top of page
  • れな

スピリチュアルな会話を共有できそうな友人や知人のオーラの目安は?

恋人とスピリチュアルな会話を交わしたいと願っている女性は多いことでしょう。それが思う存分できなくて、今の恋愛に不満を感じているのではないでしょうか。スピリチュアルな興味を共有できているカップルはほとんどいません。


この記事では、引き寄せの法則や御朱印集めなどの「他力本願なスピリチュアル」ではなく、座禅瞑想やヨガ、アセンションなどの「自己成長のスピリチュアル」の感性について述べます。



「友人が幼く感じる」は自然な感覚。

クラスメイトや職場同僚、大衆が幼く感じられ、「あまり遊ぶ気にならないな・・・」と思うとしても、その感覚は自然です。

実際のところ日本人の精神性は幼く、これは女性に顕著です。

日本人女性は快楽と怠惰に夢中で、自分を磨こうという向上心も社会に貢献しようという献身も乏しいです。恋愛においても男性に尽くしてもらうことばかり考えています。

自己成長的なスピリチュアリズムを持つ人にとって、周りのほとんどの女性は幼くつまらなく感じられるでしょう。


そしてスピリチュアル好きな人々の多くも、幼く感じられるでしょう。彼女たちの大半は、他力本願な願望成就にばかり夢中で、自分を成長させようという意欲に乏しいからです。小学6年生のようにおまじない遊びに夢中です。


遊びたい、語りたいと感じる人が周りに少なく、アフターファイブはすぐ家に帰って黙々と読書・・・といった感覚は、ある程度精神性の高い人にとって自然な感覚と言えます。

とはいえ、さみしさを感じるのもよくわかります。



「紺色70点、緑70点」が1つの目安。

「アセンションを果たしたい」「人の役に立ちたい」といったことを本気で語るような人のオーラの目安は、「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」といったところです。

このオーラの数字は、当サイトの「オーラ診断」におけるものです。他のメディアでこの基準で語るものはありません。


「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」を誇る人は非常に非常に少ないです。現代日本の1%程度です。100人に1人程度しかいないでしょう。

同性友人に求めるとしても、恋人に求めるとしても、非常に狭き門です。

それらしき人を見つけたなら、ちょっと強引にでも友達になったほうがよいです。一生に一人出会えるかどうかもわからないので、見つけたなら逃すのはもったいないです。SNSのフレンド申請をお願いしたり、「友達になって!」と食事に誘ったりしてみましょう。



「オールドソウル」を探すのも良い。

点数ではない基準で述べるなら、「オールドソウル」を当たるのが良いです。オールドソウル男性の多くは「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」に達しています。女性の場合はオールドソウルでも「ロイヤルブルー60点、かつグリーン60点」程度なことが多いです。

この二色が70点でないとしても多彩な感性を持つ人が多く、「まじめで楽しい」といった両極性から安全かつ楽しい友人となるでしょう。



ヴァイオレットな人の中には、とても少ない。

スピリチュアルな趣味を持つ人は、ヴァイオレットな人に多いです。

13色のオーラの中でもヴァイオレットが突出している人や、紫色の服飾品・アートなど好む人、アロマテラピーの熱心な普及者などです。

スピリチュアルな興味を共有するうえで最も最適なように思えますが、実情はそうでもありません。

ヴァイオレットな人の多くは、他力本願なスピリチュアルを好む傾向にあります。スピリチュアルな知識やグッズをよく知ってはいますが、自己成長のために懸命に頑張るようなことは少ないです。

誤った情報を頑なに信じている傾向があります。



このサイトに興味を持つのは訪問者の1パーセント以下・・・

このサイトは占いとスピリチュアル情報をテーマとしています。

しかし、訪問者のほとんどは、検索してきた記事を読んだらもうサイトを閉じてしまいます。

私(れな)の切り口のスピリチュアルコラムに興味を持ち、ブックマークして何度もサイトに訪れるような人は、訪問者の1パーセントにも達しません。

ご存じのとおり、「〇〇には実は大した効果はない」といった冷めた内容ばかりを書く当サイトですが、ほとんどの訪問者にとって、こうした内容はつまらないのです。

スピリチュアルなことに興味を持つ人でも、あなたと価値観が合いそうな人は、1パーセントにも満たないだろう、という感じです。



「紺色70点、緑70点」が最も多いのはバックパッカー。

「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」という感性の人が最も多い人種は、現代日本においてはバックパッカーです。大きなリュックサックを背負って、質素な旅をするような人々のことです。

近年、バックパッカーには派手な人も増えており、そうした人はこの基準には達していません。

ビジネスや旅自慢をしないようなバックパッカーを当たる必要がありますが、この手の人はブログやSNSをあまり好まない傾向にあり、インターネット上で見つけるのはなかなか難しいです。

最も確実なのは、あなたが実際にバックパッカー旅をすることです。東南アジアの、一泊500円程度のゲストハウスに泊まってみたりすると、こうしたバックパッカーに出会うでしょう。お酒を飲まない、優しそうなバックパッカーに着目してみてください。


