クリスタルチルドレンは生きづらい?幸せな生き方の指針。

クリスタルチルドレンには、今の社会を「生きづらい」と感じている人が多いです。

そうしてウツ気味になったり、厭世的なアニメや映画に強く共感してナイーヴになることもあるでしょう。

どうすれば、ポジティブに幸せに生きていけるのでしょうか?



逃げるわけにはいかない。人生の前半は自分を鍛える期間と考えて。

人生が辛いと感じても、人生から逃げるわけにはいきません。身勝手に楽しいことにだけ没頭していてよいわけではないことを、あなたはわかっているでしょう。楽して不労所得を得てビーチバカンスに勤しむ様子を自慢する、そんな自己啓発のワークショップ講師を崇拝してはいけません。

人生の前半は、「自分を鍛える期間だ」と考えましょう。


口の悪い人にうんざりするでしょうが、嫌味に耐えたり、笑って受け流したりする心を鍛えましょう。

不毛な軍隊のような学校教育にうんざりするでしょうが、それらに一通り耐えられるように、歯を食いしばりましょう。基礎学力や社会性を身に着けましょう。

会社がどこもブラックでうんざりするでしょうが、多少の黒さを受け入れる「妥協」を身に着けましょう。



「社会性がある」と自信がついたら、生きる環境を選択しましょう。

学校も仕事も懸命にがんばって、「私は充分に社会性がある」と思えたなら、もうそんなに無理をしなくてよいです。そこからは、スタンスを変えてよいです。

あなたにとって「心地よい」と感じるように、生きる環境を選択し直しましょう。


大都会のブラックな会社でいつまでも耐える必要はないです。親は怒るかもしれませんが、その会社を辞めて、もっと誠実で人情味ある会社に転職しましょう。お給料が低くても自分を卑下しないでください。正社員でなくてもよいです。


たとえば大阪など、住んでいる町があまりに粗野に感じるなら、引越しを検討しましょう。

親に「引っ越そう!」と打診するのもよいです。「私のアトピーは田舎のほうが治るよ!」と説得するのもよいです。親は動いてくれないかもしれませんが。

一人で引越しをするとしても、無理に完全な自立にこだわる必要はありません。親戚の家に居候させてもらったり、シェアハウスであれば月収15万円程度でも暮らせます。


「幼なじみ」という鎖に囚われる必要はありません。幼なじみであろうとも、価値観があまり合わないと感じるなら、慣れ合わなくてよいです。もっとあなたの価値観に近い人を探し、新たな友情を築きましょう。

一人を愛するのもよいです。いつも個人行動ばかりでもよいのです。「おひとりさま」文化はすっかり定着してきています。



「私と同じくらい誠実だ!」と思える男性を探しましょう。

恋愛に焦がれているでしょうか?いくつか恋愛をしてみても、男性が不誠実で粗野でゲンメツしているかもしれませんね。あなたの美しさに寄ってきて口説いてくる男性とテキトウに付き合うのは、もうやめましょう。

男性選びは慎重になってください。

よく見渡し、観察して、「この人は私と同じくらい誠実だ!」と思える男性を探しましょう。

そのような男性にだけ、心を開けばよいです。セックスをする相手は、誠実で優しい男性だけでよいです。数が少ないとしても、そのほうがあなたの心は満たされます。


オナニーを卑下しないでください。相手がいないときは、オナニーで性欲を解消しましょう。たくさんオナニーを楽しんでもよいのです。バイブレーターを使ったり、オナニーの快感を研究したりしてもよいのです。



お金に対して欲を減らすと、生きることは楽になります。

報酬の高い仕事は、ブラックなところが多いものです。ハードで精神的に擦り切れる仕事が多いものです。「月収が20万円を超えなくてもいいや」と思えるようになりましょう。

洋服が欲しいのはわかります。しかし、ブランドにはこだわらず、プチプラなものでも良いと思えるようになりましょう。ファッション費は半分以下に減らせるはずです。

メイクアイテム、スキンケアアイテムにも同じことが言えます。


高収入の男性には不誠実な人が多いです。そのことに気付いていますか?

恋人の収入を気にしなくなると、あなたの恋愛はずっと上向くはずです。



無気力さや気だるさを感じるなら、体を動かしましょう。

繊細な感性を持つ人は、インドアで静的な人が多いです。文学や芸術を愛するのはよいことですが、体を動かさないと体が重たくなってきます。

適度に体を動かすとよいです。勝ち負けにシビアな競技や激しすぎる運動は推奨しません。軽いジョギングやウォーキング、ダンス、エアロビクスなどが良さそうです。

柔軟体操に打ち込むと、手足が細く長くなりますよ。

仕事に、ウェイトレスのような立ち仕事を選ぶのもよいでしょう。お金を貰いながら体力が身に付きます。