セックスは悪いもの?リスキーなもの?それも間違いではありません。

私は当サイトのコラムの中で、「恋愛やセックスを積極的に楽しむべきだ」とよく書きます。

それを見て、まゆをひそめる人もいることでしょう。

「セックスはリスキーなものだからあまりすべきではないだろう」と。

セックスは良いものなのでしょうか?悪いものなのでしょうか?



セックスはリスキーなもの。それも間違いではありません。

「セックスはリスクの多いもので、あまり交わすべきではない」

その言い分も、間違いではありません。

セックスはリスクの多いものです。私たちは、それをしっかり理解すべきです。

女性の場合、望まない妊娠をしてしまったり、体が傷ついてしまったり、とても怖い思いをすることがあります。これらは人生をボロボロに壊してしまいます。

また、特定の男性に中毒することで他のことが手につかなくなり、人生を棒に振ってしまう人もいます。

セックスはリスキーなものです。



オレンジのテーマのものは何でも、リスクがつきまとう。

セックスはリスクをはらんでいますが、それは他の快楽にも言えることなのです。

スイーツを食べれば、太ったり病気になったり虫歯になるリスクがあります。

ショッピングをすれば、お金に困ったりより高給な大変な仕事をしなければならなくなるリスクがあります。

お酒やタバコは体を壊し、臭くなり、そしてやはりお金を失います。

快楽は何にせよ、リスクをはらんでいるのです。



快楽をモチベーションにしないと、人は成長できない。

ほとんどすべての人において、魂みがきをしながら生きていくうえで、快楽が必要なのです。快楽で気分転換を、というだけでなく、「快楽をモチベーションにしないと成長できない」という実情があります。

人々は、新しい家電や珍しいグルメを楽しむために、一生懸命に働きます。多くの人は、仕事や社会生活を通して様々な体験をし、様々な困難に耐え、つまり霊的にも成長をします。または高給な仕事を目指して懸命に学業に励む中で、大きく成長します。

快楽のほとんどない東南アジアの田舎の人々などは、レッドのオーラが50点程度まで伸びると、それ以外のオーラはほとんど伸びないまま年老いていきます。何かを頑張ろうという気力が、平坦な生活の中では抱けないのです。


先進国では、「お金持ちになりたい」「様々な快楽を得たい」というモチベーションから、学業や社会生活をがんばります。これによって、動機は不純なれども、13色すべてで50点前後までは、誰しもが伸びます。これはなかなかすごい教材です。


しかし、女性たちは特に、50点から先が伸びないのです。

社会からの義務や、「新しい洋服を買うためにアルバイトくらいはがんばろう」といったモチベーションでは、どの点も50点程度までしか伸びないのが実情です。

女性たちが50点の壁を突破するには、ショッピングやグルメよりももっと大きな快楽のモチベーションが必要なのです。そして、それが恋愛であり、セックスと言えます。


いえ、恋愛というモチベーションでも、女性たちはあまりがんばりません。やはりどの色も50点程度までです。それでも恋愛やセックス、貢ぎは得られてしまうからです。


だから私は、「より幸福な恋愛があるのですよ」「より幸福なセックスがあるのですよ」という話を書きます。

そんな上質なセックスは、がんばらないと手に入らないのです。

より幸福なセックスを与えてくれるのは、「オールドソウル」などの精神性の高い男性たちで、彼らをつかみ取るには、あなたもまた、精神性の高い人になる必要があります。より可愛く着飾るだけでは無理なのです。雑誌を読んでテクニックを駆使しても無理なのです。

グリーンのナチュラルさや誠実さ、ヴァイオレットの献身性など身に付けて、普段の

何気ない振る舞いから洗練されないと、精神性の高い男性とは恋愛できません。


私のコラムを読む中で、メイクや洋服買いよりもスキンケアに力を入れるようになった女性は少なくないでしょう。

私のコラムを読む中で、インスタグラムの投稿を外食ではなく手作りを自慢するようになった女性は少なくないでしょう。

私のコラムを読む中で、富裕者よりもさわやかな男性に目を向けるようになった女性は少なくないでしょう。

であればやはり、恋愛をモチベーションにする策は上手くいっています。


「アセンションを達成する方法」という記事を読むだけでグリーンのオーラを高めようと意気込む女性は、いないのです。ヴァイオレットに関する記事を読むだけで人に献身しようと意気込む女性は、いないのです。



本来、セックスは精神を鍛えてから楽しむほうがよい。

スピリチュアリズムの本質を言えば、セックスは、他の色のオーラを充分に高めてから楽しむほうが良いです。

宗教には性欲を悪しきものと説くものが多いですが、それもある意味では間違っていません。


たとえば当サイトの管理人様は、昔彼自身がスピリチュアルコラムなど書いていたとき、「恋愛やセックスは精神を鍛えてからのほうが良い」と書いていました。

匿名希望さんもそうです。

ある意味では、その考えのほうが正しいと言えます。

しかし、現代人女性たちは、「魂みがきをしよう」という話をしても精神を鍛えようとはしないので、「恋愛を動機により魅力的な自分になろう」というスタンスの啓蒙が必要であるようです。



精神性の高い女性は、恋愛やセックスを成長の動機にしないほうが良い。

恋愛やセックスがリスクをはらむのは事実です。

そのため、快楽的なニンジンがなくても自分から様々なことに取り組める精神性の高い女性は、恋愛を動機に自分ミガキをする必要はないです。恋愛を動機にしないほうがよい、とすら言えます。

「恋愛は重要なもの」と考えていると孤独に強くなることが難しく、精神的な自立も難しくなります。ロイヤルブルーやレッドなどで80点に達するのが難しくなってしまいます。


目安としては、オーラが13色平均で70点にも達するような人は、恋愛を動機にしないほうが良いでしょう。

オーラが13色平均で50点程度の程度の人は、多少痛みを背負うことがあるとしても、恋愛を動機に自分ミガキをするほうが成長できそうです。

平均60点程度の人は、人それぞれ、という感じです。


そして、オーラが13色平均で70点にも達するような人は、結婚や交際を目指さないほうが良いです。ステディな恋愛が合っていないですし、それはあなたの人生や成長の足を引っ張るでしょう。

そのような総合力の高い女性は、自由恋愛が向きます。それでよいです。

「ボーイフレンド」「友達以上恋人未満」というようなニュアンスの男性を作り、互いを束縛せず、足を引っ張らず、しなやかにセックスやデートだけを楽しむ、というような恋愛です。それでもよいのです。


  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

芸術家応援プロジェクト!

イエスの子らよ 匿名希望

匿名希望さん

ジャンル:小説、児童文学

関連サイト:特設ページ

​SNS:なし

 
>>芸術家応援プロジェクト!とは?

© 2017 by 運命の人が当たる!365日誕生日占い スピリチュアルWiki