「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」のバックパッカーは、スピリチュアルな話をあまりしないでしょう。スピリチュアルというよりも、自己成長やストイックな生き様に興味を持っています。逆説的に言って、占いがどうの、パワーストーンがどうのといった話はしないです。

遺跡を好む傾向にあります。



スピリチュアルな会合にはいない。

スピリチュアルな友人を作りたいと思ったとき、ワークショップやすぴこんのようなイベントに赴き、人脈作りをするでしょうか。

しかし、「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」レベルの達観したスピリチュアリストは、スピリチュアルな会合にはまずいないです。なんらかの事情があって顔を出すことはあるでしょうが、頻繁にスピリチュアルな集まりに顔を出したりはしないです。そうした会合のレベルが低いと感じているからです。


占い師やチャネラーの中に、「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」な人はまずいないです。いるとすれば、当サイトの管理人様のように、「本当は占いなんてキライ、チャネラーなんてやりたくない」などと言っているでしょう。



「紺色60点、緑60点」ではやや物足りない。

「ロイヤルブルー60点、かつグリーン60点」といった感じのスピリチュアリストも、それなりに深い話をするでしょう。日本人の3%くらいはいます。

しかし、60点程度ではやや物足りないでしょう。

星座占いには興味がないがマヤ歴(13の月)に夢中になっていたり、多少欲深いところがあったりします。あなたにとって、友人の一人にはなりえますが、親友や「尊敬できるアドバイザー」としてはやや物足りなく感じられそうです。



尊敬をしたいなら「紺色80点、緑80点」。

「いつでもためになる会話しかしない」といったハイレベルなスピリチュアルフレンドを求めるなら、「ロイヤルブルー80点、かつグリーン80点」くらいの人を当たる必要がありそうです。

日本人の0.5%もいないです。

バックパッカーや学者くらいにしか存在しないでしょう。

仏教的な質素なスピリチュアリズムを持っているでしょう。


「オールドソウル」でも、「ロイヤルブルー80点、かつグリーン80点」に達している人はなかなかいないです。



まず間違いなく「草食系男子」です。

「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」に達するような男性は、まず間違いなく草食系男子です。

性欲はあります。恋人に対してとても優しく、セックスも優しいでしょう。恋愛相手として非常に魅力的な人です。

しかし、恋愛にはガツガツしておらず、女性を口説くようなことはあまりしません。SNSで女性にフレンド申請はあまりしません。

知り合いになって会話が弾んでも、「食事に行きましょうか」と誘ってこないでしょう。「お酒を飲みに行きましょう」とはまず言いません。

女性にとって、酔わせてもらったほうがセックスや恋愛に進展しやすく都合が良いかもしれませんが、だからこそ彼らは、女性を酔わせるような策略はしません。恋愛したいからといってお酒に酔わせるのは、「卑怯なこと」だと考えています。それが誠実な男性の思考です。


たとえばこの人は、あなたが困っているのを見かけたとき、助けてくれるでしょう。そしてにこっと微笑みます。しかし、「あの、これから食事でもどうですか?」とは言ってこないのです。この人は、人助けによる出会いを恋愛に結び付けようとはしません。名前も名乗らず去っていってしまうので、あなたのほうから、「待って!お礼に食事をおごらせてください!」とでも言って引き留める必要があります。


「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」な男性と恋愛やセックスがしたいなら、あなたのほうからかなり積極的になる必要があります。あなたのほうが「肉食女子」になる必要があります。

「あなたと食事がしたい」「セックスがしたい」「週末にデートがしたい」と、どんどん言いましょう。多少断られてもめげないでください。



飛び込まないと出会えない。

「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」というレベルの精神性の人は、普通の生活ではなかなか出会えません。スピリチュアル業界を探していても見つかりにくいです。簡単に友人になることはまず無理です。

どこか、思い切った場所に飛び込まないと、出会えないでしょう。

上述したように、あなた自身がバックパッカーに挑戦して質素なゲストハウスなど泊まってみるのが得策です。

東南アジアをさすらうのがどうしてもきついなら、沖縄の離島なども良いでしょう。やはり質素なゲストハウスや民宿などを当たる必要がありますが。


恋愛において、男性から口説かれるのを待っているような受け身な女性では、「ロイヤルブルー70点、かつグリーン70点」な男性と親密になることはまず無理です。恋愛関係どころか、友人になることすら困難です。



このサイトが役に立つかも。

「理解者がいない」そう感じてさみしいとき、ぜひこのサイトに訪れてみてください。

神性が高いゆえに孤独に陥りがちな人たちのために、私はコラムを書いています。

私のコラムを読むことで、スピリチュアルな友人とおしゃべりしたような気持ちになるのではないでしょうか?

もうすべての記事を読んでしまったでしょうか。もう一度読んでみてください。前とは違う発見があるかもしれません。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page