セックスが嫌い・怖い。どうしたらいい?セックス嫌悪・トラウマの解決方法。

恋愛にとって最も大切な、肌と肌の重なりあい。理屈ではわかっていても、どうしてもセックスに嫌悪感を抱いてしまう・・・。そんな人もいますよね。怖いと感じてしまう人、トラウマを抱えている人もいます。

今回は、セックス嫌悪、男性嫌悪や性トラウマの解決方法について考えていきましょう。



セックス嫌いは過去の体験によることがほとんど。

「セックスが嫌い・怖い」と感じてしまう要因は、過去に性的な事柄において不快な体験をしたことが引き金になるケースが圧倒的です。幼い頃に親族に性的ないたずらをされたという女性は意外に多く、そんな体験をすればセックスが嫌いになったり男性を嫌悪したりするのも当然ですよね。



セックスにトラウマがあるなら、それを素直に打ち明けましょう。

セックスにトラウマがあり、セックス嫌悪・男性嫌悪があるならば、そのことを隠し続けないほうが良いです。

あなたが「この彼なら恋愛してもいいな」と思えるような優しい・ステキな男性に出会ったなら、「実は私、男の人が怖いの」といったふうに悩みを打ち明けてみましょう。「だからまともなセックスもしたことないの。」そこまで言って平気です。


あなたが信頼を感じるほどの思いやりある男性なら、あなたその性的嫌悪の悩みについて、真摯に耳を傾けてくれるはずです。そして、どれだけあなたと二人で遊びに行く回数が増えたとしても、いきなりあなたを押し倒したり、胸を触ってきたりするようなことはしないでしょう。


あなたがセックスに興味があるなら、「セックスが怖い。けれどしてみたいと思ってる。」という本音を伝えましょう。「あなたとしてみたい」それも伝えるべきですね。もちろん、打ち解けてからで良いです。

すると彼は、「じゃぁ、君が怖さを感じないように優しくエスコートしてあげる」と言ってくれるはずです。

こうした展開になったら、彼に身を預けてみましょう。彼はきっと、あなたに色々なことを質問しながら、不快でない愛撫を選んでムードを作り膣を濡らし、優しく挿入してくれるはずです。

そうして、「セックスは気持ち良い」という体験をすると、セックスに対する観念は変わってくるはずです。嫌悪や不快感は薄まるでしょう。


その彼とのセックスには心が開けたけれど、他の男性はやっぱり怖い・・・そう感じるなら、また新しい恋愛の際には男性恐怖の悩みを打ち明ければ良いです。あなたが信頼した男性は、あなたが怖くならないように配慮しながらスキンシップをリードしてくれるでしょう。いつもいつもその繰り返しでも良いです。いつもいつも、恋愛相手にはあなたの恐怖をケアしてもらいましょう。それをしてくれる、優しい男性を選んでください。

優しい男性は、セックスのトラウマを溶かしてくれます。



「処女だ」と打ち明けても、男性はひかないから大丈夫。

「セックスに嫌悪があるならそれを打ち明けるべき」とわかっている女性もいることでしょう。でも打ち明けられないのは、「まともにセックスしたことがない」と打ち明けるのが恥ずかしいからでは?

でも、大丈夫です。

処女であることは恥ずかしいことではありません。男性は女性の処女に対して、「ダサい」などとは感じません。セックスに関する知識やスキルがないことも、別に問題とは思わないのです。どうせ出会った当初のセックスは男性がリードするのが一般的ですからね。

処女を打ち明けてバカにしてくるような男性は、そもそも選ばないようにしましょう。恋愛をするなら、優しく思いやりのある男性を選ぶべきです。優しいうえで、あなたの求める魅力も兼ね備えている男性を選べばよいのです。



性的嫌悪を打ち明けたなら、彼からは一切セックスしてこないと心得て。

時々、男性の気持ちをわかっていない女性がいます。

自分の性的嫌悪を打ち明けておきながら、それでいて相手から押し倒されるのを待ち続けているのです。

でもそれは無理というもの。

優しい男性は、ガールフレンドが性的嫌悪の悩みを打ち明けてきたなら、性的な行為は一切しないように徹底するようになるでしょう。キスもしてこないでしょうし、手をつなぐことすら自制するでしょう。それはあなたに対する思いやりです。傷つけまいとしているのです。

