セックスの経験が少なくても、処女でも、コンプレックスに感じる必要はありません。

セックス経験の少なさから、恋愛に臆病になってしまう女性は多いようです。

「笑われたらどうしよう」「上手くできなかったらどうしよう」そう不安になってしまいますよね。

でも、安心してください。

セックスの経験が少なくとも、処女であるとしても、コンプレックスに感じる必要はありません。



男性は、彼女の性体験が少なくても別に気にしていない。

男性たちは一般的に、恋仲になる女性の性体験が少なかろうと、気にしません。

親密になってきた女性が性体験の少ない人だと判明しても、処女だとわかっても、それが理由で離れていく男性はまずいません。およそまったくと言っていいほど、男性は気にしません。

女性が自分の性体験の少なさを不安に感じることは、ほとんど杞憂なのです。



プレイボーイな男性は、処女とわかって引くことがある。

プレイボーイで、女性遊びの盛んな男性の場合は、相手が処女だとわかると離れていくことがあります。それは、セックスが面倒くさいからです。

または、初体験の相手になると強く執着されてしまいがちなことを知っているからです。

とはいえ、プレイボーイな男性に拒絶されるとしても、それはあなたにとって大きな問題にはなりません。プレイボーイな男性と付き合ってもセックスフレンドになっても良い体験になるはずがないので、上手くいかないほうが幸せです。



どうしても心配なら、優しい男性を選びましょう。

「処女なの?ださい!」「愛撫の仕方も知らないのかよ!」そんなことを言われるのがどうしても心配なら、優しい男性を選んで親密になりましょう。

プレイボーイでなくても、陽気でひょうきんな男性は、こうした失礼な言葉を口にすることがあります。

たとえばクラスの中で、やんちゃなグループに属している男性などは、こうした傾向があります。

しかし女性の多くは、男性に明るさを求めており、性格があまり良くないのがわかっているにもかかわらずやんちゃグループの男性を好きになったり彼らの誘いに応じてしまうことが少なくないようです。そうした恋愛観は改めましょう。


普段の言動が優しい男性は、あなたが処女でも、性体験が少なくても、それを笑ったり失礼なことを言ったりはしないです。彼らは思いやりがあります。

そして実際、あなたの性体験が少ないことを別に気にしていないです。



セックスは基本的に、男性がリードするものだから。

男性たちがあなたの性体験の少なさを気にしない理由は、簡単です。

セックスは基本的に、男性がリードするものだからです。

彼女が何もしないとしても、自分でリードしてセックスを進めればそれで事は足りるので、別に問題がないのです。

また、男性は女性の下着姿や裸に興奮する指向があるので、彼女の愛撫やセックスが上手でなくてもセックスは楽しむことができ、それで充分と感じます。



オナニーの習慣は持っておきましょう。

性体験が少ないとしても、処女だとしても、オナニーの習慣を持っておきましょう。

オナニーすら知らずにセックスを体験すると、膣が濡れずに痛い思いをしてしまう可能性が高いです。膣が濡れないだけでなく、膣への愛撫が気持ちよく感じられず、痛い・不快と感じてしまう懸念があります。

それはあなたにとっても悲しいことです。

オナニーの習慣を持っていると、膣が濡れやすくなります。また、性感帯が敏感になってきます。それにより、彼に愛撫をされることで気持ちよく感じられ、膣はしっかり潤うでしょう。ペニスを挿入しても気持ちいいと感じられるでしょう。

