top of page
  • れな

スピリチュアルが好きですか?スピリチュアルな男性でないと恋愛が上手くいかないでしょう。

あなたはスピリチュアルなことへの興味が強いですか?座禅瞑想の練習をしたり、アロマテラピーを活用して健康管理をするでしょうか。

あなたにとって、相性の良い恋愛相手はとても限られるでしょう。



スピリチュアルな男性でないと恋愛が上手くいかないでしょう。

スピリチュアルへの興味が強い女性にとって、同じようにスピリチュアルな男性でないと、恋愛は上手くいかないでしょう。



男性の多くは「うさんくさい」と思っている。軽蔑されてしまう。

男性の多くは、スピリチュアルを「うさんくさい」と思っています。

神社に商売繁盛の祈願に行くような男性でさえ、そうしたもの以外の、たとえばアロマテラピーやレイキは「うさんくさい!効果があるわけがない!」と思っています。

女性のほうが霊感に対して繊細で、たとえばアロマテラピーの作用や満月・新月の体調不良など実感していても、男性は鈍感で実感できない人が多いのです。

この実感できないタイプの男性たちは、女性がスピリチュアルなものに夢中になったりお金を払ったり、おしゃべりしたりすることを軽蔑します。

「埋められない溝がある」のです。



隠して付き合っても、満たされない。

スピリチュアル業界にはよく、裕福な旦那との不仲を嘆く女性を見かけます。

彼女は旦那にスピリチュアルな興味を隠しているのです。自分の感覚や好きなことを旦那に話せないため、「この恋愛は楽しくない」と感じています。

またはワークショップの参加など隠し通していますから、気持ちがソワソワして落ち着きません。


スピリチュアルな興味を隠して男性と付き合っても、心が開けないので満たされません。

女性は、心を開いていない男性とセックスしてもあまり快感を感じないため、セックスライフも満たされず、悶々とします。他の男性を求めたくなってしまうでしょう。



スピリチュアルな男性の中から探す必要がある。

すると、あなたがスピリチュアルな興味が強いなら、恋愛相手はスピリチュアルな男性の中から探す必要があります。



スピリチュアルな男性といっても、2種類がいる。

スピリチュアルなことを好む男性なら誰でもよいというわけではありません!

霊的なことへの関心が強い男性には、大きく分けて2種類がいます。


1つは、「願掛け盲目」タイプです。

金運サイフに高いお金を出したり、怪しい護符や開運グッズを買い漁ったりします。縁起や迷信に神経質になったりします。悪いことがあると神社の厄払いなどにお金を浪費します。

男性がこのようであると、あなたはドン引きするでしょう!


もう1つは、霊的真理を探究するタイプです。

輪廻転生について勉強したり、座禅瞑想を組んだり、本を熱心に読んだりするような人です。

あなたには、このようなタイプの男性が向いています。



スピリチュアルなセックスは、霊感の強い人でないと体感できない。

スピリチュアルセックスや神秘体験の伴うセックスは、あなただけでなく相手男性も霊感の強い人でないと、その神秘を体験できはしないです。

セックスをしながらエネルギーが渦巻くのを感じるのは、普段からエネルギーの触感を感じられる人だけです。



恋愛相手選びは慎重になりましょう。

また、霊的真理への興味が強い男性はとても少ないです。見つけたらあなたのほうから声をかけましょう。

金運サイフや怪しい護符など好む男性は快楽主義が多く、よく声をかけてきます。受け身でいるなら、あなたはろくでもない男性とばかり親密になってしまうでしょう・・・。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page