top of page
  • れな

コロナ時代の恋愛はどうすれいい?

21世紀に様々な天変地異や人口淘汰が噴出することは、スピリチュアリストの多くは見聞きしていたことでしょう。

「伝染」という性質を持つコロナウイルスの流行は、大規模な人口淘汰の到来を予感させます。コロナがどれほど大きな惨事に発展するかはわかりませんが、「カルマの法則」「鏡の法則」の典型例と言えます。


これからの時代、私たちは恋愛をどう楽しめばよいのでしょうか?



繁華街に行く人ほどコロナにかかりやすい。は理解していますね?

繁華街に繰り出す人ほどコロナウイルスに感染してしまいやすい、という法則性は、皆さんもう、理解されていると思います。

そして、質素な生活を送る人はコロナにかかりにくいのです。


すると、「恋愛相手にどのような男性を選ぶか」あなたのその感性次第で、コロナにかかりやすくなるか否かは大きく変わってきます。

それは、これからの時代において、大きな分岐点となりそうです。



繁華街を好む男性、裕福な男性を求める女性ほど、コロナのリスクも大きい。

多くの女性は、楽しいレジャーに連れていってくれるような男性を好みます。街の豪華なレストランに連れていってくれる男性を好みます。

しかし、そのような繁華街を好む男性、都会でお金儲けにいそしむ裕福な男性ほど、コロナに感染しやすいわけです。そうした男性と恋愛しようとする女性もまた、コロナのリスクは大きくなります。



家と公園を往復するだけのようなナチュラルな男性を求めるなら、コロナのリスクは小さい。

仕事が終わったらすぐ家に帰る。休日や自粛期間には近所の公園に軽い運動をしにいくだけ。そんなナチュラルな男性は、世間がどうであれコロナウイルスに感染しにくいです。そうしたナチュラルな男性と恋愛しようと考える女性はつまり、コロナにかかってしまう可能性は限りなく低いと言えます。


世の中には、「自粛期間」と言われているのに耐え切れずに歓楽街やレジャースポットに遊びに出かけてしまう人がいます。

その一方で、律儀に安全な生活を保てる人もいます。質素で単調な生活でも耐えられる人が、いるのです。

恋愛をするのが良い・悪いではなく、セックスをするのが良い・悪いではなく、三密を避けてナチュラルに暮らせるような人なら、恋愛してもコロナにかかる危険性は低いわけです。


あなたはどんな男性を求めますか?公園を好むようなナチュラルな男性が好きなら、デートをしてもセックスをしてもコロナにかかる可能性は低いです。



早めに動いたほうがよいのでは?

気になっている人とまだ親密な関係が築けていないなら、早めに動いたほうがよいのではないでしょうか?

今はまだ電車に乗れる状況ではありますが、いずれは電車や飛行機が止まってしまう可能性もあります。たった一度の願いすら叶わなくなってしまう前に、人生に後悔を残さないように、積極的になりましょう。

恋はあなたの人生において、とても重要なことなのではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page