ですから、あなたが彼とセックスやスキンシップをしたいなら、「でも、あなたとは性的なことがしたいの」ということを「はっきりと」伝えることが大切です。その要望を伝えれば、彼はあなたを傷つけずにスキンシップやセックスが出来る方法を考えて、動いてくれます。


その彼と一度セックスをしても、それからもしばらくは、手つなぎやキス、セックスはあなたのほうから言う・行うようにしましょう。

一度セックスをしても、彼はまだあなたの心を配慮して慎重になっているはずです。彼からあなたに触れるのは危ないと考えているので、あなたのほうから触れてあげることが大切です。



優しい男性とセックスすれば、セックス嫌悪・セックス恐怖になることはない。

男性は誰もが荒々しいセックスをする。そんなふうに思っていませんか?

そんなことはありません。

優しい男性は、セックスも優しいです。思いやりの深い男性は、セックスの際も相手に対して思いやりが深いです。

まれに、セックスや恋愛に不慣れな男性には、セックスをどう扱うべきかわからなくて、アダルトビデオの見よう見まねで乱暴に腰を振るような人もいますが、「それは痛いからヤメて」と言えば、すぐに改善してくれるでしょう。何がベストか知らないから激しく腰を振っているだけであって、優しい性格ですからあなたが嫌がることは改めてくれるはずです。



レディコミを読んでみよう。一人でも性的嫌悪を改善できる。

男性に手伝ってもらわなくても、セックスへの嫌悪や恐怖を解消できることがあります。

それは、レディコミを読んでみることです。レディコミとは、性描写の多い、エッチな少女マンガのことですね。

レディコミも過激ではありますが、しかし男性向けのアダルトよりも柔らかい描写をし、柔らかいセックスをします。「オレ様」系の彼氏が出てくるマンガでは支配的なセックスを描写しがちですが・・・。

いずれにせよ、レディコミは、読者女性がセックスにドキドキするのを仕向けるのが上手いです。レディコミを読んでいると、「はぁ、えっちしてみたいなぁ」「セックスっていいなぁ」と感じるようになるでしょう。

そうしてセックスに対して期待度が高まると、セックスを連想する物事・・・男性と手が触れあうなど・・・を体験したときに、嫌悪よりもドキドキを感じるようになります。それだけで膣が濡れるようにもなります。


レディコミは、今の時代ではインターネット上で無料のものがたくさん配信されています。スマートフォンでこっそり読めますよ。


レディコミで刺激が強すぎると感じる場合は、性描写を持つ少女マンガからはじめると良いですね。

あなたの性的嫌悪について相談できる女性友達に、「私でも不快じゃないちょっとえっちな少女マンガを何か紹介して?」とお願いしてみるとよいです。



オナニーをしてみよう。セックスが好きになるかも。

もう1つ、男性と関わることなしにセックスへの嫌悪を改善する方法があります。

それは、オナニーをすることです。

性器や性感帯を優しく愛撫して、性的な快感の素晴らしさを知りましょう。それを堪能しましょう。これによって、「もっと気持ち良い性的体験をしてみたい」という欲求が芽生えることがあります。

性的な快感は、適切に扱いされすれば、他の何よりも恍惚なものです。それを体で理解すれば、体がそれを欲するようになるでしょう。


ただし、オナニーの快感を知ることで、「オナニーのほうが安全だからこれでいいや」と感じてしまうこともあります。

それならそれで良いかもしれません。他者に愛撫してもらったり、ペニスを挿入してもらうことは、オナニーよりも大きな快感ではありますが、たしかにオナニーのほうがリスクや危険が少ないです。

セックスは人の心身の健康にとって大切なことですが、セックスをしなくてもオナニーで精液分泌やオーガズムを補給しているならそれでも充分です。

よほど優しくて素敵な男性に出会うまで、セックスはしないままでも良いでしょう。



優しい男性は女性をあまり口説かない。知ってた?

「私にアプローチしてくる男性はどうしていつも野獣みたいにガツガツした人ばかりなんだろう?男運が悪いわ。」そうショゲていたりしませんか?