オナニーの習慣を持っていると、セックスを好きになりやすいです。


クリトリスや外陰唇だけなく、膣の内側も愛撫してください。指がうるおっていれば膣の内側の刺激が気持ちいいものであることを学習してください。

すると、男性にペニスを挿入されることを怖いと感じなくなるでしょう。


乳首や乳房も愛撫しましょう。

女性も最初は、乳首や乳房を愛撫しても気持ちよく感じないことがあります。

しかし、膣を愛撫しながら乳首や乳房を触ることで、だんだんと乳首や乳房も官能するようになってきます。

「性感帯を開発する」という表現をセックスのメディアで見たことはありませんか?それはこういうことなのです。

官能の体験を積み重ねることで、ほとんどすべての人が、乳首や乳房の刺激を気持ちいいと感じるようになります。

彼からの愛撫だけで乳首・乳房の官能を充分に開発することは大変なので、オナニーによって自分で開発しておきましょう。

当然のことながら、胸も性器も両方とも気持ちいいほうが、セックスは気持ちいいものになります。



性器を舌で愛撫されることを覚悟してください。

女性にとってセックスの苦痛は、「痛い」こと以外に「恥ずかしい」という感情の苦痛があるかと思います。恥ずかしいことをされるのが嫌でしょう。


男性はセックスの際、女性の性器を舌で舐めることが多いです。「クンニ」と呼ばれる愛撫です。

クンニを初めて経験する女性は、恥ずかしすぎて面食らうかもしれません。彼が自分の性器をまじまじと見るのですから!また、臭ってしまわないか、なども気になって怖いでしょう。


しかし、男性心理として、クンニはもはや当たり前のものなのです。男性は、女性の性器を愛おしいと思っており、汚いことがわかっていても顔を近づけたいと感じます。愛撫をしたいのです。多少の臭いや苦味があっても気にしません。

また、ペニスを挿入するために女性器を濡らす必要があり、そのためにクンニをします。痛みを和らげるために、クンニが必要なのです。


恥ずかしいかとは思いますが、「仕方ないことだ」と受け入れてください。

そのうち、あまり恥ずかしく感じなくなるはずです。自分から「クンニして」とねだるようにもなってくるでしょう。クンニは女性にとって、とても気持ちいいものなのです。


初めてセックスした彼があなたの性器を舐めてきたとしても、それは変態ではないのです。普通のことです。



可愛い下着を身に着けていくとよいです。

セックスで彼を喜ばせる自信がなく、でも何か喜ばせてあげたいなら、可愛い下着を身に着けていくとよいです。

ピンクが最も理想的。ついでパステルカラーの各色です。

レースの下着がよいです。

男性たちは、可愛いセクシーな下着の姿を見ることで、とても興奮します。



可愛いあえぎ声を聞かせてあげるとよいです。

何も技術がなく不安でも、彼を喜ばせることはできます。

彼が愛撫してくれたとき、ペニスの律動が気持ちよかったとき、可愛いあえぎ声を聞かせてあげましょう。「あん、あん」という女性の声を聞いて、男性たちはとても興奮します。

男性がオナニーをするためのコンテンツの中には、あえぎ声の音声だけのものもあるくらいです。

あえぎ声を出す際、なるべく高い声を出しましょう。裏声を使うような感じです。アニメキャラの真似をするような感じです。小さな子供の真似をする、とイメージしてもよいかもしれません。

高い可愛いあえぎ声は、男性たちをますます興奮させます。

そんなあなたを見て、彼が喜んでいるのがわかるでしょう。



プライドが障るなら、年上男性や高嶺の花な男性に初体験を捧げるとよいです。

処女のまま二十歳を過ぎたりすると、恋愛をするときに恥ずかしさや劣等感を感じて苦痛に思うことがあるでしょうか。普段対等に言い合っている男性に、見下されている感じが嫌でしょう。

そうした悩みがあるならば、年上男性や高嶺の花な男性に、初体験を捧げるとよいです。


「彼のほうが私より格上」と感じている場合、自分のコンプレックスやいたらなさをさらけ出してもしゃくに障ることはないでしょう。

「処女だから怖いの」「すごくドキドキしちゃってどうしたらいいかわかなんない!」などと伝えても、しゃくに障らないでしょう。

「実は、えっちの仕方がよくわからないの」と素直に言えばよいのです。同級生の彼には言えないでしょうが、年上の男性になら言えるでしょう?

そして実際、そのように素直に振る舞ったほうが初体験は上手くいきます。彼に優しく配慮してもらったほうが良いです。

初体験だけでなく、セックスに不慣れなうちは同様です。


男の人に「えっちして」「えっちを教えて」などと言うのはしゃくに障るでしょうが、格上な男性になら、そうしたことを言ってもしゃくに障らないでしょう。年上というよりも、あなたよりも格上に感じている男性を選ぶとよいです。

格上とは、身分のことではないです。「尊敬できる人」というニュアンスです。