top of page
  • れな

オーブとは?~天使の写ったものだが、すべての光球がオーブとは限らない~

写真にオーブが写って喜んでいるスピリチュアリストを、よく見かけますね。



オーブとは?写真に写りこんでいる小さな光球。

オーブとは、写真に写り込んでいる小さな光球のことをいいます。心霊写真の一種です。日本語では玉響(たまゆら)現象といいます。宝珠・宝玉の意味のオーブが、この言葉の語源です。



写真のオーブの正体は、天使が写りこんだもの。

写真に写るオーブの正体は、あちこちで言われているとおり、天使が写りこんだものです。厳密に言えば天使の実態が写っているわけではなく、天使が写真にいたずらをしている、というような感じでしょうか。



オーブは不吉なものではなく、特に意味もない。天使たちの戯れ。

これは心霊写真・心霊現象の一種ですが、不吉なものではありません。

何か特殊な意味があるのかといったらそういうわけでもなく、単なる天使のたわむれです。あなたの守護天使ではなく、その土地に浮遊している天使です。基本的には、あなたに対して親しみを感じている証です。



写真に写る光球のすべてがオーブというわけではない。科学現象などもある。

写真に写る光球のすべてが天使の映り込んだオーブというわけではありません。科学的な現象で発生しているものや、水滴が写り込んでいるだけのケースもあります。



天使によるオーブは白い光が多い。

一般的に、天使の映ったオーブは白い光球です。緑色やマジェンタ色の光はカメラの加減で発生してしまった科学的なものであるケースがもっぱらです。が、まれに緑やマジェンタの光球でもオーブ現象のことがあります。

天使ではなく、アセンテッドマスターやガイド霊が正体のこともあります。



パワースポットや寺社仏閣ではオーブが写りこみやすい。

パワースポットや寺社仏閣では、オーブが写り込む機会は多くなります。どうしてもオーブを写したいなら、そうした場所に赴くと良いでしょう。



オーブが写っても、むやみに他人に自慢しないほうが良い。

オーブが写ると、友人知人に自慢したくなってSNSなどに投稿する人が多いですが、それがオーブである確証はないので、むやみに他人に触れてまわらないほうがよいです。



オーブが写るからといって偉人とは限らず、善人とも限らない。

オーブが写るのは、スピリチュアルな人の撮った写真であることが多いですが、しかしオーブが写るからといってその人が偉大であるとは限らず、善人であるともかぎりません。

天使たちは霊感の強い人に寄っていく傾向がありますが、しかし霊感が強いからといって善人とは限らないのです。世の中には悪い魔法使いが大勢います。

ですから、誰かがオーブの写った写真を見せびらかしていても、その人をむやみに尊敬したり崇拝したりするのは控えましょう。あなたの写真にオーブが写ったからといって、鼻高々になるようなことでもありません。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page