日本人女性によくあることなのですが、「待ち」のスタンスでいる限り、残念ながらその傾向は続いてしまいます。

というのも、性格の優しい男性というのは、女性をあまり口説かないのです。


性格の優しい男性は、男性の好意や性欲が女性を傷つけることも多いのだと、知っています。それをいつも気に留めています。そのため、女性に対してむやみに口説き言葉を言いませんし、恋愛の話題すらしない傾向にあります。

あなたが「待ち」のスタンスをとっていると、あなたに声をかけてくるのはいつも性欲盛んなプレイボーイ気質ばかりになってしまうのです。

これに気付いた女性は、ファッション誌の星占いなど読まなくなり、自分から男性に声をかけるようになります。



セックスが不快にならないための対応策!

セックスが不快な体験にならないための対応策がいくつかあります。これを心得ておいてください。そしていざセックスの場面になったら、実践し、彼にも協力してもらってくださいね。


アロマオイルを用意しよう!

セックスに嫌悪を覚える要因の第1位が、フェラチオです。男性のペニスを口で愛撫し、うるおす行為ですね。

昔はアダルトビデオの世界のものでしたが、今では女性ファッション誌でもテクニック指南が書かれていたりして、「して当たり前」の行為になってきました。彼氏は当然のように、あなたにフェラチオを求めてくるでしょう。

フェラチオは、男性を気持ちよくさせるためだけでなく、ペニスを濡らして膣に入りやすくする意味合いがあります。膣は、乾いたものが入ってくると痛みを感じるので、フェラチオのような前戯が有意義なものであること自体は間違っていません。

しかし、なにもフェラチオである必要もないのです。

要は、ペニスをヌルヌルにうるおしてあげれば良いのです。そのために有効なのが、アロマオイル。キャリーオイルですね。精油は入っていてもいなくてもどちらでもかまいません。

キャリーオイルを手にとって、それで彼のペニスを濡らしてあげましょう。手で愛撫するなら、口で愛撫するよりもずいぶん不快感が少ないはずですよ。

彼のペニスだけでなく、あなたのヴァギナの周辺もアロマオイルで濡らしておきましょう。


アロマオイルは「無印良品」や「生活の木」などでも買えます。ブランドにこだわるとものすごく高くなりますが、大衆的なメーカーのものなら100ml700円くらいで手に入りますよ。今どきはどこのアロマオイルもオーガニックで栽培されていますから、オーガニック認証にもこだわる必要はありません。


セックスの前にシャワーを浴びてもらおう!

フェラチオと同じくセックス嫌悪の要因となっているのが、「彼の臭い」です。体臭やペニスの臭いですね。

臭い人と体を重ねたくないと感じるのは自然なことですから、自分を責める必要はありませんよ。

彼の体が臭いなと感じるなら、セックスする前に「先にシャワーを浴びてほしい」とハッキリ伝えましょう。こうした自己主張は出来るようになっておいたほうが良いです。

シャワーを浴びて汚れ・臭いを洗い流すと、不快感はかなり軽減されるはずです。


シャワーを浴びてとお願いしても、「えー、いいじゃんいいじゃん!」などと軽いノリであなたを押し倒してくるような男性は、即刻別れたほうが良いです。どんなにイケメンでもお金持ちでも、恋愛全体が不快なものになるのが目に見えているので、すぐに別れたほうが良いです。

口臭も気になりますね。ミンティアのようなタブレットやミントガムを、彼の口に放り込んじゃいましょう。「ディープキスは好きじゃない」と伝えることも有効です。


体臭は、清潔を心掛けることで改善できるものですから、「あなたのからだ臭い!」と訴えてOKです。

ただし、ワキガについては注意が必要です。ワキガは先天的な病気で、当人も苦しんでいます。ワキガが臭い!と言われるととても傷つくので、体臭の原因がワキガだと思われる場合は、言葉に気を付けましょう。「臭い」というよりも「先にシャワーを浴びよう」という言い方のほうが良さそうですね。



どんな男性が臭い?どんな男性が臭くない?

体臭には個人差があります。そしてこれ、生活習慣によって大きく傾向がわかれること、ご存じでしたか?

