデートするとき、スキーやボウリングに行くとしてもやはり、翌日はクタクタになっているでしょう。筋肉痛に苦しんでいるでしょう。

それでも、「スポーツを楽しんだからよい」「汗を流したからよい」と思えるはずです。


セックスはただ快楽をむさぼるものではなく、運動でもありますし、最高の愛情交換でもあります。

セックスで疲れたって、別によいでしょう。

疲れたということは、つまりはあなたにとって良い運動になっているのです。

筋肉痛になったということは、セックスによって筋力が少しついたのです。


好きでもない男性に無理やりセックスさせられ、それで疲れるのは嫌でしょう。それはその通りです!しかし、大好きな彼とセックスして疲れを感じるぶんには、別によいのではないでしょうか?



スケジュールを上手に組むとよいです。

セックスで疲れると翌日の仕事に響く、という場合には、休日の前の日にデートをするとよいです。

だからカップルの多くは金曜日の夜にデートをするのです。


または、翌日はあまり疲れを残したくない場合は、「今日は軽めにセックスをしよう」と彼に提案しましょう。「あまり激しく愛撫しないで。疲れちゃうから」と。「私が気持ちよさそうにしてても、あまり激しく突かないで」とお願いをしておきましょう。



毎週デートするならじきに慣れてくるでしょう。

毎週のようにデートをしセックスを交わすなら、その疲労にもじきになれてくるでしょう。筋力がついてきて、疲労を感じなくなってきます。

週に1回のスポーツの習い事に、じきに慣れていくのと同じです。



セックスのために体を鍛えるのもよい。

セックスをしていて、特に筋肉痛を感じる部位などあるでしょう。腹筋や背筋、首の付け根、二の腕、太もも、ふくらはぎなどでしょうか。

であれば、次のセックスのためにその部位を筋トレしておくのもよいです。筋肉が付けば、セックスのあとに疲労を感じにくくなります。

セックスのときのことをイメージすれば、どのような動作で筋肉を鍛えれよいか、察しはつくでしょう。


男性たちはセックスのために体を鍛えていたりします。



男性もとても疲れている。

セックスで疲れているのはあなただけではないです。濃密なセックスを交わしているなら、彼のほうも疲れています。

男性の多くは、セックスで女性を悦ばせることに使命感のようなものを感じており、彼女のために懸命にがんばります。腕や腰が疲れていても、彼女が気持ちよさそうにしているならその体位・その愛撫を踏ん張って続けるのです。

男性たちは結構がんばってくれています。そして、「疲れた」などと彼女には言わないように気遣っています。



彼が好きなら、運動のつもりでがんばるとよいです。

彼のことがあまり好きでないなら、セックスで疲労させられるのは嫌でしょう。「あっさり目にして」と言えばよいです。


しかし、彼のことが好きなら、運動のつもりでがんばるとよいです。

それは両者に大きな快感や悦びをもたらしますし、あなたのよい運動にもなります。体力がつきますし、ダイエットにもなります。


たとえば、フェラチオをするときに首や背筋、あごなどが疲れるでしょう。彼が好きなら、疲れてもがんばるとよいです。彼のことが好きでないなら、無理にがんばらなくてよいです。


しかし、日によっては「今日はまったりなセックスがいい」などと彼に要望するとよいです。

いつも無理をする必要はありません。

セックスを運動にはせず、いつもまったりセックスを交わすカップルがいたってよいでしょう。


どのようなセックスがしたいのが、意思疎通をすることは大切です!



バイブレーターで持久力を鍛えられる。

特に腹筋や太もも、下半身に持久力がないと感じるなら、バイブレーターを用いることで鍛えることが出来ます。

一人でオナニーをする際、バイブレーターを挿入させて振動させましょう。ペニスを律動されているときと同じように、お腹や足に力が入るはずです。セックスと同じ状態を、疑似的に作ることが出来ます。

10分間、20分間とずっと続けていましょう。官能を楽しんで、いつの間にか時間が過ぎていればそれでよいです。

こうしたことの繰り返しで、筋肉も持久力もついてきます。

下腹部、でん部、太ももがやせることも助長してくれます。


EMSと呼ばれる、筋肉を鍛える器具がありますが、つまりバイブレーターはそれと同じ効果を発揮します。

電動マッサージャーも然りです。


バイブレーターやアダルトグッズが欲しいが購入することが恥ずかしい場合、彼氏に頼んでお店についてきてもらったり、代わりに購入してもらうとよいです。男性はあまり抵抗を感じていないはずです。



フェラチオは歌唱力向上に繋がります。

丹念にフェラチオをしてあげることは、彼を非常に魅了する、ということをたびたび書いています。

それは男性をとても喜ばせるだけでなく、あなたにとっても意義があります。

フェラチオを施すときには口を大きく開きますが、この動作を長く続けることで、のどの筋肉が鍛えられます。フェラチオを長時間した際、「のどが疲れた」「あごが疲れた」などと感じることがあるでしょうが、それはつまりのどの筋肉を使ったのです。

口を大きく開けるようになると、滑舌がよくなります。


また、舌を器用に動かしてペニスの先など舐めまわしていると、舌も疲れを感じるでしょう。舌の筋肉を使っています。これも滑舌を向上させますし、声の響きを豊かにします。


歌うことに興味のない人にも有意義です。

30歳も過ぎてくると、「声が老けてきた」と気になるのではないでしょうか?

声の老けは声帯周りの筋肉の低下によります。つまりフェラチオを施すことは、話し声が老けることも防止してくれます。


セックスとはよく出来ているもので、相手の喜ぶことをしようとすると自分にもメリットがある、というような動作が多いです。



筋肉痛ではない痛みを感じるなら、ストレッチをするとよい。

筋肉痛や倦怠感ではなく、「筋が痛い」というような痛みを感じる人もいるでしょう。

その場合、ストレッチに励むとよいです。体が硬いために、セックスによって伸ばす筋が痛くなるのです。

たとえば、股関節のあたりに翌朝になって痛みを感じる女性は多いでしょう。股関節が硬いからです。

それなら、股関節を開くストレッチに励みましょう。180度開脚が目標です。


股関節の柔軟性はセックスにとってとても重要です。

股関節の柔らかい女性は、ペニスが奥まで届くようになります。子宮口の強烈な性感帯にペニスが届くようになります。

セックスで疲れを感じにくくなり、けがをしにくくなります。

脚が細く、長くなります。



セックスには、運動の意味もあるのです。運動やストレッチの役割も果たします。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

bottom of page