クリスタルチルドレンの中でも高次天使の魂を持つのがピュア・クリスタル。

現代日本の場合、クリスタルチルドレンは非常に大勢います。 そして精神性の低い人や劣等生も多いです。 多くのスピリチュアリストがイメージしているような「天真爛漫で人々を癒してまわる」といった気質を見せるのは、ピュア・クリスタルに多いです。高次天使の魂を持つ人です。



高次天使の魂を持つのはピュア・クリスタル。その特徴は?

ドリーンバーチュー氏の解説するような、美しく癒し系で、社会への大きな影響力を持った優秀なクリスタルチルドレンは、「ピュア・クリスタル」と呼ばれます。 おそらくあなたが興味を持っているのはこのピュア・クリスタルでしょう。 この記事ではピュア・クリスタルの特徴について解説します。 ピュア・クリスタルは、大天使に近しいほどの上級な天使の魂を持つ人です。妖精の転生者の中にもこれに匹敵するほどに優秀な人はいますが、それはピュア・クリスタルとは呼びません。


  • とても誠実な性格。優しすぎて傷つくことも多い。

  • 女性でも自立的で、男性に頼らず自分で生計を立てようとする。

  • 向上心が高い。

  • カラフルなものは好きだけど、流行は好きでない。ミーハーではない。

  • 大都会よりもちょっと自然のあるくらいの街が好き。

  • 商店街のおばちゃんの人情などが意外と好き。

  • 花や自然が好き。癒しを欲するとき、植物を求める。

  • クラブやパーティなど、派手なイベントを嫌う。

  • 何か1つは突出した能力を持っている。

  • 添加物を嫌い、手作りスイーツが好き。

  • 芸能界など華やかな場所に憧れるが、バブリーな場所は苦手。

  • 下品な人、暴力的な人が大嫌い。

  • 坂本龍馬のような改革者が好きで、手伝いたいと思う。

  • 時には注意してくれる男性が好き。

  • 快適な生活を望むが、大金持ちになろうとは思わない。

  • バブリーな服装や装飾を嫌う。バブル世代の感性を嫌う。

  • フランスやイタリアよりも北欧に魅力を感じる。

  • 霊能者やセラピストを崇拝しない。

  • 「お金のない世界になればいいのにな」とよく思う。

  • セックスは好きだけどあまり男性に体を開かない。

これら20個の特徴のうち、半数以上が当てはまるなら、あなたは上級天使の魂を持ったピュア・クリスタルである可能性が高いです。このサイトに強く興味を抱くでしょう。



ピュア・クリスタルは、平成世代の5パーセントほど。

ピュア・クリスタルは、1990年以降に生れた世代の5パーセントほどが該当します。毎年これくらいの割合で送り込まれています。 可愛い顔をしているけれどちょっとアウトローで、クラスメイトよりちょっと大人びています。協調性は高いですが、友達は少ないかもしれませんね。 「世界はちょっと生きにくいな」と感じているでしょう。 大人の腹黒い世界に迎合することに抵抗を感じますが、真面目なので懸命にそれをがんばろうとします。 恋愛は好きですがシャイで、さわやかな男の子に憧れてモジモジしています。吹奏楽部や美術部、ピアノやバレエを習う子に多いです。 膣が濡れやすく、性欲が強いです。 安心してセックスを楽しめる、誠実で優しい男性を探し求めているでしょう。 「清楚でえっち」「誠実でえっち」といった感性を持っています。でも自分がえっちだということは秘密にしています。



クリスタルチルドレンの生き方。どうすれば生きやすい?

クリスタルチルドレンは、魂が成熟していればいるほど繊細で誠実です。 添加物や荒いものに不快感を感じやすく、社会が生きにくく感じるでしょう。 都会の華やかさを好みますが、都会の不誠実さや荒々しさが苦痛で、その葛藤に苦しみます。 田舎のほうが暮らしやすいのですが、便利な暮らしに依存している傾向にあり、田舎移住などは踏み切れないでいるでしょう。 田舎移住が決断できれば、各段に生きやすくなるはずです。 タバコの煙が充満する職場や飲み会の多い職場などは合っていません。社会の荒々しさに対して、多少はガマンや耐性を付けるべきですが、そういう職場で無理に長い期間働く必要はありません。 「この職場は私には荒々しすぎるな」と感じるなら、無理せず辞めて、もっと穏やかで良心的な職場を選ぶとよいです。 金銭欲が強すぎるとどうしても不誠実で荒々しい職場ばかりになってしまうので、欲望を自制しましょう。一人暮らしをするつもりがないなら、「月収15万円でもいいや」と考えると、働きやすい仕事を見つけやすいです。 誠実な上司や誠実な友人を探して交流しましょう。



ピュア・クリスタルの恋愛観はちょっと特殊?

高次天使の魂を持つピュア・クリスタルは、ちょっと特殊な恋愛観をしている傾向にあります。 誠実で清廉なので、男性への理想が高いでしょう。さわやかで誠実、優秀な男性を好みます。 しかし理想が高いゆえ、自分の好きになる男性を自分一人で独占することはできないと、なんとなく感じ取っています。愛する人を求めますが、しかし「お付き合いできなくてもいいや」「結婚できなくてもいいや」と達観しているようなところがあります。ステキな彼と二人だけの親密な時間が持てれば、それで満足です。 とても誠実な人なのですが、「恋愛は一途でなくてもよいのではないか」といった考え方をする傾向にあります。それは博愛という高度な観念で、霊的真理の面から言えば間違っていないのですが、現代社会では「一途こそが善」とされているので、悶々とするでしょう。 理想は高いですが、複数の男性にトキメキを感じる傾向にあります。



ピュア・クリスタルの恋愛観は、愛されるよりも愛したい?

若いうちは、社会の観念に影響されて、「愛される恋愛」「尽くされる恋愛」「お金持ちとの恋愛」に憧れもするでしょう。 しかし、一通り経験してみると、男性に尽くされ貢がれてもあまり幸せに感じないはずです。 天使だった頃の「尽くし好き」の感性は本能の中に残っており、恋愛でも相手に尽くすことに喜びを感じるのです。 ダメ男に尽くしてしまうとそれはそれで不幸に陥ってしまうので、誠実で奉仕的な男性に尽くす恋愛をすると、とても幸せに感じ、充実感を感じるでしょう。 ファッション雑誌は「女は愛されるほうが幸せ」と書きますが、それを鵜呑みにはせず、あなたが恍惚を感じられる恋愛を、正直に素直に生きましょう。



<