top of page
  • れな

セックスが好きなら、ピルで避妊をしたほうがよいです。

スピリチュアルセックス、それに関連する言葉を検索してこのサイトに訪問したなら、あなたはセックスが好きなのでしょう。子孫を残す目的以外に、セックスを楽しみたいと考えているのでしょう。

セックスライフを充実させたいと考えているなら、ピルによる避妊を検討するとよいです。


アフターピルではなく、低用量ピル(常時服用のピル)についてを記述しています。



欧米人女性の4~7割はピルで避妊をしている。

欧米では、40~70%もの女性が、低用量ピルによって自分で避妊をしているのだそうです。国によってばらつきはありますが半数かそれ以上ということです。そして、恋愛適齢期や恋愛好きの女性においてはそれ以上の確率でピルが活用されていることがわかります。

日本は、近年になってようやく、ピル避妊が認知されてきました。これからどんどん増えるでしょう。



実はコンドームよりも避妊効果が高い。

低用量ピルの避妊効果は100%ではない!という警鐘の声が聞かれます。それはそのとおりで、99.7%と言われています。

しかし、コンドームの避妊効果は90%程度にすぎず、低用量ピルのほうが避妊効果が高いのです。



ピル服用の効果には生理痛の軽減も。

避妊目的で低用量ピルを服用していても、生理痛や生理による諸症状の軽減効果もあります。PMSのイライラを軽減することもできます。

生理周期をコントロールすることもできるようになるため、旅行や結婚式、ビーチバカンスなどが生理と重なることを防ぐこともできるようになります。



美容効果も。

低用量ピルには、エストロゲンという女性ホルモンが主成分となります。これは生理諸症状を軽減するだけでなく、女性らしい体を作ることを助けてくれます。美肌や乳房の発達を促すものです。

アダルトビデオ女優さんや水商売の女性がいつまでも美しいのは、ピルを日常的に服用している人が多いから、という事情もあります。

ニキビ・肌荒れ改善の効果も有名です。



副作用はあまり心配いらない。

避妊ピルを否定する理由として、副作用を警鐘する専門家は多いです。

しかし、実際問題としては、副作用はあまり心配いりません。服用をはじめて1か月程度の間は、吐き気や頭痛などの症状が出る人もいますが、じきに発症しなくなります。

副作用がまったく出ない人もいます。

そもそも、生理痛用の薬や、生理諸症状の不快感をカバーするための薬を飲んでも、副作用のリスクはあります。



オンラインで処方してくれる病院も増えている。

今では、オンライン診療で診察し、避妊薬処方まで行ってくれる病院も増えています。病院に行かなくてもピルを入手できるのです。

低用量ピルは、1か月3,000円程度の費用で済むでしょう。


「セックスのためにピルが飲みたい」と言うのは恥ずかしいでしょう。

「生理痛が重いのでピルが欲しい」と言えばよいです。それでもすんなり処方してもらえるでしょう。



少々の費用がかかったり副作用が出たりもするのですが、トータルで見ればメリットのほうがずっと大きいと言えます。

セックスを楽しみたいと考えているなら、ピルで避妊をするとよいです。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page