お酒やお肉、タバコ、アルコールなど、嗜好品の摂取の多い男性は、まず間違いなく体臭がキツいです。それらの嗜好品が体臭を生み出すからです。

若いうちは快楽的な男性に惹かれやすいですが、そうした男性趣向を持っているうちはいつも体臭のキツい男性と付き合うことになってしまうのだと理解しましょう。

スポーツをする男性も大衆がキツい傾向にあります。汗を大量にかき、それが体臭となるからですね。

スポーツをする男性は肉食や脂っこい食品を好む傾向にあり、これも彼の体臭を増長させています。

香水を好む男性も、体臭がキツい傾向にあります。体臭がキツいから香水で隠したいのです。外でデートするだけなら心地よく感じるかもしれませんが、交際して距離が近くなると、香水をしていないときの体臭が苦痛になってくるでしょう。


文学系の、穏やかな感じの男性のほうが体臭は薄い傾向にあるということです。

なおかつ、お酒を飲まない、肉をあまり食べない、といった上品な気質をしているなら、大衆はかなり薄いでしょう。


体臭は、ある程度慣れてくる。

体臭は、「慣れ」のあるものです。

最初は「臭いなぁ」と思っていても、その彼と一緒にいる時間が長くなってくると、あまり不快に感じなくなってくることが多いです。

父親の匂いを「なつかしい」「落ち着く」と感じる人がいるのもこの原理で、父親も客観的に見れば「臭い」のですが、その匂いに子供の頃から接していると、「なじみ深い匂い」と感じるようになるのです。恋人の体臭についても同じことが起こります。

また、セックスに慣れ、セックスが好きになってくると、多少の体臭は「まぁいいや」と妥協できるようなってくるでしょう。ほとんどすべての女性がそうです。

フェラチオについても同じことが言え、十代の頃はお風呂あがりでないとフェラチオできなかった人が、二十代にもなるといつでもフェラチオできるように変わってきます。



思っていることをちゃんと伝えよう!

セックスを不快に感じる女性は、自分がイヤに感じていることを彼氏に言えていない人が多いです。自分にとって何が不快なのかを伝えないままに、「彼のあの行為が不快だなぁ。直してくれないかなぁ。」と言ってしまうのです。それは難しいことですね。

多くの女性は、彼のセックスが荒々しくて不快に感じています。それならその旨を、彼にきちんと伝えましょう。「痛いからもっと優しくして」「激しいのは私は好きじゃないわ」「もっと優しくして♡」といった具合です。

それを伝えてもぜんぜん改善してくれない彼は、サドっ気が強すぎるか、無神経な人です。別れましょう。金銭的に気前が良い、など他の長所があるとしても、セックスが不快な彼とは付き合わないほうが良いです。



身勝手なセックスをする男性とは付き合わないようにしよう!

「今日はそういう気分じゃないの」と告げても「いいじゃんいいじゃん!」などと言って彼の都合でセックスを始めてしまうような、無神経な男性がいます。ノリがよくて楽しい人なのかもしれませんが、そんな彼とは交際するのはヤメましょう。

すべての男性がそのように身勝手にセックスを始めるわけではありません。もっと彼女の気持ちや体調を配慮しながらセックスしてくれる優しい男性がいますから、付き合う男性の選び方を変えましょう。



自分の体にコンプレックスがあってセックス恐怖症?

自分の体にコンプレックスがあって、セックスを嫌悪したり怖くなったりすることもありますね。胸が小さすぎる、大きすぎる、乳輪が大きすぎる、ヴァギナの形がおかしいような気がする、性器周辺の臭いが強い、変な位置にホクロがある・・・などなど。

基本的に、あまり気にする必要はありません。問題ないですよ♪

男性にとって女性の裸・女性とのセックスはそれだけで宝物のようなもので、少しくらいイビツな部分があったところで、それを理由に彼女を嫌いになったりはしません。「乳輪が大きいからオマエとセックスしたくない」などと言う男性は、まず1人もいないでしょう。

体質的にどうしようもないコンプレックスは、「問題ないのだと知る」ことが大切ですし、「気にしない」ことが大切です。


臭いに関しては、努力をしましょう。

まずは、セックスの前にシャワーを浴びること。そして日常的に清潔を心掛けることです。1日に何度もシャワーを浴びる必要はありませんが、1日に1度は体をキレイにしましょう。

食生活が荒れていると、女性器も臭くなりやすいです。お酒やグルメが多いなら、それは改善するように努めましょう。タバコも吸わないほうが良いです。

性病によって性器が臭いを発することがあります。腐ったような臭いがしたり、おりものの形状・量・色が異常だと感じる場合には、医師の診断を受けて性病を完治させましょう。性病は放っておいて治るものではありませんからね!

