top of page
  • れな

セックスがしたいけど妊娠が怖い?対処法はあります。

セックスの快感を楽しみたいけれど、妊娠してしまうのではないかという不安がどうしても大きい、といった悩みを持つ女性がいるでしょうか。

それでもセックスを楽しむことは可能です。

 

 

口淫で楽しんだらよい。ただし事前にその同意を貰うこと。

妊娠がどうしても怖いのであれば、口淫やペッティングを楽しんだらよいです。

口淫とは、口を使って性的快感を与えることを言います。フェラチオやクンニのことです。それなら絶対に妊娠はありません。

ペッティングとは、体を愛撫し合うが挿入はしないセックスのことです。

ペニスを挿入しなくてもセックスの快感を楽しむことは可能です。

 

ただし、その彼とセックスを交わす前に、「妊娠が怖いから挿入をせずに楽しみたい」と伝えるべきです!そして同意を貰いましょう。

セックスを始めてから「挿入はナシで」と言っても、不服に感じて受け入れてもらえないことがあるでしょう!

「ペニスを挿入できないセックスでもかまわない」と言ってくれる男性を、選ぶべきです!

 

 

彼への配慮が必要です。

セックスを楽しみたいとしても、自分のことだけしか考えないのでは良くありません!

彼だって性的快感を楽しみたいものです。

膣内での律動の快感の代わりに、口や手でしっかりとペニスに快感を与えてあげましょう。また、射精まで導いてあげましょう。

 

あなたが愛撫やクンニを受けてそれでおしまい、というのでは、彼に不満が残ってしまいます。

 

 

バイブレーターなどもある。

女性にとっては、ペニスの代替物があります。膣の中に大きな刺激を受けたい場合、バイブレーターなどのアダルトグッズを使うと良いです。

彼が持っていることもありますが、自分で用意するのがスマートです。バイブレーターなどはAmazonでも買えます。中身がわからないように送ってくれます。

 

 

基本的には低用量ピルで妊娠を防げる。

セックスを楽しみたいが妊娠をしたくない、という場合、基本的には低用量ピルを服用していれば妊娠はしません。「生理痛がひどいからピルを処方してほしい」「生理痛が仕事に支障をきたす」と言えば、処方してもらえるでしょう。1か月3,000円程度の出費で済むはずです。

近年は、オンラインで診察や処方をしてくれるクリニックも増えています。

女性の医師が多いですし、股を開かなくても処方してもらえます。

 

セックスを楽しみたい気持ちが強いなら、低用量ピルで避妊をするとよいです。

 

 

すべての男性が応じてくれるわけではないかも。

「セックスをしたいけれど、妊娠が怖いからペニスは挿れないで」とお願いしても、不満そうなリアクションをする男性もいるでしょう。

基本的に、男性にとってセックスは、膣に挿入してその中の快感を楽しみたいのです。また、射精に至りたいものです。

あなたの体を愛撫して終了、というのでは満足できそうにありません。

 

寛大な男性を見つける必要がありますし、挿入しない代わりに手や口で射精に導いてあげるべき、と考えましょう。

最新記事

すべて表示

「一度だけ抱きしめて」とアプローチしてみては?

日本人女性が恋愛をつかみ取れない要因の最たるものは「自信がない」「勇気がない」といったメンタル的な問題であるようです。 また、自信や勇気があっても「相手に迷惑をかけたくない」と優しすぎてしまう人もいるでしょう。 「一度だけセックスして」とアプローチしてみては? 「私なんかが彼の時間を使っては失礼だわ」などと感じてしまって、言い出せないでいるならば・・・「一度だけでいいので、セックスしてくれませんか

ガイド霊が特殊恋愛を許すのはどんな人?

パートナーがいるのに他の男性を好きになってしまったとき、「その恋愛に踏み込んでもよい」とガイド霊から示唆を貰う人もいます。 浮気や不倫が許可される、ということです。 ガイド霊が特殊恋愛を許すのは、どのような人の場合でしょうか。 魂の達観具合と、言動の冷静さ。 ガイド霊や浮気や不倫めいた恋愛を許可するのは、主に3つの要素が重点です。 まず第一に、夫や彼氏が風俗や不倫・浮気をしているケースです。 彼が

濃密な愛撫をしてほしいが言い出せない?

セックスをしていると、「たくさん愛撫をしてほしい」という欲求を抱くようにもなります。美味しいものをお腹いっぱい食べたいように、愛撫の快感も「もうギブアップ!」と思うほどに享受したいのです。 しかしそれは相手も疲れることだと察せられ、彼におねだりできずにいるでしょうか。 誕生日など口実にするとよい。 「長い時間愛撫してほしいが、遠慮心から言い出せない」と戸惑っているなら、あなたの誕生日など利用すると

Comments


bottom of page