top of page
  • れな

シルバーのオーラを持つ人はいるの?

オーラに関する記述について、シルバー色のオーラが云々、と語るものを見かけます。

私たちの社会において、金と銀、ゴールドとシルバーは格調高い色として認識されており、シルバーのオーラがある人とはすごい人だ!という印象を受けます。



シルバーのオーラは存在しない。

率直に言って、シルバー色のオーラというのは存在しません。

シルバーのオーラについて記述している人は、神秘的なことを書いて注目を集めようとしているか、または何かかんちがいをしています。


「シルバーのオーラを持つ何々さんは非常に高次の魂で」などと書いている人は、神秘主義で人を惑わせたい、卑しい人です。その人の他の情報も、過剰に神秘主義な、でたらめなものが多いでしょう。



シルバーコードとは?

シルバーのオーラに似た概念として、シルバーコードというものがあります。

宇宙と繋がっている、高次元存在と繋がっている、その接続プラグのようなものとしてシルバーコードは解説されます。

レイキを会得している人は、シルバーコードが繋がっています。

気功を会得してもシルバーコードは繋がりません。


「シルバーコードが繋がるヒーリング」といったものを提供している人がいますが、それはでたらめです。そんなに簡単に繋がるものではありません。

「シルバーコードを接続する、とアファメーションすれば繋がる」などと説く人がいますが、それもでたらめです。


オーラ視の出来る霊能者などが、シルバーコードを視認することがあります。



シルバーのオーラは、宇宙にも存在しない。

シルバーのオーラを持つ人は、地球にはいません。そればかりか、宇宙にも存在しません。

「シルバーのオーラを持つ〇〇星の××が私を守護している」などと語る霊能者がいるかもしれませんが、それはでたらめです。自分を崇高に見せかけたいのでしょう。


地球に住む人々、地球を管轄するアセンテッドマスターや天使たちの知る範囲の宇宙に、シルバーのオーラは存在しません。

もっと外側の宇宙には、シルバーのオーラは存在するかもしれませんが、そうした者が地球に住む人に話しかけてくるようなことはありません。



ペテンに利用されやすいワード。

要するに、「シルバーのオーラが云々」と書くような人は、ペテンなスピリチュアリストです。

だまされないように気を付けてください!

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page