性病の検査を受けることは、怖い・おっくうと感じるかもしれませんね。近年は、自宅で自分でチェックできるセルフキットが登場してきています。こうしたものを活用しましょう。性器の臭いが気になるなら、放置をしないほうが良いです。


太っているのが気になるなら、努力をしましょう。

「太っている」という体型は、残念ながら男性の性欲を萎えさせる要因となってしまいがちです。萎えさせる、もしくは最初から性欲を感じない男性が多いです。

肥満は努力で改善できるものです。恋愛のために、セックスのために、努力をしましょう。

「体脂肪を燃焼するお茶を飲む」というようなことよりも、実際的に体を動かしたり、食べる量を控えたりする努力が大切です。お金を出して楽な方法でダイエットしようとしても、散財するだけで上手くはいかないでしょう。また、そのような楽したがりな考え方をすると、「性格ブス」になってしまいがちなので注意が必要です。



セックスの技術にコンプレックスがあってセックス恐怖症?

セックスの経験が少ないゆえ、愛撫もフェラチオもよく知らず、それが原因でセックスが怖いと感じる女性もいます。

これも、気にしなくて大丈夫です。

男性は、女性がセックスについて無知でもべつに軽蔑しません。「ウブだな、かわいいな♪」と感じます。そして男性は、女性の裸を見るだけで幸せですし、ペニスを挿入できるだけで超幸せなので、彼女にセックスの技術がなくても別に不満にはならないのです。「上手いほうがうれしいけれど、下手でもべつにいい」と思っています。

セックスの技術に自信がないなら、むやみに虚勢を張らずに、「実は自信がなくて・・・」と伝えましょう。彼は優しくあなたに教えてくれるはずですよ。


ラブホテルに入ったことがなく、仕組みがわからなくて怖い、などという場合も、その旨を彼に伝えましょう。

成人してすぐに一人暮らしをはじめた女性などは、ラブホテルに入ったことのない人も少なくありません。一人暮らしの彼と長く付き合っている女性なども、ラブホテルに入る必要性がなく未経験だったりします。

ラブホテルに入ったことがあるか否かで女性の価値を決めるような男性はいませんから、気にしなくて大丈夫です。

ラブホテルの料金支払いや受付方法もホテルによって様々で、まごついてしまうことがあっても恥ずかしいことではありませんよ。



処女ゆえにセックス恐怖症?

処女・ヴァージンであるがゆえに、男性との交際やセックスを恐怖してしまう女性もいますね。

これも同じです。気にすることはありません。

男性の場合、恋愛やセックスをリードすることが求められがちなので、童貞であるとなると「頼りないなぁ」と言われてしまいますが、女性がセックス未経験でも男性は別に、批判したりしません。

むしろ、「処女とセックスできるなんてうれしい!」と思う男性も多いくらいです。

処女の女性に対して男性は、「この子は誠実なんだな♪」と感じます。誠実な女性と付きあえると男性はうれしいものです。


「処女ゆえに、セックスが未知数で怖い」と感じている場合は、レディコミなどを読んでみましょう。セックスがどのような感じのものか、ヴァーチャルで事前学習しておくと良いです。それで大体察しがつきます。

マンガよりも動画のほうがよりわかりやすいですが、動画の場合は乱暴な描写のものが多いので注意が必要です。気心の知れた女友達に、「乱暴じゃないセックスの動画、何か知らない?」と尋ねてみましょう。見やすいものを何か紹介してくれるかもしれません。

「スローセックス」というキーワードで動画検索すると、優しく上品なセックス動画がヒットしやすいですね。「女性向け アダルト動画」などと検索するのもよいです。

オナニーも経験しておくと良いです。性的な快感がどのようなものか、知っておいたほうがセックス本番のときのビックリが軽減できます。自分の指やバイブを膣に挿入する経験をしておくことで、男性のペニスが入ってくることにもあまり怖さを感じなくなるでしょう。

オナニーを充分に経験しておくと、セックスの際の感度も上がります。



いかがでしたか?

セックス恐怖症・男性恐怖症は、長年抱え続け、苦しみ続ける女性が多いです。しかし、「打ち明ける」ということであっさりと解決してしまうことが多いですよ。勇気を出しましょう。まったく恥ずかしいことではありません。

また、優しい男性を選ぶようにしましょう。優しい男性は、あなたが恐怖やコンプレックスを抱えていてもそれを笑ったりはしません。そして、心地よいセックスが出来るように優しく協力してくれます。

どうしても男性が怖い・不快なら、オナニーを楽しむことで性欲処理をしても良いですね。それでも充分気持ちよいですよ。