ストーカーに遭ったことのある女性が恋愛で気を付けるべきこと。

ストーカーに遭った経験を持ち、男性や恋愛、社会に対して嫌悪感や恐怖心を抱いている女性がいることでしょう。

ストーカーに遭わないようにするためには、どうすればよいのでしょうか?



「可愛い=セクシーである」と心得て!

近年の、特に若い女性には、「可愛い」ということが性的魅力であることをあまり理解できていない人が少なくないようです。恋愛をすることには大して興味はないが、自分を可愛く着飾りたいと考え、熱心におしゃれやメイクをします。アイドルみたいな自分になりたい、といった動機に基づくこともあるでしょう。

しかし、それは危険なことなのです!

「可愛い」ということは、あなたがそれを意識していないとしても、男性から見れば「セクシー」な魅力なのです。男性たちは可愛いあなたを見て、少なからず性的な興奮を覚えますし、セックスしたいと感じたり、勃起をしたりします。

可愛いおしゃれの中でも特に、「ミニスカート」「肌露出が多い」「バストの大きさやくびれを強調している」「艶っぽいメイク」これらはセクシーなものだと理解してください。

あなたがミニスカートをはいていると、男性たちは興奮するのです。あなたの体に触りたいと感じます。


また、可愛くおしゃれをしている女性に対して男性たちは、「彼女は恋愛やセックスへの興味が強いのだろう」と考えます。「誘っている」と思われてしまうのです。


つまり、男性たちから性的な目で見られるのが嫌なら、おしゃれにはあまり力を入れないことです。特に上述したような、「ミニスカート」「肌露出が多い」「バストの大きさやくびれを強調している」「艶っぽいメイク」といったおしゃれは控えましょう。

露出の少ないおしゃれ、カッコイイ系のおしゃれをするようにしましょう。


もちろん、可愛いおしゃれを控えるなら、男性から好かれることは減るでしょう。それらは表裏一体なのです。

恋愛をないがしろにはしたくないなら、大好きな彼と二人きりのときだけ、可愛いセクシーなおしゃれをするようにしましょう。



快楽やぜいたくを好む男性は身勝手な行動をとりがち!

男性の選び方も気を付けるべきです。

気前よくプレゼントをくれる男性や、グルメをごちそうしてくれる男性、快楽的なレジャーによく連れて行ってくれるような男性についていってしまっていませんか?日本人女性の半数くらいはこのような恋愛をしてしまっています。

しかし、快楽やぜいたくを好む男性というのは、身勝手な性格をしているものです。自分の性欲や恋愛欲求のことしか考えずに、あなたを支配・束縛しようとするのです。

しかも、あなたが言うことを聞かないときには、脅迫をしてきたり暴力を振るったり、酷い手段を選びます。話し合いは通じず、彼の欲望を押し通すのです。

そのような男性と恋愛するのはやめましょう。

誠実、さわやかな男性を選ぶべきです。



芸能活動はストーカー被害と背中合わせだと覚悟して!

昨今、アイドルやモデル、歌手など、芸能活動に憧れる女性は非常に多くなっています。

芸能活動を志すこと自体は何も悪くはないのですが、その業界の宿命は肝に銘じるべきです。

芸能人は、男性から性的な目で見られやすく、ストーカーなどの性的な被害に遭いやすい宿命にあります!そのためにプロダクションが間に入ってマネジメント作業を肩代わりするのですが、それでもなお、タレントの私生活に割り込もうとするファンはいるものです。

可愛い女性は、男性から見て性的魅力が高いのです。

あなたは「人気を得るためにおしゃれしてるだけだ」と思っているかもしれませんが、それは同時に、性的魅力を高めることにもなっているのです。

ストーカーめいたことが嫌なら、芸能活動などをしないほうが良いです。


「可愛くなりたい」「容姿を褒められたい」という思いはあって自然です。それは、大好きな彼にだけに、ひっそりと披露するようにしましょう。渋谷の街にミニスカートで出かけるのは、やめたほうが良いのです。



あまり好きでない男性にはセックスをがんばりすぎないほうがよい!

男性が女性に執着する要因の最たるものは、セックスです。セックスの魅力の高い女性のことを、手放したくなくなってしまうのです。

そのため、付き合っている彼のことをあまり好いていないなら、セックスをがんばりすぎないほうが良いです。

彼はあなたに、「可愛い下着を着て」「もっと舐めて」などと図々しく要望してくるでしょうが、それに律儀に応じないほうがよいです。または、「仕方なく応じる」という表情で行いましょう。

セックスの魅力が並み程度であれば、別れが来たときに執拗にあなたを追ってくるようなことは少ないはずです。


ワンナイトラブなどをあなたが男性に誘う場合も同じです。あまりにも性的魅力を見せつけすぎると、彼はあなたと何度もセックスしたくなり、執拗に追ってくるでしょう。


セックスを本気で楽しみたい(自分も相手を思いきり喜ばせたい)場合、あなたがよほど好感を抱いている男性や、自制心の強い精神性の高い男性を選びましょう。または、女性との別れに慣れている男性です。



セックスを本気で楽しめる相手は少ないということ!

近年は、性欲の強い女性は多く、セックスを思いきり楽しみたいと考える女性は多いでしょう。それは悪いことではないのですが、あなたのその願望を満たすのにふさわしい相手は、とても少ないことを心得てください。

ただえっちなだけの男性では駄目なのです!

誠実で、自制心の強い男性を選ぶべきです。